天職と思える仕事との出会い! ベテラン平ボディドライバー由美さんの素顔の自叙伝【後編】

天職と思える仕事との出会い! ベテラン平ボディドライバー由美さんの素顔の自叙伝【後編】

 母として女としてプロとして、トラックに共に走り続ける由美さんですが、やはり子育てと仕事を両立させることにはさまざまな葛藤がありました。

 でも、そんな由美さんを救ったのは、一人娘からのエールでした。

 プロドライバーとして、いかに仕事を全うするか!?

 由美さんは、女性にはキツいとされる平ボディの仕事に出会い、天職と感じるようになりました。

文/ベテランドライバー由美さん 写真/由美さん・フルロード編集部
*2012年6月発行トラックマガジン「フルロード」第6号より

【画像ギャラリー】いったん専業主婦となるも、娘に背中を押され平ボディ運転手へ転身した由美さん (4枚)画像ギャラリー

仕事に対する責任感と子を思う親の気持ちの両立

 それから数年の間に離婚、他社への転職などさまざまな出来事があった。

 一番の転機となったのは再婚だった。再婚相手の職業は、横浜ベースの海上コンテナトレーラの運転手だった。

 ちょうど娘が小学校に入学する年だったこともあり、思いきって長年住み慣れた街を離れ、横浜に引っ越しをした。

 横浜にだって運送会社はある。日本全国どこに引っ越しても、またすぐにトラックドライバーになれるはず。そう思っていた。

 なんとしても大切な娘をがんばって育てなきゃと、無我夢中で朝から晩まで仕事と家事にあけくれていた私。

 ましてや親の勝手な事情で離婚し、態度には表わさないけど、ずっと辛く寂しい思いをしていたであろう娘。

 早朝に保育園に預け、9時からは迎えにきたバスに乗り幼稚園に通い、また夜まで保育園で過ごす二重生活。それにともない発生する月7万円もの保育料……。

 子供を理由に休み「これだから女はつかえない」と言われるのが絶対イヤで、何があっても仕事を休めなかった自分。

 たとえ娘が、ママが見に来てくれるかもとがんばって練習し、楽しみにしていた幼稚園のお遊戯会や参観日でも、風邪をひいて熱を出しても、おたふく風邪や水ぼうそうやインフルエンザにかかっても、私は一度も仕事を休んだことはない。

 親族の葬式と、あらかじめわかっている予定を除き、子供と自分の理由で突発的に休むことはなかった。

 事務職とは違い、自分のトラックに荷物を積み置きしたら、まず代わりの運転手がいないのだ。

 翌朝までに自分が運ばなければ、この荷物は届かない。会社や荷主に迷惑がかかる。だから突然休んで仕事に穴をあけてしまうようなことはできない。

 本当はいつも幼稚園の行事に行ってあげたかった。お遊戯会で踊る可愛い小さな娘の姿を、手を降りながら笑顔で見守ってあげたかった。

 病気のときはそばについていてあげたかった。いつも一緒にいられない分、帰宅後は娘をたくさん抱きしめ、たくさんたくさん話をした。

 正直、娘も私もそんな生活に内心疲れていたと思う。同じような思いをしている働く女性はたくさんいると思う。特にトラックドライバーには多いはずだ。

 しかし、私たちがそんな思いで仕事をしていることを、会社側はまったくわかっていないのが現状だ。

 長年男社会の運送業に女性が進出するようになって、会社側もどう接すればいいか、どう扱っていいか、仕事や待遇で男女の区別はどうすべきか、戸惑っているのかもしれない。

 横浜に引っ越して、娘も小学校に入学した。私はここでちょっと休憩してもいいんじゃないかな……、と今までの娘に対する罪ほろぼしとして、しばらくは専業主婦になろうと思った。

 朝は娘を「行ってらっしゃぁい」と送り出し、夕方は「おかえり~」と迎える。普通の家庭ではごく当たり前のやりとりが自分たちにははじめてで、まるでテレビのホームドラマのようで、すごく幸せに感じた。

 毎日きちんとご飯を作ってあげられて、一緒に食べることができるのも喜びだった。今まで行けなかった学校行事も率先して参加し、参観日は必ず出席した。

 自ら広報委員に立候補し学校誌の制作に携わったりして、それはそれで充実していたのだが……。

 家にいても、掃除・洗濯・買い物などをすませてしまえば時間をもてあます。

 私はだんだん退屈な一人の時間がストレスになってきた。

 ドライバーでもある旦那の話を聞いたりしていると、余計にイライラしたり、憂鬱な気分になったりする。

 やっぱり私もトラックに乗りたい。乗らないと自分がダメ人間になる……。

 でもまた娘に寂しい思いをさせることになるんじゃないか? 私は迷ったが、娘の一言がそんな迷いをふき飛ばしてくれたのだ。

次ページは : 親の背中を見て子は育つ いよいよ大型の平ボディに搭乗

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ