あの「安室さん」の愛車が大人気!! 永遠の名車RX-7の良品相場は?

 「安室透」という、『名探偵コナン』に登場する大人気キャラクターの影響で、FD3S RX-7の中古車価格が上昇している、という情報が編集部に入った。

 これまでもマンガやアニメの影響で中古車価格が上下することは何度かあっただけに、「そういうこともあるだろうな」とは思うものの、なにしろRX-7といえば生産終了から18年が経過しつつあるわけで(2002年8月生産終了)、さすがに「いま!??」という思いもあるだろう。

 いっぽう「バリモノ(最良品)」のRX-7が安く買えるならほしい! という人も多いだろうということで、中古車相場の動きを調べていただきました!

文:萩原文博、写真:マツダ、トヨタ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】安室さんが乗っているマツダRX-7をみる


中古車相場はどう変わっていくのか

 中古車は、新車と異なり「定価」がない。たとえ同じ車種、同じ年式、同じグレード、同じ走行距離であっても「同じクルマ」はないため、「相場」が形成されるからである。中古車相場は需要と供給、そして人気によって左右される。

 例えば、トヨタAE86カローラレビン/スプリンタートレノ。もともとは赤黒ツートンのレビンが人気で、リトラクタブルヘッドライトのトレノは人気がなく中古車も高かった。

赤黒ツートンカラーのレビン(上記の写真)が人気だったが、『頭文字D』の影響でトレノが人気になった。

 しかし、マンガ『頭文字D』(しげの秀一著)が始まって白黒のパンダカラーのトレノが人気になると、中古車相場も逆転。多くのトレノが白黒に塗られて販売されたほどだ。

 また、ドラマで人気アイドルが乗ったトヨタランドクルーザー40が爆発的な人気となったり、人気女優がドラマの中で愛車として使用したオペルヴィータの中古車が値上がりするということもあった。

 そういった漫画やテレビドラマ、映画に登場するとその車種の中古車が値上がりするという現象が起こる。

 人気マンガ&アニメ『名探偵コナン』(青山剛昌著)の登場人物に、安室透という人気キャラクターがいる。

人気マンガ&アニメ『名探偵コナン』(青山剛昌著)。劇場版(第20作・第22作)では安室さんの凄まじいドライブテクニックがみれる。また佐藤美和子刑事が乗っているクルマはアンフィニRX-7。

 私自身は『名探偵コナン』という作品をほとんど見たことはないが、その安室透が劇中で乗るのが、白いFD3SのRX-7なのだ。この安室透仕様のRX-7のミニカーを販売したところ、即完売となるほどの人気だという。

 そこで、では実際のRX-7の中古車はどうなのかということで調べてみた。

RX-7の中古車事情をみる

 RX-7はロータリーエンジンを搭載したピュアスポーツカーとして(クルマ好きのあいだで)非常に人気が高く、アニメの影響を考慮しなくても値上がりしている車種の一台だ。

 作中で安室透氏の乗っているRX-7は1997年のマツダRX-7になってからのモデルのようなので、中古車相場は1997年以降のマツダRX-7に絞ってみる。

RX-7(クリックするとRX-7の中古車情報ページが開きます)

 現在、RX-7の中古車は約133台流通している。直近の3カ月で最も少ない時で114台なので、大体約115台から約130台で安定している。

 平均価格の推移をこの1年で見てみると、1年前の平均価格は約255万円だった。その後値上がりし、2019年12月に直近の最高価格である約306万円を記録。

 その後しばらくは横這いで推移していたが、2020年3月に大きく値落ちし、現在は反発して約287万円となっている。一時期よりは多少は下がったとはいえ、1年で約23万円も値上がりしているのだ。

安室透の愛車 RX-7は買えるのか?

 現在、RX-7の中古車の価格帯は約135万円~約985万円と新車時価格を大きく上回るプレミアム価格の中古車も流通している。

 安室透の愛車は白のRX-7。RX-7に設定されている白系のボディカラーはピュアホワイトか限定車タイプRZのスノーホワイトパールマイカだが、残念ながらタイプRZの中古車は全く流通していない。

RX-7 タイプRZ

 そこでピュアホワイトに絞って検索すると、ヒットしたのは約32台で、価格帯は約149万円~約985万円で、最上級グレードだったタイプRSの新車時価格384万8000円を超える物件も9台も流通しているのだ。

 そのうち「バリモノ」と言える最良品の走行距離5000km、タイプRBが約500万円。また最終モデルのスプリットRタイプAで走行距離7000kmの中古車はなんと985万円で約1000万円とプライスが付いている。

 安室透が乗る白いFD3SのRX-7の良品中古車を購入するには予算500万円は必要ということだ。

 生産終了となってからすでに18年が経過したモデルだけにこのような中古車が市場に流通するのはもうないかもしれない。そう思うと流通している今が買い時となるのだ。

【画像ギャラリー】安室さんが乗っているマツダRX-7をみる

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ