元祖武骨SUV ランドローバーの中古が熱い! 英国の超名門人気急上昇中!!


手堅い選択かもしれないディスカバリー

 レンジローバーを販売面で支える立ち位置にあるディスカバリーは現行モデルで5代目。

 過去にはV8モデルなども存在したが、現行モデルでは日本仕様として、3L、V6スーパーチャージャー装着のガソリン(340ps/450Nm)、3L、V6ターボディーゼル(258ps/600Nm)を設定している。

 パワートレーンもレンジローバーと同じく8速ATを用意。エアサスペンションも設定されている。

ランドローバーディスカバリーの中古車情報はこちらをクリック!


●ディスカバリー中古車流通台数:102台
■初代:8台:1991年11月~1999年5月
18.8万~130万円 平均価格:106(74.4)万円

1991年11月に登場した初代ディスカバリー。1994年には299万円(税抜き)のSグレードが追加。1995年にはフェイスリフトが行われる


■2代目:21台 1999年6月~2005年4月
59万~158万円 101.2(108.5)万円

1999年6月に登場した2代目ディスカバリー
2003年1月、700カ所におよぶ変更、改良が加えられた2代目ディスカバリーのビッグマイナーチェンジモデル


■3代目(ディスカバリー3):19台 2005年5月~2009年12月
110万~298万円 169.8(204)万円

2005年5月にデビューした3代目ディスカバリー。フォード傘下に入ってからの初めてのモデル


■4代目(ディスカバリー4):8台:2009年12月~2017年3月
201万~689.9万円 平均価格:353.4万円

2009年12月にデビューした4代目ディスカバリー


■現行5代目:56台 2017年4月~
499万~958万円 平均価格:714.6(728.5)万円

2017年5月に登場した現行5代目ディスカバリー。LR3、LR4と継続されたプラットフォームを13年ぶりに刷新。レンジローバーと共用し、ボディは初のアルミモノコックを採用、大幅な軽量化を実現した

ランドローバーディスカバリーの中古車情報はこちらをクリック!

 見方によっては、レンジローバーの廉価版と捉えることもできるディスカバリーだが、品質での差がないぶん、買い得感は大きいはず。

 あとは各世代のモデルのパワートレーンやスタイリングなどデザイン面の違いをどう評価するかだ。

潔い“見た目勝負”のイヴォーク

SUVの3ドアクーペというスタイルに衝撃を憶えた人も多いハズだ

 初代のレンジローバーイヴォークがデビューした時のインパクトは今も印象に残っている。まさしくコンセプトカーの姿をそのまま量産車に反映させたことに驚かされたものだった。

 2世代目のイヴォークは、新たにランドローバーの新しい横置きエンジン用プラットフォームである「プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー」を採用。

 パワートレーンも2L、直4ターボディーゼル(180ps/430Nm)と、2種類の2L、直4ガソリン(200ps/320Nm、249ps/365Nm)を採用。9速ATを組み合わせている。

レンジローバーイヴォークの中古車情報はこちらをクリック!


●レンジローバーイヴォーク中古車流通台数:325台
■初代:2012年3月~2019年5月
215台 191.7万~790万円 平均価格:413.9万円

2012年3月に登場した初代イヴォークの5ドアモデル


■2代目:2019年6月~
110台 498万~835万円 平均価格:626.8万円

2019年6月から受注開始した2代目レンジローバーイヴォーク

 レンジローバーのラインナップのなかでもイヴォークはそのスタイリングの魅力は唯一無二といえ、初代も人気が高く、中古車価格は平均で400万円前後とさほど2代目との差がつかず、買い得感はまだ少ないかもしれない。

 それでもスタイリングにいまだ斬新で、3ドア独特のフォルムが欲しければ先代しか選べないのだから、悩む価値はありそうだ。

 ちなみに、筆者が推したい初代の3ドアクーペは、219.9万円から出回っているので、見た目重視の方は検討してみてはいかがだろうか。

レンジローバーイヴォークの中古車情報はこちらをクリック!

【画像ギャラリー】人気沸騰中のレンジローバー ディスカバリー イヴォークの歴代モデルを写真でチェック!