話題の新型車カローラクロス 2021年秋に日本発売の情報あり!!

 2020年7月9日にタイで初公開され、同日から同国での販売を開始したトヨタの新型クロスオーバーSUV、カローラクロス。

 全長4460×全幅1825×全高1620mm、ホイールベースは2640mmと、RAV4とヤリスクロスの中間に位置する注目のコンパクトクロスオーバーSUVだ。

 トヨタの公式リリースでは、今後、タイを皮切りに導入国を拡大していく計画だとしており、タイで発表された時点では、日本での発売は未定となっている。

 しかし、ここにきて新型カローラクロスが2021年秋にも発売されるという情報を、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が緊急入手!

 実はカローラクロスがタイで発表されたというニュースは、日本のトヨタが日本語のプレスリリースで広報写真とともに配信していたので、海外仕様のクルマを日本語で……、もしやという気持ちはあったのだった。

 ライズ、ヤリスクロス、キックスに加え、いよいよカローラクロスが発売されるということになると、コンパクトSUV市場がさらに熾烈な争いとなっていくだろう。

 さて、新型カローラクロスははたしてどんなモデルなのか、迫ってみたい。


文/遠藤徹
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ちょうどいいサイズのコンパクトSUV カローラクロスの気になる中身を写真でチェック!


熾烈なコンパクトSUV競争の台風の目になるか?

ヘッドライトが切れ上がり、グリルが存在感を強調したカローラクロスのフロントマスク

 カローラクロスとはどういったSUVなのか。そして、もし国内導入された場合、乱立する日本のコンパクトSUV市場のなかで、トヨタ車らしい存在感を示せるのか、考察していきたい。

 トヨタは2021年秋にもコンパクトクロスオーバーSUV「新型カローラクロス」を国内に投入する方向でスケジュール調整を進めている模様である。同クラスではC-HRが存在し、クラス的にはバッティングする。

 C-HRは未来的なクーペSUV的なエクステリアデザインと、スポーティな走りで人気を集めたが、後方ルーフを引き下げたエクステリアレイアウトのために、荷室スペースが狭く、遊びグルマとしてのレジャービークルには不向きといった側面がある。

 ボディサイズは全長4385×全幅1795×全高1550mmと全高の低さがスタイリッシュさにつながっている。

 これに対してカローラクロスは、クーペSUVではなく、オーソドックススタイルのクロスオーバーSUV。ボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mmと、全高を高めにとり、室内の居住空間を大幅に拡大。

 遊び感覚とオフロード走行での走破性のよさも配慮したワイルド感のある仕立てで、C-HRとは違うコンセプトだ。

クーペSUVではなくオーソドックスなクロスオーバーSUVのスタイル

ランクル&ランクルプラドの発売が2022年以降に延期

前後フェンダーがワイドでなかなかカッコいい

 最近入手した情報では、2021年中盤から夏にかけては本来であればランドクルーザー&ランドクルーザープラド、アクアなどが世代交代するスケジュールだったが、いずれも2022年以降に先送りになる予定だ。

 そのため2021年はニューモデル展開が少なくなり、戦略上新たな展開が必要になっているという。

 カローラクロスはグローバルで投入していく方針だから、左ハンドルを右ハンドルに変え、排ガス規制対応国内のレギュレーションに合わせるだけで量販が可能になる。

 カローラクロスの発表当初は日本での発売を予定していなかったが、ここに来て急遽方針転換に踏み切る決断をしたものと思われる。

 新型カローラクロスの海外仕様は2020年7月にタイで公開され、現地で発売された。「TNGA」による現行カローラシリーズと同じ「GA-C」プラットフォームを採用。

 前述のとおり、カローラクロスのボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mm。

 C-HRの全長4385×全幅1795×全高1550mmに比べてひと回り大きい。RAV4は全長4600×全幅1855×全高1690mmだから、両モデルの中間に位置する。

クーペSUVのC-HR。カローラクロスとはまったく違うキャラクターだ

 エクステリアデザインはRAV4をそのままサイズダウンしたような風貌が特徴で、ワイルド感を漂わせている。

 フロントの大径グリルはRAV4と共通のイメージだがカローラクロスのほうがやや丸みを持たせ、上下に幅がある。

 LEDヘッドランプはハウジングをサイドまで回り込ませ、異形横長デザインを採用。

 リアは横長の左右独立コンビランプと台形モチーフのナンバープレート用スペースが個性を引き立たせている。

 インテリアは、運転席が独立した大型ディスプレイオーディオを装備するなど、コクピットのデザインはカローラシリーズの雰囲気を感じる。

 後席、荷室スペースは全高を高く取ったことで、たっぷりとしたスペースを確保し、遊びクルマとしては、C-HRの不満点を大きく解消しているだろう。

パワーユニットは1.8LNAガソリンと1.8Lのハイブリッド

強面で人気が出そうな予感

 パワーユニットは1.8LNAガソリン、同ハイブリッドで2WD、4WDのラインナップとなる。

 C-HRとカローラシリーズは1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドを搭載しているが1.8Lハイブリッドには4WD車の設定にはない。しかしカローラクロスには4WDが設定されている。

 最低地上高はC-HRの140mmに対して、カローラクロスは180mm程度と40mm引き上げ、オフロード走行にも対応できる最低地上高を確保している。

 したがってC-HRがシティ走行を強く意識し、2WDをメインに販売しているのに対して、カローラクロスはRAV4同様に4WD主体に仕立てる可能性が高い。

  トヨタのSUVラインアップは都会派SUVを強く意識したヤリスクロス、C-HR、ハリアーに対してオフロードでの走破性を重視した4WD主体のワイルド派はライズ、RAV4、ランドクルーザープラド、ランドクルーザーが存在する。

 トヨタはここに来て都会派、ワイルド派、双方のSUVジャンルでフルラインナップ化を狙う。そのためさらなる戦線拡充を狙って、ワイルド派にもう一枚カードを加える狙いがある。

 ヤリスに加えてヤリスクロスを追加設定することで量産効果を高めて戦略的な価格で(つまり「かなり安め」で)市場拡大を狙ったように、カローラにカローラクロスを加えることで、かなり戦略的な販売価格を狙ってきそうだ(編集部注/個人的には「スプリンターカリブ」の車名をこのモデルで復活させてほしいです)。

 カローラシリーズは2021年秋にマイナーチェンジの時期を迎えるが、これにタイミングを合わせるように、新型カローラクロスを投入して同シリーズ全体の増販を後押しする手はずである。

 ちなみにタイにおける新型カローラクロスの車両価格は、ガソリンモデルが約330万円(959000バーツ)、ハイブリッドが約350万円(1019000バーツ)からとなっている。

インテリアに関しても現行カローラをベースにしつつもメーターフードやセンターコンソールなどが専用デザイン
5人乗りでサイズ的にも余裕のあるインテリア。ラゲッジ容量は最大で487Lとクラストップレベルの大容量を誇る

証言1:首都圏カローラ店営業担当者

 「 SUV市場はまだまだ拡大傾向にあるので、新型カローラクロスの投入には大いに期待している。

 カローラシリーズはスポーツ、ツーリング、セダンの3分野があり、これに今までなかった最も有力なクロスが加われば鬼に金棒状態になる。

 カローラシリーズの周辺ユーザーから多数の代替えが見込まれるだろう。C-HRを希望するユーザーから室内や荷室スペースが狭く、遊びクルマとして使うには不満があるという声を時々耳にするので、こうした要望に応えられるので楽しみにしている」。

証言2:首都圏ネッツ店営業担当者

  「これまでヴィッツなどコンパクトモデルを主体に扱ってきたので、カローラクロスの投入は強い期待がある。

 膨大な代替え母体を抱えているので、他系列店には負けない販売実績を見込める状況にある。

 C-HRはモデルが古くなり、販売が落ち込んでいるのでこのぶんをカバーできそうだ。

 2WD希望ユーザーはC-HR、4WDはカローラクロスといった、コンセプト分けで売り込むことになりそうだ」。

タイでのラインナップ(カタログ)
1.8Lガソリンと1.8Lのハイブリッドとなる予定

【画像ギャラリー】ちょうどいいサイズのコンパクトSUV カローラクロスの気になる中身を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ