ダイハツコペン中古車最新事情! 死ぬまでに一度は乗りたい軽オープン!!

 世界で最も小さい量販電動トップを備えるコペン。オープンカーは季節もので、開閉が面倒というモデルもあるなか、季節を問わず気分によってオープンとクローズドを切り替えられるのが最大の魅力だ。

 初代は10年間にわたり販売されたため現在も多くの中古車が出回っているし、現行モデルもデビューから5年が経過することで中古車のタマ数が増えてきている。

 コペンを中古で買うなら初代にするか、現行にするかと迷う人もいれば、現行の3タイプでどれにするかと悩んでいる人もいると思われる。

 コペンの中古車について、初代、現行のタイプ別、そしてライバルとなるホンダS600の価格動向と比較してみた。

文:萩原文博/写真:DAIHATSU、HONDA

【画像ギャラリー】コペンGRは最強の軽スポーツ


コペンは久々復活した軽スポーツカー

1990年代に登場した軽スポーツカーABCは若者にも人気だった。写真はAことマツダAZ-1で、軽スポーツでガルウイングという武器を持っていた

 バブル景気に沸いた1990年代初頭は、マツダAZ-1(スズキキャラ)、ホンダビートそしてスズキカプチーノの頭文字から「軽スポーツカーABC」と呼ばれたモデルが登場し一世を風靡した。

 その後のバブル崩壊により、各自動車メーカーは車種ラインナップを絞り込み、これら軽スポーツカーは姿を消して行き、現在はレストアされた中古車が驚くような価格で販売されているはもうご存じのとおり。

当時150万円そこそこの軽スポーツに高額車専用アイテムだった電動トップを用意したことで世界をアッと言わせた初代コペン

 そして2002年、久しぶりに軽スポーツカーとして登場したのが、初代ダイハツコペンだ。現在の軽自動車には搭載されていない直列4気筒ターボエンジンを搭載し、駆動方式はFF(前輪駆動)を採用した。

 トランスミッションは5速MTと4速ATが選べて、ルーフも約20秒で開閉可能な電動のアクティブトップと樹脂製の着脱式ルーフのディタッチャブルトップの2種類を用意していた。

2代目の現行コペンは3タイプを用意

電動トップは初代から踏襲し、2代目ではドレスフォーメーションにより外販パネルを自在に取り付けることができるのが特徴となっている

 初代コペンは2012年まで約10年販売され、2年のインターバルを置いて2014年6月に2代目となる現行型ダイハツコペンが登場した。

「Dフレーム」と呼ばれる骨格を採用し、切れ目のないフロア構造によって剛性を向上。その結果、ドアを除くボディの外板パーツを樹脂化できることができた。

 その恩恵によって「ドレスフォーメーション」というボンネットやフェンダー、バンパーなどの樹脂製パーツを自由に交換可能なカスタマイズができるようになっている。

ドレスフォーメーションを採用することで3タイプのデザインが可能になった。写真左からセロ、ローブ、エクスプレイ

 搭載されているエンジンは直列3気筒ターボとなり、組み合わされるトランスミッションは5速MTとCVTとなった。

 外観の違いでローブ、エクスプレイ、セロの3グレードを用意し、各モデルにはビルシュタイン製ダンパーやレカロシートといった豪華なパーツを採用したSグレードを設定。

 さらに2019年10月にはボディに補強を加えて、走行性能を向上させたコペンGRスポーツを追加しラインナップの強化と商品力の向上を図っている。

 そこで、今回は登場から5年が経過した現行型コペンの中古車事情を中心にライバル車といえるホンダS660そして現在もなお高い人気を誇る初代コペンの中古車の現状に迫ってみる。

ダイハツ初のGRスポーツとなったコペン。エアロダイナミクスを突き詰め、ボディ補強による合成アップなど走りの楽しさを追求するための手が入れられている

3タイプではローブのタマ数が多い

 現在、現行型コペンの中古車の流通台数は約460台。偶然にもホンダS660の中古車も約460台とほぼ同じ流通台数となっている。

 現行型コペンの流通台数は3カ月前が約350台だったので、3カ月で100台も増えているのだ。中古車の平均走行距離を見てみると、3カ月前の時点は約2.2万kmで、今月も同じ約2.2万kmと横這いだ。

 そして平均価格だが、流通台数は増加しているものの3カ月前が約154万円、今月は約155万円横這いといえる動きに留まっており、目立った動きはない。

現行の2代目コペンとして最初にデビューしたのがローブ。デビュー時は179万8200~181万9800円だった

 それでは、現行型コペンの中古車のグレード構成を見てみよう。ローブが約230台(MT車約67台)、ローブSは約52台(MT車は15台)。

 エクスプレイが約44台(MT車は13台)エクスプレイSは約13台(MT車は1台)、そしてセロは約100台(MT車は34台)、セロSが約17台(MT車は3台)となっている。

 やはり、最初に登場したローブが最も多く、クロスオーバーテイストのエクスプレイは少なめ。トランスミッションはローブやセロといったグレードでMT車は約13%を占めている。これを踏まえて、各モデルの値動きを調べてみる。

ローブから5カ月遅れの2014年11月にデビューしたエクスプレイ。フェンダーがブラックアウトされるなど個性的。デビュー時の価格はローブと同じ 179万8200~181万9800円

狙い目はローブS(CVT車)とセロ(MT車)

 流通台数の約64%を占める2014~2016年式の中古車で各モデルの値動きを調べてみると、直近3カ月で最も大きく値落ちしたのはローブSのCVT車で平均価格が約160万から約152万円へと8万円も値落ちしている。

 続いて値落ち額が大きいのがセロMT車の約166万から約162万円の4万円。そして値落ち額2万円で、ローブMT車、エクスプレイMT車が続いている。

ローブのデビュー後1年で追加されたセロ。初代のイメージを踏襲した丸目ヘッドライトを採用。デビュー時の価格は185万2200~187万3800円と3タイプで最も高価だった

 いっぽう値上がりしているのが、エクスプレイのCVT車で約133万円から約144万円へと11万円の値上がりを記録。平均走行距離も延びているので、走行距離が少ない物件が市場に増えたわけではないようだ。

 そのほかのモデルはほとんどが横這いで推移しており、一部のグレードに値落ちが集中しており、現在はローブSのCVT車とセロのMT車が狙い目となっている。

S660は値落ち傾向が顕著

ホンダのSの称号を受け継いだS660は軽ミドシップオープンとして登場。デビュー時はカタログモデルが198万~218万円だった

 それでは、コペンのライバル車であるホンダS660の中古車事情も軽く触れておきたい。流通台数は先ほども書いたように約460台で、S660も3カ月の間で、中古車が100台程度増えている。

 平均走行距離が約1.1万kmから約1.3万kmへと延びているのに比例して、平均価格は約177万円から約174万円へと3万円の値落ちを記録。横這いのコペンと比べるとS660は値落ち傾向が堅調だ。

 グレードで最も多いのが上級グレードのαで、約370台(MT車は163台)となっている。限定車のMUGEN RAは17台、ファーストエディションは12台とわずかながら流通している。

ファーストエディションと呼ばれるS660コンセプトエディションは660台限定で車両価格は6MT、CVTとも238万円だった

初代は現行より高いモデルも存在

 そして現在でも根強い人気を誇る初代コペンの中古車事情はどうなっているのだろうか。

 現在、初代コペンの中古車は約720台流通しており安定している。平均走行距離は約8.3万kmから約8.2万kmへとわずかに減少しているものの、平均価格はこの3カ月間は約69万円で横這いとなっており、安定した人気を表している。

2012年4月にコペン10周年を記念した特別仕様車の10thアニバーサリーエディションを発売。車両価格は180万~182万円だった

 なかでもファイナルモデルとして登場した10thアニバーサリーエディションはMT車の平均価格が約160万円、AT車でも約147万円と現行モデルと相場が逆転するほどの高価格をキープしている。

  現在では珍しい4気筒エンジンを搭載した初代かそれとも、走行性能が向上しドレスアップフォーメーションというコペン独自の楽しみ方ができる現行型を選ぶか。中古車だからこその悩みが楽しめるのだ。

【画像ギャラリー】コペンGRは最強の軽スポーツ

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ