案外お買い得…? 安くて超エコ!! プラグインHV車を狙うならこの3台

案外お買い得…? 安くて超エコ!! プラグインHV車を狙うならこの3台

 国産車でプラグインハイブリッド車(PHV)を普及させた三菱アウトランダーがフルモデルチェンジを行った。また、レクサスブランド初のPHVがNXに設定されるなどPHVの注目度が高まっている。

 エネルギーの地産地消が行えるPHVは、ドライバーの乗り方一つで航続走行距離を延ばすことができるスグレモノだ。

 そんなPHVだが、新車価格ではハイブリッド車よりも高価でなかなか手が出せない。そこでここでは、割安な価格となっている国産PHVを紹介する。

文/萩原文博、写真/三菱自動車、萩原文博

【画像ギャラリー】中古車で割安な国産PHV3モデルの詳細を画像で紹介(23枚)画像ギャラリー

ディーラー車でもリーズナブルな価格が魅力の現行型プリウスPHV

現行型プリウスPHVのフロントスタイル
現行型プリウスPHVのフロントスタイル

 まず紹介するのは、国産PHVの中古車で最も流通台数が多い現行型トヨタプリウスPHV。2代目となる現行モデルは2017年2月に販売開始している。

 プリウスPHVは先代モデルにもラインアップされているが、現行モデルでは大容量のリチウムイオンバッテリーの搭載やPHVシステムの効率化により、EV走行距離を68.2km/Lへと大幅に拡大。またEV走行最高速度も時速135km/hとモーターのみで走行できる領域を拡大しているのが特徴だ。

 充電時間はAC100V/6Aの配線工事不要の普通充電で満充電まで約14時間。200V/16Aでは約2時間20分で満充電となる。また急速充電にも対応し、約20分で満重電量の約80%まで充電可能だ。

 また、PHVの特徴である外部給電機能は、今回追加した「EV給電モード」を選択すると、エンジンをかけずに家電が利用可能。さらにエンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1,500Wの出力でガソリン満タン状態から2日程度の電力を供給可能となっている。

 安全装備も衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。またDCMと呼ばれる専用通信機と11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステムはSグレードを除き標準装備。ユーザーの安心・安全・便利なカーライフをサポートする多彩なコネクティッドサービス「T-Connect DCMパッケージ」を提供している。

 デビュー当初の乗車定員は4人乗りだったが、2019年5月の一部改良で、リアシートが改良され5人乗りとなっている。また全モデルに家庭用電気機器が使用可能な1500Wアクセサリコンセントが標準装備されている。

 グレード構成はエントリーグレードのSとA、Aプレミアムの3種類でSにはセーフティパッケージ。そしてGR-SPORTが用意されている。現行型プリウスPHVの車両本体価格はSの338万3000円~Aプレミアムの401万円。

 現在、現行型プリウスPHVの中古車は約450台流通していて、平均価格は約259.5万円。中古車の価格帯は約161.8万~約440万円。200万円以下の中古車が約24台流通している。その200万円以下の中古車でもディーラー系販売店が取り扱っているクルマが多い。

 約450台流通している中古車のうち、約380台が2019年5月の一部改良前のモデル。したがって乗車定員は4人乗りとなる。5人乗りとなった一部改良後のモデルは約70台なので、見つけるのは現状難しいかもしれない。

 現行型プリウスPHVの中古車のグレード構成は1.8Aが最も多く約135台。続いて最上級グレードの1.8Aプレミアムの約63台。そして1.8Sナビパッケージの約57台となっている。

 最も多い1.8Aの価格帯は約180万~約365万円。1.8Sナビパッケージの価格帯が約176万~約322万円なので、グレードによる価格差は縮まっているので上級グレードを積極的に狙いたい。

 また、先代プリウスPHVの中古車は約71台流通していて、価格帯は約45万~約145万円となっている。EV走行距離は約26.4km/Lで普通充電のみに対応している。街乗り中心という人にはリーズナブルなこちらがオススメ。

次ページは : アウトランダーPHEVは2.4Lエンジン車は少なめ。狙いは2015年式以降だ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ