安くても安く見えない代表車 100万円以下のMINI 中古相場と買い得モデル完全ガイド

安くても安く見えない代表車 100万円以下のMINI 中古相場と買い得モデル完全ガイド

 MINIというと、1959年に登場し2000年まで販売された、いわゆる「クラシックミニ」。そして2002年に導入された、通称BMW MINIに大きくわけることができる。

 BMW MINIの新車販売台数は2002年の導入開始時の1万24台からコロナ禍の2020年は2万196台と倍増している。

 また、輸入車ブランドのモデル別新車登録台数では、2016年から第1位となるなど抜群の人気を誇っているのである。そこで、ここでは輸入車の中でも抜群の人気を誇るMINIの100万円以下で手に入る中古車からオススメのモデルを紹介しよう。

文/萩原文博
写真/BMW MINI

【画像ギャラリー】3ドアからオープン、クロスオーバーまで!! 予算100万円で買えるMINIのおすすめモデル


■100万円以下で買えるミニの中古車

BMWは2021年5月25日、MINIの3ドア/5ドアとコンバーチブルをマイナーチェンジ。従来のメッキ加飾からピアノブラック加飾を中心としたフロントデザインに変更しモダンさを強調した
マイナーチェンジ後のMINIクーパー3ドア。新車価格は329万円。全長3865mm×全幅1725mm×全高1430mm、ホイールベース2495mm
次世代のMINIを象徴するユニオンジャック柄のリアランプ

 現在MINIが展開している車種ラインアップはスタンダードな3ドア/5ドアハッチバックMINIをはじめ、リアの観音開きのバックドアが特徴のクラブマン、電動開閉式のソフトトップを採用したコンバーチブル。そして、クロスオーバーSUVのクロスオーバーの4タイプとなっている。

 しかし、中古車ではモデルラインアップはさらにMINIクーペ、MINIロードスター、ペースマンが加わり7タイプとなるのだ。

 5ドアMINI、MINIクーペ、MINIロードスター、ペースマンはひと世代しか存在しないが、3ドアのMINIは3世代、クラブマン、コンバーチブル、クロスオーバーは各2世代存在し、BMW MINIの中古車は約5315台も流通している。

 そのうち、100万円以下で購入できる中古車は約1550台もある。

 残念ながら、2012年に導入されたミニロードスターと2017年に登場した現行型のクロスオーバーは100万円以下の中古車は流通していないが、それ以外のモデルでは100万円以下の中古車が手に入るようになっているのだ。それでは、100万円以下で購入できるMINIの中古車の各モデルを紹介する。

■MINIの顔ともいえる3ドア/5ドアハッチバック

現行型の3代目MINIは3ドアハッチバックが2014年4月、5ドアが同年10月に登場。搭載エンジンはONEが1.2L 直3ターボ、クーパーが1.5L 直3ターボ、クーパーSが2L 直4ターボ

3代目MINI(2014年~)の中古車情報はこちら!

 まずはスタンダードなハッチバックMINIから。

 2014年に登場した3代目となる現行モデルは3ドアの加えて、利便性を高めた5ドアを追加したMINI。初代モデルは2002年〜2007年。そして2007年〜2014年まで2代目となる旧型モデルが販売された。100万円以下で購入できるハッチバックMINIの中古車は約1010台と圧倒的な流通台数を誇る。初代モデルが約381台。旧型モデル約613台。そして現行モデルも約19台流通している。

 現行型MINIのうち、11台が3ドアそして8台が5ドア車となっている。

 グレードは1.2L直3ターボエンジンを搭載した「ONE」が最も多いが、クーパーやパワフルな2L直4ターボエンジンを搭載したクーパーSも選べる。

 残念ながら、ディーゼル車はまだ流通していない。

現在流通するMINIの中古車なかで多数を占める2代目MINI(2007年~2014年)。BMWと仏PSAグループが共同開発したクーパーの1.6L 直4エンジンは最高出力120psを発生する

2代目MINI(2007年~2014年)の中古車情報はこちら!

 ハッチバックMINIの中古車で中心となるのが、2007年〜2014年に販売された2代目の旧型モデルだ。中古車の流通台数も約610台とBMW MINIの中古車の中で断トツの台数となっている。

 2代目のハッチバックMINIは2007年に登場。従来モデルより全長は長くなっているものの、外観上はほとんどわからない。

 搭載されているエンジンはBMWグループが新開発した1.6L直4自然吸気エンジンをクーパーに搭載。最上級モデルのクーパーSには最高出力175psを発生する1.6L直4ターボエンジンを採用している。

 また、遅れて登場したエントリーグレードの「ONE」には1.4L直4自然吸気エンジンを搭載している。

 2代目MINIのグレード構成を見ると、特別仕様車を含んだクーパー系が半数以上を占め、次いで、クーパーS系。そしてエントリーグレードのONEとなっている。

 また、すでに50万円以下に価格帯を絞っても2代目MINは約213台もヒットする。

 流通台数の豊富さと価格面で最も魅力があるのは2代目MINIクーパーと言える。しかし新車時価格では差があるクーパーとクーパーSだが、中古車になると価格差が縮まるのが特徴。ターボエンジン搭載なので、前オーナーもメンテナンス歴が気になるところだが、しっかりと履歴が確認できるのであれば、クーパーSも選択肢にいれたい。

 また100万円以下の中古車が約380台流通している初代モデルだが、2代目との価格差が縮まっていることもあり、あえて古い年式のモデルを狙う必要はないと言える。

次ページは : ■観音開きドアがトレードマークのクラブマン

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ