新型フィット初公開&来年2月発売!! 新しい“ホンダらしさ”動き出す!!!【東京モーターショー2019】


新たな時代へ向けた「ホンダらしさ」とは?

世界選手権参戦60周年展示。今季F1で優勝したレッドブルRB14(2019年カラーリングモデル)も展示される

「ホンダならではの新しい価値を提供する」

 そんな八郷社長の言葉を具体的に示す技術が、「Honda e:TECHNOLOGY」と名付けられた一連の電動化技術。

「2030年までにグローバルで四輪車販売台数の3分の2を電動化する」という目標を実現化する切り札が、まさに新型フィットに搭載されるハイブリッドの「e:HEV」となる。

 これに加えて、電動化の鍵となるのが、Honda eを始めとしたピュアEVやベンリィやジャイロといった“働くバイク”の電動化。

 こうした新しいモデルが、人々をワクワクさせる、これからの「ホンダらしさ」の鍵となりそうだ。

 最後に八郷社長は「今後、ホンダはモータースポーツ活動にチャレンジを続けていく」とコメントした。

 2019年はマン島TTレースに始まるホンダのモータースポーツが、世界選手権に参戦してからちょうど60年の節目。ブースには60周年を記念して歴代のF1マシンも展示される。

 F1では今季、2006年以来となる久々の優勝をあげたが、モータースポーツにおいても継続的にチャレンジし、今後も“ホンダらしさ”を発揮することに期待したい。

新型フィットと八郷社長

【画像ギャラリー】ついに世界初公開!! 新型フィット&クロスターを詳しく見る!