2021年高騰中古車爆上がり車ランキング 今年はどのモデルが爆上げする?


 近年「ちょっと古い車ブーム」でネオクラシック系各車の相場が増加傾向だが、2021年はとくにその傾向が顕著な1年だった。新車価格500万円が6.6倍の3300万円にまでなってしまったインプレッサのような例も出てきている(詳しくは本文で詳述)。

 もしこの手の車種を手に入れたい! と考えているのであれば、1日でも早く買った方がいい。値上がりは目に見えているのだから。昨年2021年に爆上がりしたクルマたち、そしてこれから値上がりが予想されるクルマたちを紹介したい。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部、SUBARU、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】今や新車価格の6.6倍は高すぎ? 妥当? 人気爆発のネオクラをギャラリーでチェック(21枚)画像ギャラリー

スバル インプレッサ22B-STIバージョン

 2021年ほどネオクラシック系各車の相場が爆上がりした年もなかったように思える。ここ10年近く、世界的な「ちょっと古い車ブーム」が続いていることに加え、いわゆるコロナ禍により行き場を失ったマネーと情熱が旧車市場に流れ込んだことで、希少な人気ネオクラシックの相場がちょっととんでもないことになってしまったのだ。

スバル インプレッサ22B-STIバージョン(1998年3月発売)。搭載されるエンジンはEJ20型をベースに2212㏄にボアアップしたEJ22改水平対向4気筒ターボは280ps/37.0kgm。

 「ここ10年間ぐらい」という長いスパンで見た場合の高騰率ナンバーワンはスバル インプレッサ22B-STiバージョンだろうか。1998年3月に400台のみ発売されたインプレッサの限定車で、世界ラリー選手権のWRカーカテゴリー3連覇を達成した「Impreza World Rally Car 97」のイメージを再現したロードモデルだ。

 新車時価格500万円だった22B-STiバージョンは、2011年頃は中古車価格500万円前後でなんとか探すことができたが、その後の相場は「1000万円級」となり、さらに1500万~1800万円ぐらいが中心」という状況に変わっていった。

 そして2021年春頃には、ついに「3300万円のインプレッサ22B-STiバージョン」が市場に登場。その超高額物件はその後しばらくの間、カーセンサーnetやグーnetなどの中古車情報サイトに掲載され続けていたが、現在は載っていない。

 ……どこぞの金満好事家が3300万円で購入したのか、はたまた「ちょっと高すぎたかも?」ということで、その価格での掲載を取りやめたのかは、定かではない。だがいずれにせよスバルインプレッサ22B-STiバージョンは、この10年間で(最高値の個体は)6.6倍になってしまった……ということだ。

R34型日産スカイラインGT-R Mスペック ニュル

R34型日産スカイラインGT-R Mスペック ニュル(2002年2月発売)。R34GT-Rに搭載されるRB26DETT型2.6L、直6ツインターボは280ps/40.0kgm を発生する

 ここ10年というスパンで考えると、インプレッサ22B STiとほぼ同レベルで「R34型日産スカイランGT-R Mスペック ニュル」の相場も爆騰している。

 日産スカイランGT-R Mスペック ニュルは、2002年2月にR34型GT-Rの生産終了を記念して発表された1000台限定モデル。エンジンやウォーターポンプ、エキゾーストマニホールドなどはすべて「N1仕様」になっており、約10年前は600万円ほどで探せたモデルだ。

 2021年12月下旬現在、Mスペック ニュルの中古車はカーセンサーnetにもグーnetにも1台も掲載されていないが、事情通によれば、もしも程度良好な個体が出てきた場合のプライスは「5000万円にはなるだろう」とのこと。

 2002年の新車時価格である630万円からすると約8倍になっている計算で、こんなことを言っても後の祭りというか超後出しジャンケンでしかないのだが、「あのとき買っておけばよかった……」と悔やまれて仕方がない。

日産R34GT-R VスペックIIニュル(2002年2月発売)。N1仕様エンジンをベースとして、ピストンやコンロッドを重量バランスの均一化を図った高精度バランス品とすることで、エンジン高回転域における爽快な回転フィーリングにより磨きをかけた。さらに限定車専用としてゴールドシリンダーヘッドカバーを採用

 ちなみにMスペック ニュルと同タイミングで発売された「VスペックIIニュル」は2021年12月末現在、1台のみがカーセンサーnetおよびグーnetに掲載されているが、価格は「ASK」だ。

 ……走行7.7万kmということで、売価は4000万円ぐらいだろうか? わからないが、仮に4000万円だとしたら、610万円だった新車価格の約6.5倍である。ううむ。

次ページは : ホンダS2000

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ