80スープラ 相場400万円の世界 あの頃の憧れを手に入れるには?


 トヨタが生んだスポーツカーのなかで、今もなおカリスマ的な人気を誇るJZA80型スープラ(略称:80スープラ)。

 1993年5月に登場した後、平成12年度自動車排出ガス規制をクリアできず、惜しまれつつも2002年8月に生産終了となった。

 2001年に公開された映画『ワイルド・スピード』で主人公のブライアン・オコナーがスープラ・エアロトップ仕様に乗ったことで一気に有名になった。

 そして、アメリカでの日本車ブームを受けて国外流出する80スープラが続出。現在も相変わらず、中古車相場が高騰しており、その人気は衰えることをしらない。

 そこで、実際に80スープラが欲しいという人のために、中古車相場や購入チェックポイント、部品はあるのかなど、詳細にわたって専門店に徹底取材! 中古車事情に詳しい伊達軍曹がレポートする!


文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ

【画像ギャラリー】購入は今しかない!? 80スープラを写真で徹底チェック!


80スープラはいまだに人気なのか?

1993年5月~2002年8月まで生産されたJZA80型スープラ

 中古車事情を解説する前に、まずは「80スープラ」というクルマ自体について、ごく簡単にだが紹介しておこう。

 80スープラことA80型先代トヨタスープラが発売されたのは1993年5月のこと。グローバルでは「4代目のスープラ」ということになるが、日本国内のスープラとしては初代A70型に続く「2代目のスープラ」である。

 キャッチフレーズは「THE SPORTS OF TOYOTA」。4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用する車台は同世代のソアラと共用だが、全長はソアラより大幅に短く、そして広く低いという本格的なスポーツカーとしてのパッケージングを採用。

 このため、燃料タンクの搭載位置はソアラのリアシート背後からトランク下へと移設されている。

 駆動方式はオーソドックスなFRで、搭載エンジンは3L、直6ツインターボと、同じく3L、直6のNA(自然吸気)となる。

280psを発生する2JZ-GTEエンジンを積んだスープラRZ

 ターボの2JZ-GTE型エンジンは、最高出力こそ自主規制値だった280psに抑えられたが、最大トルクは三菱GTOやユーノスコスモを上回る44.0kgmを発生。

 また3L、NAのほうも最高出力225ps/最大トルク29.0kgmという、十分以上のパワー&トルクだった。

 トランスミッションは、ターボの2JZ-GTEにはゲトラグ製6速MTまたは電子制御式の4速ATで、自然吸気の2JZ-GEには5速MTまたは電子制御式の4速ATが組み合わされた。

 グレードは、ツインターボエンジン搭載グレードが「RZ」と「GZ」で、NAエンジンを搭載したのが「SZ」。

 1994年8月にはマイナーチェンジが行われ、17インチタイヤや大容量ブレーキをオプション設定するとともに、NAエンジン搭載のスポーツグレード「SZ-R」を追加。

 また1995年5月にはツインターボエンジンのベーシックグレード「RZ-S」も設定した。

 1996年4月と1997年8月にもマイナーチェンジを行い、そのほかにも細かな改良を年々重ねていった80スープラだったが、世の中は徐々に「スポーツカー不遇の時代」へと変わっていき、そして平成12年度自動車排出ガス規制に対応できなかったということもあり、2002年8月に惜しまれながら販売終了となった。

 そんな80スープラは、ひと昔前、いやふた昔前ぐらいまでは200万円も見ておけば、ごく普通に中古車を探すことができた。

 だが映画『ワイルド・スピード』の主人公が劇中で80スープラを愛車としていたことからアメリカ国内でカルト的な人気が高まり、相場はかなりの上昇傾向に。

 そして2018年には80スープラの初期モデルがアメリカの「25年ルール(右ハンドル車の輸入はできないアメリカだが、製造から25年以上が経過したクルマは例外として輸入可能になるルール)」の適用対象となったことで、さらなる国外流出と相場高騰に拍車がかかった……というのが、ここ最近の流れ。

 ちなみに国内における現在の中古車相場は、おおむね260万〜1100万円となっている。

80スープラの中古車情報はこちらをクリック!

80スープラ専門店に徹底取材!

千葉県浦安市にあるキングバイヤー浦安店に取材に訪れた

キングバイヤー浦安店のホームページ

 そんな80スープラをもしもこれから買うとしたら、どんな年式やグレードを、どういった点に注意しながら買えばいいのだろうか? 

 20年以上前から80スープラを販売し続けているスポーツカー専門店『キングバイヤー浦安店』店長の刈谷康史さんに、80スープラの中古車に関する“正味のところ”を教えてもらった。

――ということで刈谷店長、最近の80スープラの相場はどうですか?

刈谷店長 相変わらず高いですね。もちろん最初の『ワイルド・スピード』のあたりからずっと高いわけですが、アメリカの25年ルールが初期年式に適用されるようになって以来、さらに相場が上がってしまいました。

 弊社も以前は常時20台から30台ぐらいの80スープラを在庫できていましたが、直近では残念ながら4〜5台しか置けていません。とにかくモノが少ないんですよ。

――全体的な相場としては、やはり「ターボが高くて、NA(自然吸気)が比較的安い」と思っていいんでしょうか?

刈谷店長 まぁそうですね。やはり「一番高いのはターボのMTで、安めなのはNAのAT」という傾向は確実にあります。しかし最近は、ターボとNAの価格差はやや小さくなってきています。

――ほう。それはどういった理由で?

刈谷店長 購入されるお客様の年齢層が変わってきてるんですよね。昔は、スポーツカーが大好きな若い方がお客様の中心でした。

 ターボの中古車価格も昔はせいぜい150万円とか200万円ぐらいでしたから、お若い方でも普通に買うことができたというのもあったでしょう。

 しかし今やターボですと300万円を下る物件はまず出てきませんので、お若い方にとってはやや難しい価格帯になってしまったんですよね。

――ふむう。

刈谷店長 それに対して比較的ご年配の方が、「昔憧れていた80スープラを今こそ!」的なニュアンスで買われるケースが最近は増えています。

 で、そういったご年齢の方ですと「もう爆走する年でもないし、街中を流すだけだから、ATでいいんですよ。

 この80スープラのカタチでさえあれば、ターボのMTじゃなくてもぜんぜんオッケーです」とお考えになる人も多い。

 そういうこともあってターボ+MTとNA+ATとの価格差は、昔ほどではなくなってきてるんです。

次ページは : 走行距離の少なさよりも程度重視で選ぶ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ