GRスープラRZの咆哮!! 改良で熟成度アップ!! 731万円で387馬力!!


 2020年4月28日、一部改良を果たしたスープラ。その際設定された特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”の試乗の様子をお届けする。

 一部改良といってもスープラの改良がちょっとやそっとで済むはずがない。3.0Lエンジンの出力は285kW(340馬力→387馬力)にまで引き上げられた。合わせてシャシーも強化、またサスペンションも再チューニングされ、コーナリング中の安定性が高められたという。

“熟成”が大幅に進められた新型スープラRZ(A91型)に、自動車評論家の清水草一氏が試乗した。

【画像ギャラリー】すべてが進化!!! トヨタ GRスープラRZをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:清水 草一/写真:ベストカー編集部/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■猛烈な熟成度!!! スープラ様、トヨタ様に感謝!!!!

 スープラRZの2Lターボエンジンが、340馬力から387馬力にパワーアップ! それに併せて車体側も強化された!

 実は私、スープラRZは、1年半前、サーキットでプロトタイプに試乗したのみ。以来乗っておりません。だからこそ、1年半の進化と変化がビンビンに感じられた!

フロントにブレースを入れた効果はバツグンでシャープなステアリングは感動もの。シャシーも落ち着きを増し、大パワーを受け止める

 スープラは猛烈に熟成され、完成されていたのだ。1年半前はオーバーステアが怖くて怖くて、「これは2代目MR2の再来か!?」くらい思ったけど、今は別物。すばらしいFRスポーツカーだぜ! ルックスは好みじゃないけど!

 今回は公道試乗だったので、限界域のことはわかんないけど、怖いクルマって、気配でわかるっしょ。そういう気配は微塵もなかった!

清水氏の愛車、1989年式328GTSとともに

 実際乗ると、なにはともあれBMW製直6ターボエンジンのフィーリングがスバラシイ。これぞシルキー6! パワーアップよりも回転の突き抜け感アップが超ステキ!

 近年、本家のBMWでは下位モデルからシルキー6がすっかり消えておりますが、久しぶりの駆け抜けるヨロコビ炸裂! うおお~、BMWの6発ってこんなによかったっけ~!?

A91の新型B58エンジンは高回転域で大パワーが出せ、最大トルク発生域が増えた。おかげで0~100km/h加速は4.3秒から4.1秒に短縮

 それでいて、387馬力というのは、公道でもギリギリ真価を味わえるレベルにある。これが500馬力を超えるとさすがにヤバくなり、600、700になるとほぼ無意味に。

 個人的には、570馬力のフェラーリ458イタリアまでは、「ヒエ~速すぎる~!」とシビれつつ根性で味わい尽くしたけど、700馬力級になった今のフェラーリはもうムリ。これ以上高い山に登っても無意味だと感じ、ネオクラシックなフェラーリ328GTSに回帰しました。

RZホライゾンブルーエディションは100台の限定販売
ベースのRZは731万3000円なので10万円アップ

 31年前のフェラーリは、たったの270馬力。「たったの」とは言うものの、公道では充分以上のパワーだし、これくらいなら骨の髄まで味わえて、フニャフニャの骨抜きになるくらい気持ちイイ。

 この頃のフェラーリは、操縦性なんてどうでもよくて、カッコよくてエンジンが官能的ならすべて善し。

インパネのデザインに変更はないが、ステアリングホイールやドアトリムにブルーステッチが入る

 今乗ると、着座位置の猛烈な低さや室内の狭さなどもあって、想像を絶するウルトラ非日常!

 しかし、この30年で世の中はなにもかもが進歩して、安全要件も騒音規制も厳しくなった。さすがにもう30年前みたいな牧歌的なことは言ってられない。その枠の中で非日常の刺激を用意せねばならない。

表皮にアルカンターラとブラックの本革を組み合わせた専用シートにもブルーステッチが入る

 そのひとつが、ステアリングのシャープさだ。現在のスーパースポーツは、速度を上げれば上げるほどステアリングがシャープになり、コブシ1個分切っただけで横っ飛びする。そういう刺激がないと、スポーツカーに乗る意味がないから!

 スープラも、そこはしっかりやっている。速度が上がるにつれてステアリングはシャープさを増し、自由自在になんでもできそうな感覚を味わえる。

19インチの鍛造アルミホイールはマットブラック塗装。ブレーキキャリパーはSupraのロゴ入り

 サスペンションも、顧客の「もっと非日常を味わいたい」というリクエストに応えて、サーキット寄りにやや固めたというが、公道でもオッケーだけど歯ごたえアリ! みたいな乗り味で、とてもイイと思いました。

 スープラRZは、スポーツカーの生き残り策をしっかり実行した、実にいいクルマになっていた。ありがとうトヨタ様! 涙が出ます。

「サーキットで乗れば、パワーアップしたことでより楽しくなったことがわかるはず」と開発責任者の多田哲哉氏(左)は新型RZの魅力を語ってくれた

■GRスープラ RZ
・全長×全幅×全高:4380×1865×1290mm
・ホイールベース:2470mm
・車重:1530kg
・エンジン:直6DOHCターボ
・排気量:2997cc
・最高出力:387ps/5800rpm
・最大トルク:51.0kgm/1800~5000rpm
・トランスミッション:8AT
・サスペンション:ストラット/マルチリンク
・タイヤサイズ:前255/35ZR19、後275/35ZR19
・WLTCモード燃費:12.0km/L
・価格:731万3000円
※スープラは全グレードにペダル踏み間違い急発進抑制機能が装着され10万円の「サポカー補助金」がもらえるようになった

【画像ギャラリー】すべてが進化!!! トヨタ GRスープラRZをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ