実力の割に人気薄? “先駆者”アウトランダーPHEVはなぜ伸び悩むのか

 PHEVの先駆者ながら国内での販売は苦戦気味!? アウトランダーPHEVが「実力の割に苦戦する」理由とは?

 2020年6月に発売されたトヨタのRAV4 PHV(プラグインハイブリッド)は、一時的にオーダーストップが発生するほどの人気を集めたが、その“先輩”ともいえるのが7年前の2013年に登場した三菱のアウトランダーPHEV。

 当初からその革新性や実力は高く評価されていたものの、販売面では伸び悩み、実力ほどの人気を得られているとは言い難い。

 なぜアウトランダーPHEVは、実力と人気が釣り合わない“もったいない存在”になっているのか?

文:国沢光宏/写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】エコカー アウトランダーPHEVの写真はこちら!


■実は世界で売れている!? アウトランダーPHEVの価値

ロシアを含む欧州地域での人気が高い「アウトランダーPHEV」。その魅力はエコカーとしての資質の高さである

 2019年&今年前半、世界で最も売れたPHVといえばBMW 530eながら、2位はアウトランダーPHEVである。

 なかでもロシアを含む欧州地域での人気が高く、総販売台数20万台を超えてます。日本市場でも発売当初こそ発煙問題でつまづいたけれど、電動化車両として考えたら順調に売れていたと思う。かくいう私も購入しましたから。

 アウトランダーPHEVの魅力はエコカーとしての資質の高さにある。欧州メーカーのPHVを見ると基本的にハイパワーモデルとして企画されたもの。

 例えば昨年最も売れたBMW 530eの場合、523iに搭載される2Lターボ184馬力のエンジンに、113馬力のモーターを組み合わせ523iよりワンランク上の252馬力を発生。

 それでいて燃費は523iより圧倒的に優れているという「速さと燃費の両立を狙った存在」なのだった。欧州メーカーのPHVは、すべてハイパワーモデルという位置づけといってよかろう。

一方、アウトランダーPHEVのコンセプトを見ると、ひたすら二酸化炭素の排出量を削減する、というもの。純粋に効率を追求しているのだった。

 実際、私が所有している時は、40kmくらいまでの移動なら電気のみ。その時の電気料料金およそ110円。同じ距離をエンジンで走ると(電気なくなると燃費の良いハイブリッド車になる)約400円。電池搭載量が増えた後期型だと電気だけで50kmくらい走れてしまう。20kmくらいの通勤ならガソリン補給しなくてもいいほど。

■コストパフォーマンスも抜群ながら日本では低迷

リーズナブルな価格設定も魅力の一つ! 電気自動車として使っていればエネルギーコストがハイブリッド車の4分の1で済むのも素晴らしい

 しかもリーズナブルな価格設定である。394万円スタートで20万円の補助金も付くため実質的に374万円。同じクラスのホンダ CR-Vハイブリッドの4WDは415万円からになる。さらに、電気自動車として使っていればエネルギーコストがハイブリッド車の4分の1で済む。文句の付け所がないほどバランスの良いPHVだと今でも思う。

 けれど今年に入り世界的に販売台数が減り始めてしまった。なかでも厳しいのは日本市場。2020年7月までの平均月販を見ると260台(編注:ガソリン車除く)と低迷している。

 新鋭のRAV4 PHVが発売早々に作りきれない台数の受注を抱えてしまいオーダーストップとなったことを考えたら厳しい。どうしてアウトランダーPHEVの販売台数は伸びないのだろう。

■なぜアウトランダーPHEVの販売は伸び悩むのか

エンジンからモーターから電池まで一新され実質的なフルモデルチェンジをしたアウトランダーPHEV。だが外観がそのままで「新しいクルマ」感が弱い印象だ

 アウトランダーPHEVのユーザーだった私で考えてみたい。まず「なぜ新しいアウトランダーPHEVに乗り換えなかったのか」という点です。

 実はエンジンが2400ccになったタイミングで真剣に乗り換えを考えた。外観こそ変化なかったものの、エンジンからモーターから電池まで一新され実質的なフルモデルチェンジをしたからだ。

 けれど外観がそのまんま。2013年の発表から7年間経っており、話題性という点で弱い。私の仕事は「新しいクルマ」に乗ることです。

 もちろん外観に魅力を感じるのなら問題なし! 私の読者で最近アウトランダーPHEVを購入した人がおり、大いに満足しているという。街中を電気自動車モードで走っていると静かで滑らか。後期型になり乗り心地も改善されているため、本当に快適だ。

 実際、良いクルマならモデル末期でも販売台数落ちないケースは珍しくない。アウトランダーPHEVの売れ行きが落ちた最大の理由を挙げるなら、やはり三菱自動車というブランドイメージの低迷なのだと思う。

リーマンショック以後、三菱自動車は自粛に次ぐ自粛。ずっとお通夜のような暗い雰囲気を続けてきている。

 考えていただきたい。クルマを買う時は誰だってワクワクします。買うなら元気のあるブランドにすることだろう。暗い雰囲気の三菱自動車を選ぼうと言う人は少ないと思う。

 しかも宣伝だってしていない。アウトランダーPHEVが自動車専門誌に登場する機会はほぼなし。ライバル車やクルマ選びの企画対象車としても登場してこないのだから深刻です。

■モデル末期でもアウトランダーPHEVはやり方次第でまだまだ魅力的

三菱自動車の得意分野を生かしたモデルが出るのを期待したい

 よく「好きの反対は?」という話になる。答えは「嫌い」じゃなく「無視」。アウトランダーPHEVに限らず三菱自動車全体が、クルマ業界から無視されてきたのかもしれません。

 RAV4 PHVが登場した時くらいアウトランダーPHEVを比較車として使うかと思っていたら、それもなし。このままフェイドアウトしていくんだろうか?

 かつてアウトランダーPHEVのオーナーだった私からすれば、次期型車のイメージアップのためにも、最後にもう一頑張りして欲しいと思う。

 かつての三菱自動車が得意としていたお買い得の特別仕様車などどうだろう? ナビや自動ブレーキなどフル装備して360万円くらいで買えるモデルを作ったら、まだまだイケると思います!

【画像ギャラリー】エコカー アウトランダーPHEVの写真はこちら!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ