期待の新型ハスラー公開!! 小さいクルマをより磨き上げる【東京モーターショー2019】

 来年、創業100周年を迎えるスズキ。そんなスズキが2019年10月23日、大人気の軽自動車「ハスラー」の新型を初公開した。

 プレスカンファレンスで登壇した鈴木俊宏社長は、熱のこもった表情で、

「時代に合わせて小さなクルマを変えていこうとスズキは考えている。そして、お客さんの求める嬉しさ、楽しさ、ワクワクできることを提供していく」

と、次の時代に向けたスズキの方針を語っていた。

 スズキブースでの最注目は、やはり新型ハスラーだが、そのほかにもスズキが考える次世代型モビリティの新提案が発表されており、そちらにも注目してもらいたい。

文/編集部
写真/編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】注目の新型ハスラーの内外装をチェック!!


■新型ハスラーコンセプト

新型ハスラーコンセプト。こちらの参考出品車は、デカールやルーフラッピングが施されており、ルーフラックも装着している

 遊べる軽自動車として一世を風靡したハスラーだが、『新型ハスラーコンセプト』ではタフさと力強さをプラス。都会にもなじむアーバンアウトドアスタイルと、ベーシックなデザインを融合させている。このハスラーコンセプトをベースに、市販化に向けた準備が進められている。

 車体寸法は、全長3395×全幅1475×全高1680mm。ホイールベースは2460mmで、現行型に比べて35mm延長されている。これは新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用している現行スペーシアなどと同じだ。

 スズキによると、現行型に比べて車高は15mmアップさせており、車高を上げた分、サスペンションのチューニングは変更しているとのことだった。

 搭載が発表されているパワートレーンは、 660cc直3NA+マイルドハイブリッドと、660cc直3ターボ+マイルドハイブリッドの2種類。

 基本となる外観デザインはキープコンセプトだが、より際立ったバンパーデザインや、車内には3連のプロテクションフレームやカラフルなアクセントカラーを採用。乗り込む時のワクワク感を演出している。

 先進安全装備に関しては、現行型でも採用している「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載。システム自体は、現行型のソリオやエブリイに搭載しているものと同じだが、新たに標識認識機能が追加されている。

 コンセプトと言われているが、市販型はほぼこのままの姿でデビューすると考えられる。

■WAKU SPO(ワクスポ)

WAKU SPO(ワクスポ)

「いつでも、だれでも、どこへでも、楽しさ、ワクワクをシェアリングするパーソナルで、コンパクトなクルマ」というコンセプトで開発されたのが、プラグインハイブリッド車『WAKU SPO(ワクスポ)』だ。

 スイッチひとつで、車体形状をスポーティなクーペスタイルと使い勝手のよいワゴンスタイルに変更することができる。さらにその変更に合わせて、フロントマスク、インテリアがガラッと変わるユニークな作りとなっている。クルマを大きく変化させることで、家族みんなでワクワクをシェアリングできることを狙っているそうだ。

 インパネは標準時は、必要な情報だけ表示する木目調のシンプルなデザイン。しかし、スポーツモード時にはインストルメントパネルの大型モニターに多くの車両情報を表示する。

 後席側はスライドドアなので、クーペスタイル時でも乗り降りはスムーズに行うことができる。ワゴンスタイルへの変更時には、リアシートが後方にスライドしながらリクライニングするので、ゆとりのある室内空間を生み出す。

クーペスタイル
ワゴンスタイル

■HANARE(ハナレ)

HANARE(ハナレ)

 人工知能やロボットなどにより、より効率化された未来における、運転する楽しさ以外を追求。クルマを所有する新たな喜びを提案するのが、コンセプトカー『HANARE(ハナレ)』だ。

 モバイルルーム型の自動運転モビリティで、家の離れのようなほどよい大きさの空間を持っている。ライフスタイルがさらに多様化する未来で、さまざまな使い方や、利用シーンを想定して設計されている。

 自動運転モビリティのために運転席がなく、前後対象のデザインを採用している。インホイールモーターを各駆動輪に内蔵しているため、前、後ろ、どちらへでも走らせることができる。前後という概念がないため、駐車場や狭い場所でも自在に移動することが可能だ。

側面ドアが大きく開く。ソファーのようなシートを採用するなど、快適な移動空間を目指しデザインされている

■KUPO(クーポ)& MITRA(ミトラ)

鈴木敏宏社長並ぶ、「MITRA(ミトラ)」〈写真左〉と「KUPO(クーポ)」〈写真右〉

 スズキがもっと暮らしやすい世の中を実現するために開発しているのが、『MITRA(ミトラ)』と『KUPO(クーポ)』の2台だ。

『KUPO』は可変式の電動カートで、ある時は手押しカート、ある時は電動車いすのように、足腰に不安のある人の毎日の生活を支援する。使用用途に合わせて、形態を変更することで利便性を高めている。

『MITRA』は、インドの言葉で「友達」を意味する。開発中の生活支援モビリティで、買い物や荷物を運ぶ時、『KUPO』や人を支援する自走式のロボットとなる。AIを搭載しており、自動で人についてくるので、足腰に不安のある人がひとりで行動する時のパートナーとして活躍できると期待される。

【画像ギャラリー】注目の新型ハスラーの内外装をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ