光岡オロチの中古が超お買い得な理由 世紀の「奇車」 まさかのまったく値落ちナシ


 市販車をベースに独自のデザインを与えたカスタマイズカーを少量生産している光岡自動車。その最新作となるSUV「バディ」(2020年11月発表)が大きな話題となり、昨今の光岡自動車の知名度の高まりを感じる。

 個性的かつ趣味性の高い光岡車だが、世の中に最も衝撃を与え、その名を轟かせたのは、やはりスーパーカーライクなスタイルを持つ「大蛇(オロチ)」だろう。

 そこでオロチの中古車を調べてみると、どれも新車時と大差のない1000万円ほどのプライスが掲げられている。ひょっとしてオロチの人気が高まっている? その実態を調査した。

【画像ギャラリー】手に入れられるのは今だけかも…!? ミツオカの話題のモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです。本企画中に掲載の中古車価格は2020年12月22日取材時のものです。売約がある場合もあります
文/大音安弘、写真/光岡自動車、ベストカー編集部、取材協力/光岡自動車・東京ショールーム
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■12年落ちオロチの中古車が1098万円! 再評価されるオロチ

 オロチは、型式認定車となる光岡自動車の完全オリジナル車だ。

 独自開発のシャシーに、トヨタ製3.3Lエンジンをミドシップに搭載。日本神話のヤマタノオロチにインスピレートを受けた個性的なスタイルを与えたスペシャルティカーだ。

光岡自動車のオロチ。ホワイトパールの2008年式は、たった走行8700kmで1098万円。よいものは減少傾向にあるなかで、この素性のよさは専門店ならでは
車検も継続されており、前オーナーが大切にしていたことが窺える。もちろん、保証付き

 2006年に市販モデルが発表され、2007年から市販(発売時1050万円)。2014年に全生産を終了している(生産台数は非公表)。

 最新事情を知るべく、新車と中古車の販売を手掛ける光岡自動車・東京ショールームの藤谷陽一店長に話を伺った。

 藤谷店長によれば、現在のオロチの市場評価は非常に高いという。その最大の理由として、市販仕様の発表から約15年を迎えても、そのユニークで飽きのこないスタイリングを挙げる。

赤みを帯びた輝きを放つクリスタルレッドパールの2007年式は、走行3.5万kmで998万円。保証付き

 新車当時は、一部クルマ好きから、スタイルとスペックが伴わないなどの批判的な声もあったが、今も昔もオロチに惚れ込んで購入する人ばかりなので、ユーザー満足度は高いようだ。

 光岡自動車で取り扱う中古のオロチは、1000万円前後と新車の価格に近い。また中古車市場全体としても、価格は高値安定傾向にあるようだ。

 一時、価格が落ちた時期もあったそうだが、時間の経過による状態のいい個体の減少も高値の要因のひとつではないかとのこと。

 オロチは、トヨタの大排気量エンジンとATを備えることから、扱いやすく、故障も少ない。そのため、日常的に愛用される人も多いそう。その反面、メンテナンスが行き届いていないものもみられるという。

 つまりオロチなら高いという訳ではないが、一方でコンディションのいいものならば、今後も値上がりしていくと見ているそうだ。

 積極的に買い取りを行う東京ショールームでも、オロチの入庫は1年に1台か2台だという。そこから、厳選したオロチのみを販売する。

 現在は2台が店頭に並ぶが、これはかなり珍しいケース。比較できる今が、まさに買い時といえるかもしれない。

オロチは限定車がたびたび生産されてきた。写真は2014年の生産終了時に限定5台で発売された特別仕様車「ファイナル オロチ」

 同店にいいものが集まるのは、専門店ならではの高価買い取りにあるという。「状態のいい光岡車なら、他所には価格で負けません」と藤谷店長も自信を見せる。

 オロチの維持費についても伺うと、特別に費用がかかることはなく、国産の3.3L車と変わらないそう。

 ただボディとシャシーが特殊なので、事故修理では費用がかさむ。車両保険への加入は、お薦めしたいとアドバイスしてくれた。またオーナー共通の声として、乗っているとよく話しかけられるという。

 そこは少量生産のオロチらしい楽しみといえそうだ。

■オロチよりレアモデルも!

 今、同店にはラ・セードの中古車も並ぶが、こちらは販売台数が少ないこともあり、オロチよりレア。状態がいいものはなかなか巡り合えないそう。まさに今がチャンスだ。

実はオロチよりも「激レア」なラ・セード。自然吸気仕様のシルビアがベース。ロングホイールベースの欧州クラシックカー風クーペだ。S15ベースの第2世代は、100台限定。在庫車は、2003年式の走行3.4万km。AT車で368万円。車検2年付き、かつ保証付き

 光岡車全体の市場評価も高まり、一般の買い取り価格やオークション落札価格もよくなっているそう。売る時の心配が少なくなっている。

 良質車を選びやすい環境が整ったのも、近年のオロチの再評価に繋がっていると感じた。

最新作のSUV「バディ」も絶好調で増産を決定。今から注文しても生産は、再来年になるという

【画像ギャラリー】手に入れられるのは今だけかも…!? ミツオカの話題のモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ