エルグランドに派手顔新登場!? 東京オートサロン必見注目車 4選

 年に一度のカスタムカーの祭典「東京オートサロン」は世界初公開も登場! 日産 エルグランドやトヨタ 新型ヤリスの“特別な”モデルも出展決定!!

 2019年は3日間延べ33万人を動員した日本最大のカスタマイズカーの祭典、「東京オートサロン 2020」が、年明け早々の2020年1月10日から12日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される。

 近年は、来場者数の増加に比例して、国産各メーカーも一層力を入れるようになってきており、2019年には「センチュリー GRMN」など未発売のカスタマイズ車が展示されたほか、「マツダ3」はここで日本初公開された。

 そして、来たる2020年もダイハツが新型軽SUVのTAFTコンセプトを出展するなど注目車が出展!! このほかにも必見の注目車が続々出展される。

文:永田恵一
写真:編集部、NISSAN、MAZDA、HONDA ACCESS

【画像ギャラリー】まだまだ注目車続々!! 東京オートサロン2020 注目出展車一覧


WRC直系の4WDスポーツ! ヤリス GR-4が世界初公開

東京オートサロン 2020で世界初公開されるヤリス GR-4(※予想CG)。基準車にはない3ドアのホットハッチとして市販が予定されている

 2020年の東京オートサロン最大の注目は、なんといってもトヨタブースに出展される、ヤリスのスペシャルスポーツモデル「GR-4」の市販バージョンだ。

 WRCを筆頭とするラリーなどのモータースポーツ参戦ベース車両でもあるヤリスGR-4に関しては、すでにプロトタイプの試乗レポートも当サイトに掲載されているが、詳細なスペックは公開されていない。

 現在明らかになっている情報をおさらいすると以下のとおりだ。

・ボディタイプは3ドアハッチバックで、全長は標準モデルのヤリスと同等の全長3900mm台ながら、全幅は大幅に拡大された1800mm前後で、車重は1200kg台中盤と予想される。

・パワートレーンは1.6L・3気筒ターボの4WD+6速MTで、推定されるスペック最高出力270馬力前後、最大トルク35.0kgm程度。

 4WDシステムは電子制御タイプでFF車寄りの性格となるノーマルモード、前後駆動力50:50でタイム重視のトラックモード、FR車寄りの性格となるスポーツモードの3つを選べる。

・WRC参戦にはホモロゲーション(公認)が必要なため、1年間に2万5000台生産する必要があり、価格は「頑張れば手が届く範囲」に抑えられると言われている。

 具体的には競技ベース車も含み3グレードほどが設定され、350万~450万円ほどだろうか。

 日本車の4WDスポーツ車は、最後の砦だったスバルWRX STIが受注を終了し、意気消沈しているクルマ好きも多いところであるが、ヤリスGR-4をそんなタイミングに登場してくれた救世主のような存在である。

 東京オートサロンでは擬装を外したスタイルや詳細なスペックといった情報が相当公開されるので、「すでに狙っている、実車を見たら惚れ込んでしまった」という人は購入に向けた準備を早急に始めるべきだろう。

エルグランドに派手顔のオーテック仕様登場!!

日産は、AUTECHブランドのフラッグシップモデルとして、「エルグランド オーテック コンセプト」を、参考出品という形で特別展示

 エルグランドは、高級ラージミニバンというジャンルを開拓しながら、3代目となる現行型は2010年の登場から2020年で10年が経ち苦戦を強いられている。

 東京オートサロン2020には、そのエルグランドのオーテックバージョンのコンセプトモデルが参考出品される。

 ノート、リーフ、エクストレイル、セレナといった日産の主力車種に設定され好評となっているオーテックは内外装に加え、車種によってはボディやサスペンション、ECUといったメーカー直系ならではの手が加えられている。

 オーテックを短い言葉でまとまれば「上質なカスタマイズカー」といったところだろうか。

 エルグランド オーテックコンセプトに関する詳細は現在明らかにされていないが、前述したオーテックの常套手段となるカスタマイズが施されている可能性が非常に高い。

 また、オートサロンなどでの反響次第では市販化も大いに期待できるだろう。

 ここ数年辛い時期が続いているエルグランドであるが、このオーテックコンセプトがエルグランド復活に向けた何らかのきっかけになってほしい!

マツダ3にエアロで武装のスポーツバージョン!

マツダ3 モータースポーツスタイル。市販グレードにスポーツモデルがないことも相まって、スポーティな佇まいはなかなか新鮮! ぜひ刺激的なモデルの市販にも期待したい

 マツダは東京オートサロン 2020に、ここ数年市販車にいくつかの方向性で現実的な範囲のカスタマイズを施したモデルを出品しており、それは2020年も同じだ。

 ここではそのなかからマツダ3のモータースポーツスタイルを紹介しよう。

 マツダ3 モータースポーツスタイルのカスタマイズ内容は以下のとおり。

・ストラットバー&ロアアームバー(特別仕様)
・車高調サスペンション
・ブレーキの強化
・ステンレスマフラー
・SIGNATURE STYLEエアロパーツ
・スポーツシートなどのインテリアの架装

 クルマ好きなら1度くらいやったことがありそうなカスタマイズが施されている。

 ただ、少し残念なのはマツダのオートサロン出展車からの市販車への具現化があまり見えないことだ。

 出展車にさらに手を加えたスポーツグレードの市販化が理想ではあるが、パーツ単位からでもいいから、そろそろユーザーを楽しませてくれる動きがあってもいい頃なのではないだろうか。

ホンダ S2000の20周年記念車も出展!

1999年デビューのS2000が20周年記念車で“復活”。エアロパーツや足回りも専用品が取り付けられ、内外ともに手を加えている

 Moduloブランドのホンダ車の純正アクセサリーや、基準車の良さをさらに伸ばしたチューニングを施したコンプリートカーの開発などを担当し、独自のブースも構えるホンダアクセスの出展内容からは、S2000の20周年記念車のプロトタイプが注目だ

 1999年に登場したS2000の20周年記念車プロトタイプは、「これからもS2000を長く大事に乗れるように」という狙いで開発されたエアロバンパー、サスペンション、オーディオリッドといったパーツを装着し、提案するという。

 このように、ホンダアクセスが専用パーツなどを手掛けるのは、初代NSXと軽スポーツカー、ビートが20周年を迎えた時と同じ動きで、S2000オーナーや、その予備軍がよりS2000を楽しめるきっかけになると嬉しい。

 また、ホンダアクセスは、シビック サイバーナイトジャパンクルーザー2020も出展。

 こちらは、1997年登場の初代シビックタイプRに、「近未来とアングラが入り乱れたネオジャパンに映えるモダナイズを施し、熱いレースシーンからフィールドを移し、夜の街をクールに駆け抜けるイメージ」を持たせたという。

 この2台の実車がどんなものなのか楽しみなのはもちろん、最近トヨタのGR、日産のNISMO、マツダが始めている古い名車のパーツ供給やレストアサービスといった動きにホンダアクセスも続きそうなことから、日本にも「名車を長く乗るための環境」が構築されることを大いに期待したい。

◆東京オートサロン 2020/来年、38回目を迎える東京オートサロン2020は、前回よりも会場を拡大、史上最大規模のイベントとなる。概要は以下のとおり。

【画像ギャラリー】まだまだ注目車続々!! 東京オートサロン2020 注目出展車一覧

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ