ホンダ系カスタマイズ&チューニングブランド モデューロと無限の中古車で狙う!


 ホンダのワークス系チューニングブランドといえば、モデューロXとM-TEC(無限)がある。いずれもこれまで本格的なコンプリートカーを数多くリリースしてきた。

 最近ではS660のモデューロXが即完売、そしてフィットのe:HEVモデューロXを6月4日に発売するなど、存在感が増している。

 そこで、今回は過去にリリースされたモデューロXと無限のコンプリートカーは今中古車市場でどうなっているのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ホンダ ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】中古で狙いたい! モデューロや無限が手掛けたコンプリートカーを見る


ホンダの本格派コンプリートカーが存在感が増している

2021年3月12日に発表されたS660最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」。わずか3週間弱で1年分の受注枠がすべて埋まり、完売した

 2021年3月12日に、2022年3月をもって生産終了を宣言したホンダS660。そのファイナルモデルとして設定されたのが、コンプリートモデルのモデューロX バージョンZだ。しかしながらこのモデルは販売開始と同時に完売となってしまった。

 さらに4月の社長就任会見で、「2040年にグローバルでEV、FCVの販売割合で100%を目指す」という言葉をきっかけに、S660をはじめ、ホンダのスポーツモデルの中古車は軒並み値上がり傾向に転じ、S660は直近1カ月で中古車の平均価格が約40万円アップという暴騰状態となっている。

 モデューロXに限らず、国産自動車メーカーのワークス系ブランドが手がけて、限定発売するコンプリートカーは人気が高い。

 なぜ、それほどまで人気になるのかというと、やはり、サーキットで培ったテクノロジーがフィードバックされていることが挙げられる。

 空力性能を向上するエアロパーツをはじめ、ボディ補強やサスペンションなどのシャシー性能の向上やエンジンの出力向上、そして専用設計されたタイヤなどアフターパーツメーカーではなかなかマネのできないメニューが並ぶからだ。そのうえ、大量生産ができないため限定販売となり、人気が過熱してしまうのである。

ホンダアクセスが開発するモデューロ

2021年6月4日に発売されたフィットe:HEVモデューロX。価格は286万6600円

 そこで、今回はS660の値上がりで存在感を見せたホンダのワークス系ブランド、モデューロと無限にフォーカスを当てて、これまで手がけてきた中古車の現状を紹介していきたい。

 まずはモデューロとは、ボルトガル語でスタイルを意味する言葉で、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが開発したパーツのブランド名だ。

 ホンダアクセスは本田技研工場株式会社の100%出資子会社で、エアロパーツやサスペンションなどの機能性パーツをはじめ、「ギャザス」というブランド名で販売しているナビゲーションやオーディオ、フロアマットやHonda Dogシリーズというネーミングでペット用品そして、カーケアグッズなどカーライフを豊かにするための様々なパーツを販売している。

 そのなかで、コンプリートカーのモデューロXの外観パーツは走行テストや風洞テストを繰り返し、高速道路での走行安定性向上を目指し開発。そしてスポーティな操作性としなやかな乗り心地の両立を実現したサスペンション。

 そして、上質なインテリア空間を演出するパーツなどを装着したコンプリートモデルでストリートユースをメインとしている。しかも、これらのパーツは標準モデルと同じ生産ラインで装着できることが特徴となっている。

次ページは : M-TECが手掛けるブランドの無限

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ