80スープラ大人気の事情と相場 今ごろ!?新型登場後も旧型高騰中!!


 華々しくデビューを飾った新型スープラ。その型式はA90だが、これは当然先代スープラのA80からの続き番号となる。

 最近になって80スープラ(1993年~2002年販売)の高騰にますます拍車がかかり、ターボモデルはひと声400万円なんてものがザラになってきている。

 たしかに80の評価はレーシングドライバーからも高いのだが、2002年委製造中止になった際にスカイラインGT-Rほどの大きな騒ぎになっていなかったように思う。

 歴史からスッと消えた印象のある80スープラがなぜいまになって高騰しているのか。そして90スープラよりも80が「買い」なのか??

 スポーツカー好きジャーナリスト、岡本幸一郎氏が迫ります。

文:岡本幸一郎/写真:編集部、AdobeStock


■かつてのイメージはそこまで高くなかったように思う80スープラ

 あらかじめ筆者のスタンスをお伝えしておくと、もともとGTカーよりのスポーツカーが好きで、これまで25台の愛車歴のうち7台がトヨタ車。

 60セリカXX、70スープラ2台を乗り継いだものの、80スープラにはあまり魅力を感じず、FD3S型RX-7に心変わりした。

当時の80スープラはスカイラインGT-Rなどの熱狂を考えると少し地味な存在。とはいえトヨタのスープラ、日産のスカイラインGT-R、ホンダのNSXと3社がフラッグシップスポーツを持っていたよき時代だった

 セリカXXや70スープラのあの雰囲気が好きだった筆者にとって、80スープラは、なんだかぜんぜん違うクルマになったように思えて、同じスープラの車名を受け継ぐことに違和感を覚えるほどだった。

 そんなことはないという人ももちろんいるだろうが、筆者のそうした感覚をご理解いただける人も少なくないことと思う。

 思えば2002年8月、スカイラインGT-R、シルビア、RX-7とともにモデルライフの終焉を迎えた。

 最後の直6となるGT-Rやドリフト車ベースとして人気のシルビア、ロータリーピュアスポーツとして名をはせたFD3Sに対し、スープラはどちらかというとあまり惜しむ声が聞かれなかったように思う。

 さらに思い起こせば1990年台前半、筆者はベストカーの兄弟媒体だったベストモータリングという、筑波バトルで知られるビデオマガジンの編集部に在籍していたのだが、パワフルでストレートでは速くても、トラクションが低いのでタイムにつながらないスープラがあまりよい評価を得た記憶がない。

マツダRX-7などピュアスポーツ全盛の時代に、グランドツーリング感の高かった80スープラの魅力に気付く人は決して多くなかったのかもしれない。その分台数も少なく、非常にレアだ

 恐れながら国産280ps勢の中では、GT-R、NSX、RX-7あたりがプロ野球等でいうAクラスだったのに対し、スープラはZ、GTO、ユーノスコスモらとともにBクラスだったのは否めないように思う。

 ひいては当時、トヨタはスポーツカーが得意でないイメージが、そうしたところからも定着していってしまったように思えてならない。

 モータースポーツではJGTCで4度もタイトルを獲得しているが、往年のGT-Rのように印象的な勝ち方をして伝説になれる時代でもなく、それがスープラの価値を高めた印象もあまりない。

■なぜ80スープラの中古市場はここまで高くなったのか

 そんな80スープラの中古車相場が高騰している(編集部調べ:NAグレード250万円前後、ターボグレード350万円前後。ともに走行距離10万km以上が多い)。

 これは実は今に始まったことではなく、絶版となって比較的早い時期から、とくにRZのMTの相場はかなり高めだったところ、最近になってさらに一段と高くなったという状況だ。

 中古車の値付けには必ず何らか理由が存在するわけだが、考えられる最大の理由が、アメリカのいわゆる「25年ルール」だ。


 これは本来アメリカでは右ハンドル車の販売が原則として禁じられているところ、製造から25年が経過したらOKになる(編集部註:クラッシュテストなどが免除され実質的な輸入が容易になる)という制度。

 R32スカイラインGT-Rでも話題となったので、ご存知の人も少なくないことと思う。

日本車は海の向こうである種のステイタスのもと愛されている。JDMと呼ばれるそのカテゴリーには日本のカスタムトレンドを取り入れたものも多い(写真はインプレッサWRX STI)

 日本では前で述べたような感じだったスープラも、アメリカでは映画「ワイルドスピード」の影響もあって人気は非常に高い。

 スカイラインGT-Rと違って80スープラはアメリカでも売られて、そこそこ人気を博していたのだが、アメリカにはもともと「JDM(Japanese Domestic Market)」と呼ばれる、ステアリング位置やカスタマイズも含め日本仕様そのままで乗るのがステイタスという価値観がある。

 そこで、25年ルールの対象となった日本国内で流通している右ハンドルの個体をアメリカの業者がどんどん買い取って自国で販売するようになった。

 さらには、9年あまりのモデルライフで3万台あまりしか売れていないという希少性もあって、価格がつりあがったというわけだ。

次ページは : ■90スープラでは味わえない乗り味を求めて80を買うべきなのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ