超名車R34スカイラインGT-R中古車高騰の事情と行方

 アメリカではアメリカで販売されていない中古車の輸入に厳しい制限がある。右ハンドル車の輸入も認めていないため、アメリカに日本車の中古車を持ち込むのは難しい。

 しかし例外があって、生産後25年経過したクルマはクラシックカーとみなされさまざまな障壁がなくなり輸入することが可能になる。これがアメリカの25年ルールと呼ばれるもので日本のスポーツカーなども買いあさっているのだ。

 アメリカが買いあさることによりタマ数も減り価格が高騰する。現在その影響を受けているのが1990年代にデビューしたR32 GT-R、NSXをはじめとするジャパニーズスポーツカーで相場も大きく荒らされ高騰中だ。

 そのアメリカが現在虎視眈々と狙っているのがスカイラインGT-R(R34)だ。デビューが1999年だからあと5年でアメリカの25年ルールの適用となる。まさにカウントダウン状態にあるのだ。

 その俎上に上がっているR34GT-Rの中古車は買いなのかを萩原文博氏が検証する。

文:萩原文博/写真:NISSAN、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ