来年でランエボX発売から15年!! 最終モデルの中古は買い時になったか?


  「最後のランエボ」となった三菱 ランサーエボリューションXも、来年秋で早くも発売から丸15年を迎える。そして今現在も、「最後の最後のランエボ」であったファイナルエディションの発売からすでに丸6年が経過している。

 となれば、気になるにはその中古車についてだ。

 特別限定車であったファイナルエディションの新車価格は429万8400円だったわけだが、カタログモデルを含むランエボX全体の中古車相場は今どのぐらいで、どのようなコンディションの個体が流通しているのだろうか?

 いろいろと調査してみることにしよう。

文/伊達軍曹  写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】モータースポーツ界に数多くの功績を残した三菱の至宝 ランサーエボリューションXの秘蔵写真を見る


■ランエボX登場からファイナルエディションまでの進化

2007年10月発売、歴代最後のランエボとなったランサーエボリューションX
従来のエンジンである4G63型に代わって新たにアルミブロック製2Lターボの4B11型が搭載された。2008年10月のマイナーチェンジで最高出力が280psから300psにアップ

 まずは、三菱 ランサーエボリューションXというクルマについてのおさらいから。

 「10代目のランエボ」である三菱 ランサーエボリューションXが発売されたのは2007年10月。

 搭載エンジンは、それまでの鋳鉄ブロック製「4G63」からアルミブロックの「4B11」2Lターボ(280ps/43.0kgm)に刷新され、トランスミッションは5MTのほかにツインクラッチの2ペダルMT「SST」も採用。また4輪のトルクコントロールも、エボIXまでのそれ以上にきめ細かな制御となった。

 2008年10月のマイナーチェンジで「GSR」「RS」の高回転域でのエンジン出力が向上するとともに、GSRの内外装や足まわりなどに手を加えたプレミアムグレード「GSR-Premium」を新設定。

 2009年10月にはボディサイドのエアダムを大型化するなどの一部改良を行い、2010年10月にも点火系などの一部改良を実施。そして2011年10月にはインテリアの質感をアップさせる改良を行った。

 さらに2012年10月にはメーカーオプションナビが新型に変更されたが、その翌々年である2014年にはAT(SST)車の生産を終了。そして2015年4月、最後の限定車である「三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション」が1000台限定で発売された。

 ファイナルエディションは「GSR」の5MT車をベースに、プレミアム感を高めた内外装や最高出力を向上させたエンジン、より高性能なサスペンションおよびブレーキなどが搭載された最終限定車だった。

■中古車相場はじわじわと上昇中

 さて、そんな三菱 ランサーエボリューションの中古車は今、どんな状況になっているのか?

 まず全体の流通量は、大手中古車情報サイトによれば全国で約180台。5MT車とAT(SST)車の割合は、MTが約37%でATが約63%だ。

 中古車価格は、底値が約120万円で最高値が約700万円といったところ。ちなみに底値圏の個体は走行10万kmを大きく超えているAT車である場合がほとんどで、最高値圏の個体は走行数千kmか1万km台のMT車がその大半となる。

 こういった両極端な中古車ではなく「ちょうどいい感じのモノ」は、おおむね280万円から380万円ぐらいまでのゾーンに集中している走行5万km前後の物件。そのトランスミッションは、全体の比率と同じでAT(SST)車が多めではあるが、5MT車もまずまずの数が流通している。

 仮に「2010年式のGSR エボリューションX/5MT/車両価格350万円/走行6.0万km」という物件を「ちょうどいい感じのモノ(代表的な1台)」とするならば、新車時価格からわずか8%ほどしか値落ちしていないという計算になる。

 またここ1年ほどの相場は、専門店にヒアリングしたところによれば「急激に上がっているというほどではないが、じわじわ上がっている」という状況とのことだ。

次ページは : ■ランエボXの主要グレードと装備

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ