“先駆者”アウトランダーPHEVはなぜ伸び悩むのか? 実力の割に人気薄??


 PHEVの先駆者ながら国内での販売は苦戦気味!? アウトランダーPHEVが「実力の割に苦戦する」理由とは?

 2020年6月に発売されたトヨタのRAV4 PHV(プラグインハイブリッド)は、一時的にオーダーストップが発生するほどの人気を集めたが、その“先輩”ともいえるのが7年前の2013年に登場した三菱のアウトランダーPHEV。

 当初からその革新性や実力は高く評価されていたものの、販売面では伸び悩み、実力ほどの人気を得られているとは言い難い。

 なぜアウトランダーPHEVは、実力と人気が釣り合わない“もったいない存在”になっているのか?

文:国沢光宏/写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】エコカー アウトランダーPHEVの写真はこちら!


■実は世界で売れている!? アウトランダーPHEVの価値

ロシアを含む欧州地域での人気が高い「アウトランダーPHEV」。その魅力はエコカーとしての資質の高さである

 2019年&今年前半、世界で最も売れたPHVといえばBMW 530eながら、2位はアウトランダーPHEVである。

 なかでもロシアを含む欧州地域での人気が高く、総販売台数20万台を超えてます。日本市場でも発売当初こそ発煙問題でつまづいたけれど、電動化車両として考えたら順調に売れていたと思う。かくいう私も購入しましたから。

 アウトランダーPHEVの魅力はエコカーとしての資質の高さにある。欧州メーカーのPHVを見ると基本的にハイパワーモデルとして企画されたもの。

 例えば昨年最も売れたBMW 530eの場合、523iに搭載される2Lターボ184馬力のエンジンに、113馬力のモーターを組み合わせ523iよりワンランク上の252馬力を発生。

 それでいて燃費は523iより圧倒的に優れているという「速さと燃費の両立を狙った存在」なのだった。欧州メーカーのPHVは、すべてハイパワーモデルという位置づけといってよかろう。

一方、アウトランダーPHEVのコンセプトを見ると、ひたすら二酸化炭素の排出量を削減する、というもの。純粋に効率を追求しているのだった。

 実際、私が所有している時は、40kmくらいまでの移動なら電気のみ。その時の電気料料金およそ110円。同じ距離をエンジンで走ると(電気なくなると燃費の良いハイブリッド車になる)約400円。電池搭載量が増えた後期型だと電気だけで50kmくらい走れてしまう。20kmくらいの通勤ならガソリン補給しなくてもいいほど。

■コストパフォーマンスも抜群ながら日本では低迷

リーズナブルな価格設定も魅力の一つ! 電気自動車として使っていればエネルギーコストがハイブリッド車の4分の1で済むのも素晴らしい

 しかもリーズナブルな価格設定である。394万円スタートで20万円の補助金も付くため実質的に374万円。同じクラスのホンダ CR-Vハイブリッドの4WDは415万円からになる。さらに、電気自動車として使っていればエネルギーコストがハイブリッド車の4分の1で済む。文句の付け所がないほどバランスの良いPHVだと今でも思う。

 けれど今年に入り世界的に販売台数が減り始めてしまった。なかでも厳しいのは日本市場。2020年7月までの平均月販を見ると260台(編注:ガソリン車除く)と低迷している。

 新鋭のRAV4 PHVが発売早々に作りきれない台数の受注を抱えてしまいオーダーストップとなったことを考えたら厳しい。どうしてアウトランダーPHEVの販売台数は伸びないのだろう。

次ページは : ■なぜアウトランダーPHEVの販売は伸び悩むのか

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ