100万円以下のMINI 中古相場と買い得モデル完全ガイド

100万円以下のMINI 中古相場と買い得モデル完全ガイド

 MINIというと、1959年に登場し2000年まで販売された、いわゆる「クラシックミニ」。そして2002年に導入された、通称BMW MINIに大きくわけることができる。

 BMW MINIの新車販売台数は2002年の導入開始時の1万24台からコロナ禍の2020年は2万196台と倍増している。

 また、輸入車ブランドのモデル別新車登録台数では、2016年から第1位となるなど抜群の人気を誇っているのである。そこで、ここでは輸入車の中でも抜群の人気を誇るMINIの100万円以下で手に入る中古車からオススメのモデルを紹介しよう。

文/萩原文博
写真/BMW MINI

【画像ギャラリー】3ドアからオープン、クロスオーバーまで!! 予算100万円で買えるMINIのおすすめモデル


■100万円以下で買えるミニの中古車

BMWは2021年5月25日、MINIの3ドア/5ドアとコンバーチブルをマイナーチェンジ。従来のメッキ加飾からピアノブラック加飾を中心としたフロントデザインに変更しモダンさを強調した
BMWは2021年5月25日、MINIの3ドア/5ドアとコンバーチブルをマイナーチェンジ。従来のメッキ加飾からピアノブラック加飾を中心としたフロントデザインに変更しモダンさを強調した
マイナーチェンジ後のMINIクーパー3ドア。新車価格は329万円。全長3865mm×全幅1725mm×全高1430mm、ホイールベース2495mm
マイナーチェンジ後のMINIクーパー3ドア。新車価格は329万円。全長3865mm×全幅1725mm×全高1430mm、ホイールベース2495mm
次世代のMINIを象徴するユニオンジャック柄のリアランプ
次世代のMINIを象徴するユニオンジャック柄のリアランプ

 現在MINIが展開している車種ラインアップはスタンダードな3ドア/5ドアハッチバックMINIをはじめ、リアの観音開きのバックドアが特徴のクラブマン、電動開閉式のソフトトップを採用したコンバーチブル。そして、クロスオーバーSUVのクロスオーバーの4タイプとなっている。

 しかし、中古車ではモデルラインアップはさらにMINIクーペ、MINIロードスター、ペースマンが加わり7タイプとなるのだ。

 5ドアMINI、MINIクーペ、MINIロードスター、ペースマンはひと世代しか存在しないが、3ドアのMINIは3世代、クラブマン、コンバーチブル、クロスオーバーは各2世代存在し、BMW MINIの中古車は約5315台も流通している。

 そのうち、100万円以下で購入できる中古車は約1550台もある。

 残念ながら、2012年に導入されたミニロードスターと2017年に登場した現行型のクロスオーバーは100万円以下の中古車は流通していないが、それ以外のモデルでは100万円以下の中古車が手に入るようになっているのだ。それでは、100万円以下で購入できるMINIの中古車の各モデルを紹介する。

次ページは : ■MINIの顔ともいえる3ドア/5ドアハッチバック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ