ベンツ、マツダなどのポップアップルーフ名車!空前のテントブームの今こそ欲しい!!


 世の中には個性的なクルマはいっぱいある。それがデザインの場合、称賛されることもあれば、酷評されることもある。

 そのほかドアの開閉方法などで個性を主張しているクルマも多くある。

 本企画では、個性的なルーフにスポットを当てていく。個性的なルーフと言っても、スープラが採用しているダブルバブル(2つコブがある)や、ダイハツタフトで復活した大型ガラスルーフなどもあるが、ポップアップルーフについて見ていきたい。

 ポップアップルーフ仕様にカスタマイズしたキャンピングカーは古くからあったが、ここでは自動車メーカーが純正採用したポップアップルーフ車を取り上げる。

 アウトドアブーム、車中泊人気の今でこそ復活してほしいポップアップルーフ搭載モデルを5車種を紹介していく。

文:ベストカー編集部/写真:MAZDA、SUBARU、HONDA、MERCEDS-BENZ、TOYOTA、PEUGEOT、DAIHATSU、MITSUBISHI、NISSAN

【画像ギャラリー】ポップアップルーフだけじゃない!! ルーフで個性を大々的にアピールするたち


マツダボンゴフレンディAFT

販売期間:1995~2006年
価格:224万2000~346万円(1995年)

ポップアップルーフをカタログモデルとして発売したことが凄い。オートキャンプ場でオートフリートップに憧れた人は数知れず

 自動車メーカーが純正採用したポップアップルーフの先鞭をつけたのがマツダボンゴフレンディで、1995年にデビュー。

 マツダ初のBOXタイプミニバンで、セミキャブオーバーのように見えるが、エンジンは運転席下にあったため構造的にはキャブオーバーだった。そして駆動方式はFR。

 奇抜なデザインでもないボンゴフレンディが脚光を浴びたのは、電動でルーフが競り上がるオートフリートップ(AFT)仕様をラインナップしていたからだ。

 ボンゴフレンディがデビューした時はアウトドアブーム全盛ではなかったが、日本人がアウトドアを普通に楽しむようになっていたこともあり、アウトドア好き、キャンプ好きから絶大な支持を受けた。

ノーマルルーフに比べて全高が2mを超えるため3ナンバー登録となった。サンルーフもラインナップされていた

 ルーフを競り上げた状態では、子どもなら立つこともできたし、大人2人が快適に心がることもできた。

 ボンゴフレンディは5ナンバーサイズだったが、AFT仕様は全高が2mを超えるため3ナンバー登録となっていた。

 今でこそ電動でルーフが開閉するクーペオープンがあるが、ボンゴフレンディがデビューした当時は、電動でルーフが競り上がるのは珍しく、特に子どもたちからは羨望の眼差しで見られていた。

 ボンゴフレンディはまさにオートキャンプ場のヒーローだった。

オートラマで販売されたフォードフリーダ。端正な顔立ちをしていたが、ボンゴフレンディのようにはヒットせず。しかしアウトドアが似合う!!

 一芸で名を馳せた典型的な1台と言える。ノーマルルーフとオートフリートップの価格差が30万円程度だったのも人気となって要因だ。

 ちなみにボンゴフレンディのOEMとしてフォードフリーダも販売されていたが、売れたのは圧倒的に本家のボンゴフレンディだった。

ボンゴフレンディの最新中古車情報

スバルドミンゴアラジン

販売期間:1996年~1998年
価格:159万円

 軽ワンボックスのサンバーディアスをベースに1.2Lエンジンを搭載し、3列シート化したのがドミンゴで、スバルは7人乗りコンパクトワゴンと呼んでいた。

 このドミンゴにはポップアップルーフを備えたキャンパー仕様のアラジンがボンゴフレンディの約1年遅れの1996年に追加された。

ルーフ全体が競り上がるタイプのポップアップルーフは唯一無二の存在。完全受注生産で282台しか存在しないため、中古車として出ればすぐに売れるという

 日本で販売されたメーカー純正ポップアップルーフで、ドミンゴアラジンのみがルーフ全体が競り上がるタイプとしている。中腰姿勢すらとれないため圧迫感はあるが、ベッドスペースとしては最適な空間に仕上げていた。

 カタログモデルではあるが完全受注生産で、車両価格は159万円。後から改造することを考えると高くはなかったが、282台を販売してジエンド。

次ページは : ホンダオデッセイフィールドデッキ

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ