フォードブロンコ 超本格オフローダー24年ぶりに復活!!

 世界的人気となったSUVは、街乗りを意識した快適性重視のモデルが中心。しかし、近年、ジムニーの大ヒットやランドローバー・ディフェンダーの復活など、再びクロカンにもフォーカスが当てられている。その流れのなかで、フォードが往年のSUV「ブロンコ」を復活させた。

 その名に相応しい荒野を駆ける動画を公開するなど、本格的クロカンへと磨き上げられているようだ。日本では入手が困難! とはいえ、気になるのも一台でもある。新生クロカン「ブロンコ」に迫った!

文/大音安弘
写真/FORD

【画像ギャラリー】日本に正規販売店がないのが残念!! 魅力満点のクロカン四駆「ブロンコ」を詳しくチェック


■質実剛健さが売りだった初代から24年ぶりのカムバック!

 フォードによる「ブロンコ」復活の予告は、2017年のデトロイトショーでのこと。あれから3年の月日を経て、いよいよ新型が、お披露目された。ブロンコとは、北米西部の平原で放牧される小型の馬を意味する。まさに広大な米国の自然の中を自由に駆け回るクルマに相応しい名だ。ちなみに、ブロンコが野生化したものが「マスタング」となる。そういう意味では、自由だが、人とのつながりの強さも強調されているのかもしれない。

1966年に登場した初代「ブロンコ」。ジープ「CJ」、ジープ「チェロキー」などに対抗して造られた

 そんなブロンコの歴史は少し振り返ると、初代が1966年に誕生。民間向けのジープ「CJ」やフルサイズSUV「チェロキー」などの本格オフロード向け四輪駆動車を意識して、開発された。そのコンパクトなボディとショートホイールベースがオフロードでの強みとなり、クロカン愛好派から愛された。しかし、同クラスにシボレーがより豪華な「ブレイザー」を投入したことで、質実剛健なブロンコは、苦戦を強いられることになる。

 1978年登場の2代目は、多くのライバルに対抗すべく、F-100トラックベースのフルサイズSUVへと進化。その結果、堅牢さは受け継がれたものの、初代の身軽さを活かしたクロカンという強みは失われてしまう。その後、乗用性能を高めていくも、多くのライバルに打ち勝つことは出来ず、1992年登場の5代目の1996年の生産終了と共に、その歴史に幕を閉じてしまった。そして2020年、6代目となる新型が公開されたのだ。

■伝統の2ドアに加えて4ドアを史上初設定

 初代を彷彿させるたくましさとか愛嬌を兼ね備えたスタイルは、まさに荒野をかける馬のわんぱくさと力強さを感じさせるもの。これなら、ブロンコファンも納得のデザインだろう。初代の精神は、単なるオマージュではなく、初代モデルをデジタルスキャンすることで、スタイリングと悪路走破性の改めて検証。その結果が、新型に反映されているという。これは、初代ブロンコを現代の技術で蘇らせたと受け取ってもいいだろう。

ブロンコの2ドアモデル。初代の面影を感じさせるスタイルと、丸目ヘッドライトが特徴だ
ホイールベースを延長することで後席用ドアを備えた、「ブロンコ」史上初となる4ドアモデルもラインナップ

 新型では、伝統的な2ドアのショートボディに加え、より多目的に使える4ドアモデルを初設定。いずれもドアとルーフ部の着脱が可能で、アクティブなアウトドアユースや本格的なオフロードユースを強く意識していることが伺える。しかもルーフは、4分割されているので、一人での取り外しも可能だという。ルーフの素材は、2ドアがハードトップ。4ドアがソフトトップを標準とする。もちろん、4ドアもハードトップの選択ができる。

4ドアのルーフをすべて外した状態がコチラ。ルーフをすべて取り外すと、上部にはロールケージのみが残される。前後ドアも取り外すことができる

 新型ブロンコのボディサイズは以下の通り。やはり3ドアはコンパクトで悪路での使い勝手はよさそうだ。

■妥協はなし! 悪路に挑む堅牢なフレームと4WD

 新生ブロンコは、厳しい走行環境にも耐えるまったく新しい構造が与えられる。基本となるラダーフレームは、高強度スチール製。サスペンションは、フロントが独立懸架のダブルウィッシュボーン式、リヤがリジットの5リンク式となる。ダンパーには、ビルシュタイン製を採用するのもこだわり。さらにセミアクティブの油圧式スタビライザーも用意される。

シャシーはラダーフレームで、サスペンションは前がダブルウイッシュボーンの独立懸架、後ろが5リンクのリジッドアクスルを採用している

 タイヤも充実の品ぞろえで、30インチのオールシーズンタイプから35インチのマッドタイヤまで7種類も設定。悪路走破性を高める35インチタイヤは、全グレードで工場装着時に選択できるのも、如何なる仕様でも、優れたオフロード走破性を誇ることを伺わせる。

 4WDシステムも2タイプを用意。2速の電子制御トランスファー付きパートタイム4WDが基本だが、高機能タイプの2速の電気機械式トランスファー付きのオートマチック4WDの選択もできる。こちらは走行状況に応じて駆動方式を自動的に切り替えてくれる。

 徹底した基本設計と堅牢な走行システムによりクラス最高の11.6インチ(295mm)の最低地上高に加え、最大29度のランプアングルや最大37.2度のデパーチャーアングルを確保。最大渡河水深は、33.5インチ(851mm)というから驚かされる。

 また、さまざまな使用環境を想定した前後のけん引フックや、ウィンチの装着が可能な頑丈なスチールバンパーを備えるだけでなく、フロアや燃料タンクを保護する鉄製シールドが用意されている。もちろん、さまざまなシーンで活用できる多彩なオプションが揃えられるのもブロンコの魅力だ。

24年ぶりに復活したブロンコの動画は写真をクリック(外部配信サイトからは閲覧できません)

■パワートレーンは2種類 どちらも次世代ターボユニットに

 パワーユニットは、2種類。基本となる2.3Lの4気筒DOHCターボは、最高出力270ps、最大トルク420Nm(42.8kgm)を発揮。アップグレードエンジンおよび上級グレード用として、2.7LのV6DOHCツインターボエンジンも用意。こちらは、最高出力310ps、最大トルク542Nm(55.3kgm)を叩き出す。

 トランスミッションは、10速ATに加え、2.3Lエンジン車のみ、7速MTの選択も可能。これはスーパーロー付きとなり、より困難な悪路で威力を発揮するものだ。

■用途に合わせて選べる! 充実のモデルラインナップ

 グレード構成もかなり充実し、用途に合わせた選択が可能。エントリーの「BASE(ベース)」をはじめ、「BIG BEND(ビッグベンド)」、「BLACK DIAMOND(ブラックダイアモンド)」、「OUTER BANKS(アウターバングス)」、「BADLANDS(バッドランズ)」、「WILDTRAK(ワイルドトラック)」の6つのトリムに加え、発売記念特別仕様車「FIRST EDITION(ファーストエディション)」まで用意する。

 これだけ揃うと、選ぶのにも相当苦労しそうだ。またボディカラーも多彩で、全部で11色を用意。そのなかには、「エリア51」と名付けられたミステリアスなグレーがあるのも面白い。

シティユースのSUVとは一線を画した本格クロカン四駆となっている

 注目の価格は、エントリーの「BASE」で2ドアが$2万9995(約316万円)から、4ドアが$3万4695(366万円)からとなっている。ちなみに最もスタートプライスが高価な「FIRST EDITION」は、$5万9305(約626万円)! あれこれ欲張ると、途方もない金額となりそうなのは、ライバルと目されるランドローバー「ディフェンダー」と同様だ。

■日本での入手にはかなり手間がかかる

 ご存知のとおり、フォードは、日本市場から2016年で撤退してしまったため、正規導入はなく、入手は並行輸入に限られる。それだけに時間とコストの負荷も大きくなる。

 しかし、リバイバル車としてみても、懐かしい見た目と四駆としての優れた基本性能は、かなり魅力的。モータースポーツシーンで活躍したブロンコだけに、ドレスアップのベースとして注目している人もいるだろう。

 本国での生産は、2021年開始といわれており、米国でも現在、先行予約が行われている。仮に日本に並行輸入したとしても、上陸は、早くても2021年後半となるだろう。

【画像ギャラリー】日本に正規販売店がないのが残念!! 魅力満点のクロカン四駆「ブロンコ」を詳しくチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ