「150万円縛りのコンセプトカー」で競ってほしい!!? TMS改めジャパンモビリティショーに期待したいこと

「150万円縛りのコンセプトカー」で競ってほしい!!? TMS改めジャパンモビリティショーに期待したいこと

 2021年は新型コロナウイルス感染拡大により中止になった東京モーターショー。次回は2023年で4年ぶりの開催となるが、名称が東京モーターショーから「ジャパンモビリティショー」へと変更されることが主催の日本自動車工業会から発表された。

 当然ながら、名称が変わるだけでなくショーの内容自体も大幅に進化するという。一体どのように変化するのか? 「世界最大級のモビリティショー」がより盛り上がるためのアイデアについて、4名の自動車評論家が提言!!

●ジャパンモビリティショー(JMS)のポイント
・目指すは「世界最大級のモビリティショー」
・オールジャパンで「未来の日本」を体感できる場所に
・自動車を軸に、日本を元気にするイベントに進化


※本稿は2022年12月のものです
文/ベストカー編集部、国沢光宏、清水草一、池田直渡、島下泰久、写真/ベストカー編集部、Adobe Stock ほか
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■2023年のTMSは「ジャパンモビリティショー」へ!!

スタートアップをはじめとする出展者募集はすでに始まっており、2023年1月31日まで。日本自動車工業会HP「ジャパンモビリティショー特設サイト」から申し込める
スタートアップをはじめとする出展者募集はすでに始まっており、2023年1月31日まで。日本自動車工業会HP「ジャパンモビリティショー特設サイト」から申し込める

 2021年は中止となり、2023年に4年ぶりの開催となる東京モーターショーは「ジャパンモビリティショー」に名称を変えて生まれ変わることとなった。

 もちろん、ただ名称を変えるだけでなく、ショー全体のコンセプトを進化させ「世界最大級のモビリティショーを目指す」というのだから、その意気やよし!

 会場は東京ビッグサイト(東京都江東区有明)でいつもと同じだが、改修されて前回(2019年)よりも50%面積が増加。

 2023年10月25日(水)のプレスデーで開幕し、一般公開日は10月28日(土)〜11月5日(日)となっており、一般公開日の開始時間が従来の午前10時から9時に早まるのもポイントだ(午前9時〜10時は特別チケットが必要)。

■名称変更で内容はどう変わる!?

 さて、「ジャパンモビリティショー」となって内容がどう変わるかだが、クルマ、バイクはもちろん、モビリティ全体の枠も大きく超えて、他産業やスタートアップ企業の参加も促進。

「オールジャパンでつくる、未来の日本を体感いただく場」を目標として、「2050年の“移動”がどうなっているか」を楽しみながら感じられるショーを追求するという。

 東京モーターショーの入場者数は1991年に202万人で頂点に達し、以降、右肩下がりで2017年には77万人まで減少。2019年にコンセプトをガラリと変えて130万人超を動員する成功を収めた。

 2019年は「従来のモーターショーは、メーカーサイドの見せたいものへの思いが強すぎて、お客さんが何を見たいかにミートできていなかった」(自工会)という反省からスタートして成功したわけだが、新生「ジャパンモビリティショー」はその方向性をさらに強化。

 未来の日本のモビリティを提示するとともに「お祭りとして楽しんでもらえる、音楽フェスのようなイベントを目指す」(同)というから大いに楽しみだ。

 もちろん、将来の日本を担う子どもたち向けのキッズコンテンツや、若者、家族連れも楽しめるイベントも満載となる予定だし、一方で「従来のクルマ好きが楽しめる内容も重視する」(同)ということで、自工会も欲張りさんである(←喜んでます)。

 ただならぬショーになる気配濃厚の2023年秋の「ジャパンモビリティショー」。我々クルマ好きも一体となって応援していこうではありませんか!

(ここまでのテキスト/ベストカー編集部)

次ページは : ■ジャパンモビリティショー開催に向けたジャーナリストの提言!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ