人生は頑張れば意外となんとかなる! 鋼材トレーラ乗りになっためぐみさんの素顔の自叙伝【後編】

人生は頑張れば意外となんとかなる! 鋼材トレーラ乗りになっためぐみさんの素顔の自叙伝【後編】

 トラック業界の男社会の中で「女だから」という周囲の視線や言葉に反発し葛藤していためぐみさんですが、あるとき、そんなに片意地を張らなくてもいいんだ、あるがままに認めてしまえばいいんだと悟ります。

 元来「人生は、頑張れば意外となんとかなる」がモットーのめぐみさんですから、ポジティブな生き方こそ彼女の身上。それからは持ち前の頑張りに柔軟なハートをプラスして、目標を定めてステップアップしていきます。

 その目標とは、重量物を運ぶ平ボディのトレーラ乗りになること。めぐみさんは遂にその夢をガッチリ掴みます!

 ドンくさく、人としても運転手としてもまだまだ半人前というめぐみさんですが、今では中低床の鋼材トレーラを牽引して全国を駆け巡り、スカニアでの「車上生活」を楽しんでいます。めぐみさんの「素顔の自叙伝」は、読後ニコニコの笑顔が伝わる爽やかな一編になりました。

文/トレーラドライバーめぐみさん 写真/フルロード編集部
*2018年12月発行トラックマガジン「フルロード」第31号より

【画像ギャラリー】トレーラドライバーにステップアップ!! 仕事面も人間的にも成長しためぐみさん(5枚)画像ギャラリー

面倒くさい奴からの脱皮は素直になって自分を認めること

 男社会の壁にぶつかってばかりいましたが、でも、そんなことがあって気づいたのは、人それぞれ、その人なりの言い分や事情があるから、一歩引いて物事を見ることの大切さですかね。

 私からこの話を聞いた人は私の味方になってくれて「そういうことをする人が悪い」って言ってくれるけど、たぶん向こうの人から話を聞けば、その人が正しくて私が悪い……。

 どっちの言い分も聞いた人からしたら、どっちもどっちで、言い分のすれ違いや勘違いからモメごとって起こるのかな? ちゃんと相手の話を一歩引いて聞ければ、互いに納得できたりするんじゃないのかな?

 それからは何かあっても、「その人にも私にはわからない事情があるんだろうからしょうがないか」で済ませられるようになってきました。もちろん私はそんなにできた人間ではないので、全部が全部ではないですけどね(笑)

 そんなこんなで、がむしゃらに4t平ボディで仕事をしていたら、やはり大型に乗りたいって思うようになってきました。会社に訴えたのですが、そこはまたいつもの決まり文句。

 「お前は4tでどんな仕事も充分できるのはわかる。でも10tになると、その分シートも重くなるし、さすがに10t平ボディの仕事は女のお前には無理だ」。ハイ、出たー! どんなに4tで頑張っても大型にステップアップしようとしたら、また女の壁が出て来た(笑)。

 結局、社長に引きとめてもらったけど、どうしても大型平ボディの仕事がしたくて、女には無理だと思われているなら、無理じゃないところを見せたくて、なんとか大型の平ボディに乗せてくれる会社を見つけて、いろいろあったけれど大好きだった4tの会社を辞めて、いよいよ大型に乗ることになりました。

 あとは4tの時と似たようなものです。いろいろなところで「女だから」と言われる度に「ピクッ」ってしながらも、がむしゃらに仕事をしました。ほぼ長距離メインで、全国のいろいろなところに行かせてもらいました。

 1~2週間出っぱなしで全国回って、いろいろな荷物を積んで、いろいろな道を走って、いろいろな景色を見て、いろいろな美味しいもの食べて、全国各地の温泉入って、仕事しながら旅しているみたいで楽しくて充実していました。

 そんな中、男の人達はよく、大型でドラム缶を運ぶ仕事をしていました。「私もやりたい」って会社に言ったら、いつもの「女のお前にはドラム缶を起こせないだろ」。ずっとそうやって「女には無理」って言われてきたことも、時間がかかってもなんとかやり遂げてきたので、今回もやればできると思って、水を満タンに入れたドラム缶を起こす練習をさせてもらいました。

 小さい木を下にかまして、ほんの少しでもドラム缶が斜めになっている状態からなら起こせるようになったのですが、普通の状態からはどうしても起こせない。半年くらいコツコツ練習したけど、ダメでした。

 そこで初めて「女には無理」ということがあるのを思い知らされました。中にはできる女の人もいると思うので、「女には無理」というより「私には無理」が正解ですね。

 普通だったら悔しいはずなのに、なぜかその瞬間、今まで意地になっていた「女だから」という言葉を、すんなり受け入れることができるようになって、今まで必死になっていたことがなんか笑えるようになって、素直に「無理なものは無理なんだな」って思えて、すごく気が楽になりました。

 今まで言われるのが嫌だった「女の子は良いよね」って言葉にも素直に「良いでしょ」って言えるようになって、手伝ってくれる人たちにも「ありがとうございます」って素直に言えるようになりました。

 「できないことを認めるって大切なことなんだな」って思うと同時に「なんで早く認めなかったんだろう。バカみたいに片意地張って、何してたんだろ?」と目が覚めました。

 それから何年かが経ちました。積み込みに行った先で「トレーラの免許取ってきたらトレーラに乗せてやるから、うちに来い」って誘われました。それが現在勤めているトレーラの会社です。

 私をこの会社に誘ってくれた人は、イケイケの無茶苦茶な人で、免許を取って入社して、まだフルサイズのトレーラに乗ったこともない私に、横乗りなしでいきなり「先輩と2台で、栃木で積んで大阪に行け」の指令(笑)。

次ページは : 初めてのトレーラでいきなりの大阪行き

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ