ここまでやるか? ダムドがジムニーベースのぶっ飛んだ新作コンセプトカー「リトルデルタ」と「リトル5」を電撃発表!

ここまでやるか? ダムドがジムニーベースのぶっ飛んだ新作コンセプトカー「リトルデルタ」と「リトル5」を電撃発表!

 これまでジムニーをベースにニューレトロカスタムをリリースしてきたダムドが、東京オートサロンに放つ新作コンセプトカーは、なんとジムニーベース2台、ハイエース1台、アトレーベースが2台の計5台の新作コンセプトカー! 北館9ホールのダムドブースが見逃せない!

文/ベストカーWeb編集部、写真/DAMD

【画像ギャラリー】ダムドが手掛けたジムニー一挙公開! よくぞここまで作ったもんだ!(7枚)画像ギャラリー

■ジムニーカスタムといえばDAMD!

ジムニーシエラが往年の名車、ルノー5ターボに!
ジムニーシエラが往年の名車、ルノー5ターボに!

 これまでリトルDやリトルGなどジムニーのスタイリングキットをリリースしてきたダムドは、今回の東京オートサロンに5台の新作コンセプトカーを初披露する。

 今回発表するジムニーの新作コンセプトカーは、これまでとはまったく違うスペシャルな作品で、2024ジムニーカスタムのテーマが『ヨーロピアン マスターピース』。 1980年代を彩ったヨーロピアンスポーツの2台をオマージュし、ジムニーで蘇らせたのだ。

 まずはその名も「リトル5(サンク)」。ルノー5ターボは1970年代末、ルノーがWRCグループ4に参戦するためにホモロゲーションモデルとして登場。そのルノー5ターボをオマージュして製作されたのがこのリトル5だ。

 さすがに細部までこだわるダムドだけにクオリティは半端じゃない。ジムニーシエラをベースに、エナメル塗装のソリッドブルーのボディカラーをはじめとして、角2灯のヘッドライト、アンバーの角型フォグランプ、マットグレー仕上げのAピラー部分など、5ターボと実によく似ている。

 もちろん市販前提に作られており、グリルやオンロードバンパーは純正と同じ開口で強度は問題ないとのこと。極めつけはボディ同色のブリスターフェンダーだ。

 純正品を取り替えて装着するブリスターフェンダーはサイド面までつながる造形を意識し、リアフェンダーは境界線がわからないようにするなど仕上がりに対するこだわりは半端じゃない。後部のダクトは、射出設計で完全別設計としたため、リアから見るとワイド感がたまらない。

ルノー5ターボのボディサイドにはTURBOのステッカーが貼ってあったが、ジムニーはノンターボなのでNON TURBOのステッカーが!
ルノー5ターボのボディサイドにはTURBOのステッカーが貼ってあったが、ジムニーはノンターボなのでNON TURBOのステッカーが!

 そのほか、無段階に調整でき、直角に立てられるウイングやつなぎめのないサイドステップ、後付け感をなくしたサイドマーカーなど細部までこだわりをみせる。ボディサイドのNON TURBOステッカーはご愛敬だが、ここまでやっちゃうダムドクオリティが素晴らしい!

 さらに、WRCのホイールといえばOZ! なんと今回、ダムドはイタリアのホイールメーカー”OZ Racing” 社と正式なコラボレーションし、不朽の名作ホイール Rally Racingを当時のレトロデザインで復刻したのだ!

次ページは : ■あのランチアデルタHFインテグラーレ16がジムニーシエラベースで復活!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します