シビックタイプRら昔憧れたあの車に今こそ乗ろう! 中古スポーツ6選!!

 欲しいけど高い、買いたいけど家庭の事情が、そんな車ありますよね。

 本企画担当もたくさんあります。いつか乗ろう、そのうち買おう、そう思っていつのまにか生産中止になっちゃって、世の中も「なんかスポーツカーってダサくない」みたいな空気になっちゃって。でもそうじゃない。「今こそ」なのです。

 日本車のスポーツカーの性能と価格のバランスが最もとれていた時代の中古車が、今こそ買い時なのです! 

 本企画では中古車といえばこの人! という自動車ジャーナリストの萩原文博氏に、そんな「今こそ買い!」の中古スポーツを6車種選んでいただきました!

文:萩原文博
初出:ベストカー2017年9月10日号


 ここでは、性能(最高出力)、価格(中古車の平均価格)、買いやすさ(現在の流通台数)という3つのポイントで、今買い時の中古国産スポーツを選んでみたいと思う。

 ピックアップする条件は、最高出力は200㎰以上、中古車の平均価格は100万円台。そして中古車の流通台数(※「流通台数」は大手中古車情報サイトと萩原氏独自の調査による数を記しています)が20台以上とした。

■まずはシビックタイプRユーロ

 まず、紹介するのは2009年11月に2010台、そして翌年にも限定販売されたホンダシビックタイプRユーロだ。

 搭載する2L、直4VTECエンジンは最高出力201㎰を発生。現在60台の中古車が流通し、平均価格は192万円。価格帯は110万8000~284万4000円となっている。同時期に販売された4ドアセダンのシビックタイプRと比較すると、割安感があるのがいい。

シビックタイプRユーロ

■2代目インテグラタイプRもお買い得

 2001年に登場し、最高出力220㎰を発生する2L、直4VTECエンジンを搭載する2代目インテグラタイプRもいい。2代目インテRの現在流通している中古車の台数は79台。平均価格は120万円だ。

 走行距離の少ない良コンディション車が市場に流通しているようで、平均価格は値上がり傾向を示しているが、100万円以下で買えるクルマも数多い。

インテグラタイプR

■憧れのあのRX-8も買い時

 現在のところ最後のロータリーエンジン搭載車となるマツダRX-8。2008年~2012年まで販売されたロングセラーモデルだけあって、中古車のタマ数も非常に豊富だ。

 RX-8の狙い目は2008年のマイナーチェンジで登場した最高出力235㎰を発生するスポーティグレードのRS。2008~2009年式だけで46台流通しており、平均価格も158万円、価格帯は99万~239万8000円となっている。

RX-8

■世界最高峰だったランエボとインプレッサWRX

 最強の2Lターボエンジンを搭載したスポーツカーといえば、三菱ランサーエボリューションとスバルインプレッサWRX STIは外せない。そのなかから今回狙い目を紹介しよう。

 ランエボは2003年に登場したエボⅧ(8)だ。最高出力280㎰を発生する名機4G63に6速MTを組み合わせた。現在ランエボⅧの流通台数は37台、中古車の平均価格は166万円で、やや値上がり傾向だ。価格帯は105万8000~299万円だ。

ランサーエボリューション

 いっぽうのインプレッサWRX STIは2代目のGD/GG型が狙い目。中古車の流通台数は287台、平均価格は142万円だが、中古車市場の中心となっているのは涙目のヘッドライトを採用した中期型で、価格帯は73万3000~338万円だ。

インプレッサWRX STI

■名車フェアレディZがこの値段で!?

 最後に紹介するのはZ33型フェアレディZ。現在の流通台数は533台と多く、中古車全体の平均価格は85万円だ。狙い目は2007年1月に搭載された最高出力313㎰を発生するVQ35HR型エンジンを搭載したモデル。

 流通台数は61台で、平均価格は147万円。価格帯は67万8000~358万円となっている。このあたりのモデルが狙い目といえるだろう。

フェアレディZ

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ