軽自動車に白ナンバーをつけられる最後のチャンス? オリパラ特別ナンバーの交付締め切りは9月末! この後どうなる?

軽自動車に白ナンバーをつけられる最後のチャンス? オリパラ特別ナンバーの交付締め切りは9月末! この後どうなる?

 オリンピックが無事に終了した後、パラリンピックが8月24日から始まりました。オリンピック・パラリンピックを盛り上げるために導入された、フルカラー特別仕様のナンバープレートを付けたクルマを見る機会も増えました。

 軽自動車でも登録車同様の白地のナンバープレートがつけられるオリパラ特別仕様ナンバーの交付締め切りは、2021年9月30日までと迫ってきています。

 そこで気になるのは、これを機会に軽自動車の黄色いナンバープレートは白くならないのか、ということです。今回の軽の白ナンバープレート配布でなにか問題はなかったのか? 

 軽の白ナンバープレートに交換する弊害や壁はどのようなものがあるのか? また白ナンバーに変える機会は、軽自動車撤廃の布石にならないのかなど、国土交通省に聞いてみました。

文/柳川洋
写真/ベストカーweb編集部、国土交通省

【画像ギャラリー】交付期限9月末まで!! オリンピック・パラリンピック限定の特別仕様ナンバープレートをみる


■「軽のナンバーは黄色」という常識を覆したオリパラ特別ナンバーは軽自動車ユーザーから大人気!

ご存じ軽自動車の黄色いナンバープレート。この黄色いナンバープレートを嫌がる人は多いのか?

 2017年10月10日から交付が始まった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート。実はオリンピックが終わりパラリンピックが始まった今でもまだ交付を受けることができる。新車登録時に希望して取り付けるだけでなく、既存のクルマのナンバープレートを変更して取り付けることも可能。

 地域によって異なるが、自家用登録自動車で7300円~9500円、軽自動車で7330円~9500円の交付手数料に加え、1000円以上の寄付金を払うとフルカラーの図柄とオリンピック・パラリンピックエンブレム入りナンバープレートが、寄付しないとモノトーンのオリンピック・パラリンピックエンブレムだけが付いたナンバープレートが交付される。

最近よく見かけるようになったオリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバーだが、軽自動車と普通自動車が同一色・同一デザイン(出典:国土交通省)
最近よく見かけるようになったオリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバーだが、軽自動車と普通自動車が同一色・同一デザイン(出典:国土交通省)

 ここで注目したいのは、寄付金ありでもなしでも、通常黄色の軽自動車のナンバープレートが、自家用登録自動車(いわゆる普通自動車)と同じデザインであるということだ。「軽自動車=黄色のナンバー」というこれまでの常識が覆されることになった。

 図柄がないエンブレム付き軽自動車向けナンバープレートだと、白地に緑字で普通自動車の通常のナンバープレートとぱっと見ほぼ区別がつかない。やや古いデータだが、昨年2月末時点ではこの普通自動車と区別のつかないものを選んだ軽自動車ユーザーの割合は92%を超える。

 逆に言うと寄付して図柄入りにした軽自動車ユーザーは全体の8%に満たない。それだけ軽自動車の「白ナンバー化」のニーズが強いということが分かる。

 国土交通省によると、2021年7月末時点でのオリパラ特別仕様ナンバープレートの申し込み枚数は276万4990枚。なんとそのうちの255万3258枚、率にして92.3%が軽自動車向けのナンバープレートだという。圧倒的な人気だ。

 登録自動車向けの12倍もの枚数が、軽自動車ユーザーから申し込まれたことになる。軽自動車保有台数は約3100万台なので、およそ12台に1台の軽自動車がオリパラ特別仕様ナンバーをつけていることになる。

 国土交通省ではなぜこれほど圧倒的に軽自動車ユーザーからオリパラ特別仕様ナンバープレートが人気だったのか、理由を調べる正式な調査は現時点では行っていないとしながらも、やはり「普通自動車と同じ色のナンバーを付けたい」という軽自動車ユーザーからの強いニーズがあったと聞いている、ということだった。やっぱり「黄色のナンバーはダサい」と思っていた軽ユーザーは多くいたということになる。

■なぜオリパラ特別仕様では軽自動車も白地のナンバープレートだったのか

 実はアジア初のラグビーワールドカップの日本での開催を記念して、2017年4月から2019年11月末まで、ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートも交付されていた。実はその際も、軽自動車向けナンバープレートは、普通自動車向けと変わらない白地のものだった。

ラグビーワールドカップ特別仕様の軽自動車向けナンバープレートも白地で、寄付金なしだと普通自動車と見分けがつかない(出典:国土交通省)
ラグビーワールドカップ特別仕様の軽自動車向けナンバープレートも白地で、寄付金なしだと普通自動車と見分けがつかない(出典:国土交通省)

 なぜオリパラ特別仕様ナンバープレートでも、軽自動車向けのナンバープレートを普通自動車と同じ色・デザインにしたのか、国土交通省の担当者にうかがった。

 「白地にすることでデザイン性を確保し、シートをナンバープレートに貼って作っている当時の技術面の制約からそうなったもので、意図して軽自動車の黄色ナンバーを白くしたものではない。ラグビーワールドカップやオリパラの特別仕様のナンバープレートは、期間限定の交付なので例外的に軽自動車と普通自動車で同一色、同一デザインとなった」との答えが返ってきた。

 この軽自動車・普通自動車のナンバープレートの統一デザイン化にあたっては、国土交通省と警察庁との協議のうえ、「そもそも登録番号で軽自動車と登録自動車が識別できること、防犯カメラなどでの映り具合でも識別に支障がないこと」を確認した上で導入されたという。

 つまり、分類番号(「品川599」などと書かれた3桁の数字の部分)の下2桁を見れば軽自動車だと識別できるため、普通乗用車と同一の色・デザインでも問題ないとされた。そして実際にこれまでのところ、事件・事故で「ナンバーが黄色でなかったせいで視認性含め何らかの問題があった」との話は国土交通省には入ってきていないという。

 ちなみに筆者はナンバープレートの色以外で軽自動車を識別する、この分類番号による識別方法をお恥ずかしながら知らなかった。3桁の分類番号の数字の下2桁が80~99であれば軽自動車だということだ。

 個人的には、中央高速のようなアップダウンがきつい高速道路で走行車線から追越車線に車線変更しようとしている前方のクルマが、上り坂でスムースに走行車線と追越車線の速度差を埋めることができないかもしれないパワーに劣る軽自動車なのかそうでないのかをナンバーの色から直感的に把握できない、というのは事故を誘発するリスクもあるのではないかと思う。

次ページは : ■将来軽自動車のナンバーは白地になるのか?