旧車ブームにも見放された? 値が上がっていない大穴珍車6選


 国産車の海外流出が止まらない! よく知られているのは、1980年~1990年代の国産スポーツカーは北米の25年ルールにより、クラシックカーと認定され関税や排ガス規制の対象となることで、どんどんと海を渡っていること。

 さらに現在はJDM(Japanese domestic market)というトレンドがあり、日本市場のみで販売されていた軽自動車をはじめとした車種が北米で人気。これは普通のセダンや軽トラックなども対象となっている。

 一方、スリランカなどではトヨタ プレミオ/アリオンが高級車として大人気。税金の安い1.5Lエンジンのリアワイパー装着車は引く手あまたと言われている。

 北米、アジア圏で人気の国産車だが、なかにはこのブームに見放されたクルマもある。そこでここではまだ相場が上がっていない大穴の珍車を紹介しよう。

文/萩原文博、写真/トヨタ、ホンダ、ダイハツ、スズキ

【画像ギャラリー】個性強すぎ! 中古車で狙い目のレアモデルはコレ!!


■大穴珍車1/bBオープンデッキ(2001年6月発売)

コンパクトカーのbBに荷台を採用しピックアップトラックとしたのが「bBオープンデッキ」

 まずは100万円以下でも購入できる中古車がある車種から。最初に取り上げるのはトヨタbBオープンデッキ。2000年に登場したハイトワゴンのトヨタbBに、リアに荷台を採用したピックアップトラックのbBオープンデッキが追加されたのは2001年6月。

 生産終了は2003年3月なので販売期間はわずか2年足らずという短命なモデルだった。開発主査はbB含め、86やスープラを手がけた多田哲哉氏であることは知る人ぞ知る事実である。

 ドアはセンタープラーレスで乗降性に優れた観音開きのドアを採用。また室内と荷台のオープンデッキが繋げられるデッキスルー機能を搭載し、利便性の高さも特徴だ。

 搭載するパワートレインは最高出力110psを発生する1.5L直列4気筒エンジン+4速ATの1種類で、駆動方式はFFのみというシンプルなグレード構成だ。

右側は通常の1枚ドアだが、左側は観音開きのドアを採用している

bBオープンデッキの中古車情報はこちら!

 現在bBオープンデッキの中古車の流通台数は約20台で価格帯は約38万~約169万円となっている。そして平均価格の推移を見てみると、3カ月前の2020年11月当時の平均価格約55万円で、現在は約67.8万円とジワジワと値上がり傾向となっている。

 これは走行距離1.3万km、販売価格169万円という奇跡の中古車の影響によるものだ。大半のbBオープンデッキの中古車は100万円以下で購入できるので、人と変わったクルマが欲しい! という人にピッタリ。

■大穴珍車2/ホンダ エレメント(2003年4月~2005年7月)

両側に観音開きのドアを採用し、デザインも個性的。遊び心を感じさせるモデルだった

 bBオープンデッキも観音開きドアを採用していたので、観音開きつながりでホンダエレメントを取り上げたい。2003年4月に登場したエレメントは、北米で生産され日本に輸入されていたモデル。

 こちらも国内での販売は2005年7月までとわずか2年3カ月という短命モデル。センターピラーレス構造と両側観音開きのサイドアクセスドアを採用したユニークな外観が特徴のSUV。

 テールゲートは二枚貝のように上下に分割するクラムシェル・テールゲートを採用。

 荷物の出し入れがしやすいだけでなく、ロアゲートには大人二人が腰掛けることも可能だ。インテリアは汚れたままの道具を気にせず積める水ぶき可能なワイパブルフロアをはじめ、防水シート表皮、撥水ルーフライニングを採用し、アクティブなライフスタイルをサポートする。

 搭載されたエンジンは、最高出力160psを発生する2.4L直列4気筒エンジンに4速ATが組み合わされる。駆動方式はフルタイム4WDだけで、以前カナダに旅行に行った際には、このエレメントをローダウンしたカスタムカーをたくさん目にした。

テールゲートも上下に開き、防水加工シートの採用などもあって、レジャーユースに最適

ホンダ エレメントの中古車情報はこちら!

 現在エレメントの中古車の流通台数は約52台で、中古車の価格帯は約38万~約170万円。高価格のクルマはカスタムカーだけでなく、ノーマル車も目立っている。中古車の平均価格の推移は、3カ月前の約85万円から現在は約94.6万円と値上がりしているが、年明けからはこの水準でほぼ横這いとなっている。

 スクエアで防水対策の施された室内空間はサーフボードをはじめ、アウトドア製品を積むのに優れている。アウトドアに出掛けることが多い人にオススメのクルマだ。

次ページは : ■大穴珍車3/スズキ X-90(1995年10月~1998年12月)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ