ヴェル/エス年内一杯!? 100万台突破でスペーシア勢い止まらず!! ほか国内メーカー最新情報


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回はN-BOXの背中が見えてきた!? 破竹の勢いを見せるスズキ スペーシアの話題から。

 ほか、ヴェルファイア&エスクァイアいよいよ!? ノート含め日産車苦戦中…!!? などなど、注目車の情報盛り沢山でお届けします。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/NISSAN、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】プロパイロットOPで+44万はキツい…!!? 日産 新型ノートをギャラリーで見る


■祝・100万台突破!!! スズキ スペーシアが絶好調でN-BOXの背後に迫る!!!!

 スズキのスーパーハイトワゴン軽のスペーシアが快走しています。

 軽自動車における今年1~2月累計の銘柄別ランキングは1位ホンダ N-BOX、2位スズキ スペーシア、3位ダイハツ タント、4位日産 ルークスとなっています。

 ベスト3の同期間での販売(届出台数)累計と前年同期比はN-BOX 3万4960台(8.1%減)、スペーシア 2万8317台(7.4%増)、タント 2万5668台(4.3%減)と、スペーシアだけがプラスとなっています(ルークスは2020年3月登場)。

 N-BOXとタントはともに2020年12月にマイナーチェンジして商品ラインナップを強化しましたが、両モデルともプラスに転じることができていません。それに対しスペーシアは2020年8月、ひと足先にマイナーチェンジしたことでプラスに転じています。

 スペーシアのみが好調なのは2019年12月にSUVテイストの「スペーシアギア」を追加し、スペーシアカスタム、スペーシア標準と合わせて3シリーズ構成とし、全シリーズにマイルドハイブリッドを搭載したのが寄与しています。

 3シリーズの受注構成比は現在カスタム40%、標準とギアが30%ずつでともに堅調な販売推移となっています。1~3月の決算セールでは1.8%の超低金利残価設定クレジット(かえるプラン)を設定し、これを利用すると10万円相当のサービスパックが付いてくるのもプラス要因です。

 これによってトップセラーのN-BOXを着実に追い上げており、どこまで迫れるか注目されます。

軽3強唯一のプラスとなったスペーシア。ひょっとしてひょっとする!!?

■ダイハツ、今年末にもタントにハイブリッド車を設定か

 ダイハツは今年末にもタントをビッグマイナーチェンジし、EV走行可能なストロングハイブリッド車を設定する方針のようです。

 軽自動車ではスズキ、日産&三菱がマイルドハイブリッドを実用化していますが、ストロング方式は現状存在せず、搭載されれば最高レベルの燃費性能となるでしょう。

 ストロングハイブリッドは技術的には各社とも実用化が可能なレベルにあるようですが、軽自動車ではコストアップへの対応がとても難しい状況です。

 2モーターやリチウムイオンバッテリーの組み合わせだとガソリンNA車に比べて50万円以上も高くなり、販売増が期待できない可能性があります。

 このため当初は1モーターでコスト高を抑える工夫をするものと思われます。

 トヨタからの技術導入とダイハツ独自開発の両方で実用化を目指しており、最終的にどちらを選んでいるかはまだ明らかになっていません。

打倒ライバルを標榜するタントの秘密兵器がストロングハイブリッドだが、価格面の調整が急務

次ページは : ■ヴェルファイア、エスクァイアは年内で生産中止へ!?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ