話題の新型車カローラクロス 2021年秋に日本発売の情報あり!!


 2020年7月9日にタイで初公開され、同日から同国での販売を開始したトヨタの新型クロスオーバーSUV、カローラクロス。

 全長4460×全幅1825×全高1620mm、ホイールベースは2640mmと、RAV4とヤリスクロスの中間に位置する注目のコンパクトクロスオーバーSUVだ。

 トヨタの公式リリースでは、今後、タイを皮切りに導入国を拡大していく計画だとしており、タイで発表された時点では、日本での発売は未定となっている。

 しかし、ここにきて新型カローラクロスが2021年秋にも発売されるという情報を、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が緊急入手!

 実はカローラクロスがタイで発表されたというニュースは、日本のトヨタが日本語のプレスリリースで広報写真とともに配信していたので、海外仕様のクルマを日本語で……、もしやという気持ちはあったのだった。

 ライズ、ヤリスクロス、キックスに加え、いよいよカローラクロスが発売されるということになると、コンパクトSUV市場がさらに熾烈な争いとなっていくだろう。

 さて、新型カローラクロスははたしてどんなモデルなのか、迫ってみたい。


文/遠藤徹
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ちょうどいいサイズのコンパクトSUV カローラクロスの気になる中身を写真でチェック!


熾烈なコンパクトSUV競争の台風の目になるか?

ヘッドライトが切れ上がり、グリルが存在感を強調したカローラクロスのフロントマスク

 カローラクロスとはどういったSUVなのか。そして、もし国内導入された場合、乱立する日本のコンパクトSUV市場のなかで、トヨタ車らしい存在感を示せるのか、考察していきたい。

 トヨタは2021年秋にもコンパクトクロスオーバーSUV「新型カローラクロス」を国内に投入する方向でスケジュール調整を進めている模様である。同クラスではC-HRが存在し、クラス的にはバッティングする。

 C-HRは未来的なクーペSUV的なエクステリアデザインと、スポーティな走りで人気を集めたが、後方ルーフを引き下げたエクステリアレイアウトのために、荷室スペースが狭く、遊びグルマとしてのレジャービークルには不向きといった側面がある。

 ボディサイズは全長4385×全幅1795×全高1550mmと全高の低さがスタイリッシュさにつながっている。

 これに対してカローラクロスは、クーペSUVではなく、オーソドックススタイルのクロスオーバーSUV。ボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mmと、全高を高めにとり、室内の居住空間を大幅に拡大。

 遊び感覚とオフロード走行での走破性のよさも配慮したワイルド感のある仕立てで、C-HRとは違うコンセプトだ。

クーペSUVではなくオーソドックスなクロスオーバーSUVのスタイル

ランクル&ランクルプラドの発売が2022年以降に延期

前後フェンダーがワイドでなかなかカッコいい

 最近入手した情報では、2021年中盤から夏にかけては本来であればランドクルーザー&ランドクルーザープラド、アクアなどが世代交代するスケジュールだったが、いずれも2022年以降に先送りになる予定だ。

 そのため2021年はニューモデル展開が少なくなり、戦略上新たな展開が必要になっているという。

 カローラクロスはグローバルで投入していく方針だから、左ハンドルを右ハンドルに変え、排ガス規制対応国内のレギュレーションに合わせるだけで量販が可能になる。

 カローラクロスの発表当初は日本での発売を予定していなかったが、ここに来て急遽方針転換に踏み切る決断をしたものと思われる。

 新型カローラクロスの海外仕様は2020年7月にタイで公開され、現地で発売された。「TNGA」による現行カローラシリーズと同じ「GA-C」プラットフォームを採用。

 前述のとおり、カローラクロスのボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mm。

 C-HRの全長4385×全幅1795×全高1550mmに比べてひと回り大きい。RAV4は全長4600×全幅1855×全高1690mmだから、両モデルの中間に位置する。

クーペSUVのC-HR。カローラクロスとはまったく違うキャラクターだ

 エクステリアデザインはRAV4をそのままサイズダウンしたような風貌が特徴で、ワイルド感を漂わせている。

 フロントの大径グリルはRAV4と共通のイメージだがカローラクロスのほうがやや丸みを持たせ、上下に幅がある。

 LEDヘッドランプはハウジングをサイドまで回り込ませ、異形横長デザインを採用。

 リアは横長の左右独立コンビランプと台形モチーフのナンバープレート用スペースが個性を引き立たせている。

 インテリアは、運転席が独立した大型ディスプレイオーディオを装備するなど、コクピットのデザインはカローラシリーズの雰囲気を感じる。

 後席、荷室スペースは全高を高く取ったことで、たっぷりとしたスペースを確保し、遊びクルマとしては、C-HRの不満点を大きく解消しているだろう。

次ページは : パワーユニットは1.8LNAガソリンと1.8Lのハイブリッド

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ