いっこうに下がらないベンツGクラスの中古車最新事情 狙い目はこの年式 このグレードだ!


 ゲレンデヴァーゲンことメルセデスベンツGクラスの人気が依然、沸騰中である。

 新車が高額なのは当然として、先代の中古車であっても高年式モデルの売価は軽く1000万円を超え、いざ売却するとなっても、値落ち幅は極端に小さい。

 また人気の限定車だと、「買った値段より高く売れてしまった!」というケースもあったりする。とにかく大人気であり、「大人気ゆえ高額である」ということなのだ。

 しかしGクラスというのは長い歴史を持つクルマであり、特に先代モデルは、デザインを大きくは変えないまま30年近く生産された。そのため末期型の1000万円オーバー物件も、300万円ぐらいから探せる初期型も「素人目にはほぼ見分けがつかない」というのも事実ではあろう。

 そもそも先代メルセデスベンツGクラスという車は年式によって、また中古車の価格帯に応じて何がどう違っているのか? 300万円ぐらいの(Gクラスとしては)格安な物件でも意外と満足できるのだろうか?

 そのあたりの情報を整理しつつ、極力わかりやすく解説していこう。

文/伊達軍曹、写真/メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】250万円から買える! 価格帯別今狙い目のGクラスの中古車は?


■メルセデスベンツGクラスの歴史を簡単解説

初代Gクラスは1979年にデビュー。軍用車のゲレンデヴァーゲンを民生用にアレンジして市販。強靭なオフロード性能で人気モデルとなった

 まずはメルセデスベンツGクラスの歴史をごく簡単におさらいする。

 オーストリアのシュタイア・プフという会社とメルセデスが共同開発したNATO軍向けの軍用車というのが、Gクラスの起源。

 そしてその民生版として1979年に発売されたのが初代Gクラス(W460)だ。

 Gクラスというか、当時は「ゲレンデヴァーゲン」という呼称だったわけだが、1990年のモデルチェンジで2代目、つまり「先代」に相当するW463型が登場したが、基本構造やデザインが大幅に変わったわけではなく、内外装が少々モダンな感じになり、4WD機構がフルタイム式になった程度ともいえる。

 そして1994年にはゲレンデヴァーゲンから「Gクラス」へと呼称が変わり、マイナーチェンジや年次改良を重ねながら2018年5月まで長らく販売。

 そして同年6月、型式名としては同じW463ながら構造やデザインはそこそこ異なる新型にフルモデルチェンジされた、というのが、メルセデスベンツGクラスの超ざっくりとしたヒストリーである。

現行モデルのGクラス。2018年に大幅改良され、メカニズムを一新した

■価格帯別に見た特徴を解説/中古車価格250万~399万円

1998年式G500

 そして今現在の中古車価格帯ごとの「特徴」は、おおむね下記のとおりとなっている。

【車両価格250万円~400万円】
■探せる年式:1990~2006年式
■走行距離:約7万~約33万km
■探せるグレード:G320ロングが中心だが、G500Lや500GEも
■コンディション:それなり

この価格帯のGクラスの中古車情報はこちら!

 決して激安ではないが、例えば筆者のようなド庶民でも「頑張ればなんとかなる」といったニュアンスなのがこのゾーン。

 こちらの価格帯で狙えるGクラスは、2002年式前後の「中期型」といわれる世代が一応中心だが、それ以前の年式も多いため「一概に年式で区切ることはできない」というのが現状ではある。

 中期型は、後期型のような「キラキラ感」のあるデザインではないが、内外装とも比較的モダンであるため、マニアはともかく一般人からは「立派で高いゲレンデヴァーゲン」に見られるかもしれない。

 しかし中古車としてのコンディションは「値段なり」である場合が多いゆえ、過剰な期待というか幻想を抱くべきではない。内外装や機関などに「それなりの使用感」が濃厚に漂っているケースがほとんどなのだ。

 選べるグレードはさまざまだが、中心となるのは3.2Lの自然吸気V6エンジンを搭載した「G320ロング」。こちらのエンジンはGクラスの巨体に対してはやや非力といえるため、決して「激遅」ではないのだが、そこそこのかったるさは感じてしまうグレードだ。

 5Lの自然吸気V8エンジンを搭載したG500Lや500GE(限定車)であれば「かったるさ」は感じないが、5L系の本来の相場はもう少し上なので、この価格帯で探せる5Lモデルは、そのコンディションを慎重に見極めたうえで購入しないと、ドツボにハマることもあるだろう。

次ページは : ■中古車価格400万~600万円