ホンダ ビート 今買わなければいつ買う? 8500回転まで回るNAエンジン車を狙い撃ち!

今買わなければいつ買う 8500回転まで回るNAエンジンが最高のホンダビートを狙い撃ち!

 1991年5月に誕生し、1996年12月まで販売されたホンダビート。現行モデル、S660につながる軽ミドシップ2シーターオープンカーだ。生産を終了してから23年以上が経ち、S660が登場してからも、多くの人に愛され続けており、熱冷めやらぬという状況が続いている。

 驚くべきことに、生産台数の約6割にあたる1万9759台(2016年末)が現存しているといわれる(通常のモデルでは量産終了から20年後の車両残存率は10%未満程度)。

 760kgと軽量で、パワーウェイトレシオは11.88kg/ps。トランスミッションは5速MTのみ、パワーステアリングは装備されないという、なんともストイックなクルマだった。こうした点がかえってビートの魅力としてヒットした。

 旧・軽自動車規格による狭い運転席に苦労して乗り込むとドライビングポジションの低さに驚く。そしてアクセルを踏み込むと8500rpmのレッドゾーンまで気持ちよく回るNAエンジンに感動! ちなみにビートの後継モデルともいえるS660はターボエンジンとなる。

 こうした魅力から、発売後30年近くが経過した今でも根強いファンが多くいる。ここで改めてホンダ ビートは今いくらで買えるのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。

文/伊達軍曹、写真/ホンダ

【画像ギャラリー】当時のホンダの本気度がひしひしと伝わってくるビートの画像はこちら!


■軽のミドシップオープン、ビートの魅力とは?

ミドシップのフルオープンモノコックボディを採用。軽自動車初の4輪ディスクブレーキも装備した

 「小気味よいクルマ」というのは世の中にたくさんある。だが「小気味よく走る、きわめて小さなクルマ」というのは希少であり、その希少なクルマのひとつが「ホンダビート」だ。

 ホンダビートは1991年から1996年まで販売された、専用設計のミドシップレイアウトを採用したピュアスポーツ。

 搭載エンジンは直列3気筒自然吸気のE07A型で、自然吸気の軽自動車用エンジンとしては唯一、自主規制値であった64psをマークしたユニット。しかもその最高出力は8100rpmというきわめて高い回転域で発生する。

 トランスミッションは5MTのみ。数を売ろうと考えたなら、「AT仕様」の追加は必須だったかもしれない。だが当時のホンダはあえてそこに背を向け、ビートというクルマに「本格スポーツ」の道を歩ませたのだ。

オープン走行時に後方から聞こえてくるエンジンサウンドが気持ちよかった

 さらにビートのエンジンには、当時のホンダのF1テクノロジーも注入された。

 世界初のミドシップ・フルオープン・モノコックボディの軽自動車として、ターボチャージャーなどの過給器に頼ることなく、ナチュラルで鋭いレスポンスを実現させたい。そしてコンパクトスポーツとしての魅力を損なわないよう、エンジンのサイズ自体を小型かつ軽量なものとしたい。

 そういった課題を解決するために選択されたのが、ホンダのF1テクノロジーを応用したハイレスポンス・エンジンコントロールシステム「MTREC(Multi Throttle Responsive Engine Control system)」を、軽自動車のエンジンに組み込むという大胆な策だった。

 またこのほかにもさまざまなマニアック系技術がふんだんに投入されたことで、ホンダ ビートの「伝説の超高回転型自然吸気エンジン」は完成したのだ。

 その後、残念ながら1996年には生産終了となったホンダビートだが、一部の専門店がマニアックなレストア(補修)とメンテナンスを行っているビートの中古車は今、おいくら万円でどのようなモノが買えるのだろうか?

次ページは : ■現在の中古車流通台数は約150台

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ