国産車初の電動メタルトップは駄作? なんで窓枠が残るのよ! 世にも不思議な[ソアラエアロキャビン]は今が底値!

国産車初の電動メタルトップは駄作? なんで窓枠が残るのよ! 世にも不思議な[ソアラエアロキャビン]は今が底値!

 今や電動メタルトップは珍しいものではないが、バブル経済全盛だった1989年4月、国産車初の電動メタルトップを持つソアラエアロキャビンが誕生。世はバブル経済の真っ只中、ソアラに輪をかけてゴージャスな限定500台のスペシャルモデルだった。はたしてこのソアラエアロキャビンは今買えるのか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■後席を潰した2シーター電動メタルトップオープン

1989年4月、2シーターのオープンモデル「エアロキャビン」が500台限定で発売された
1989年4月、2シーターのオープンモデル「エアロキャビン」が500台限定で発売された

 初代、そして2代目ソアラはハイソカーブームのど真ん中のいる、まさに憧れのクルマだった。電子制御エアサスペンションやイージーアクセスドア、スペースビジョンメーター、マルチコントロールパネルなど数々のトヨタの最新技術が投入された。

 1986年から始まったバブル経済が絶頂期を迎えた1989年4月、2代目ソアラに、500台限定車の「3.0GTエアロキャビン」が発売された。

 ソアラエアロキャビンは、国産車初の電動メタルトップ搭載車として注目された。しかし、後に登場したメルセデスベンツSLKやレクサスSCがフルオープンになるのに対し、エアロキャビンは窓枠やCピラーが残る、実に不思議なスタイル。がばっとトランクが開いてルーフとウインドウが動くスタイルは実にキュッチュだ。しかし、開閉時間は他の電動メタルトップ車と比べ遅い。

 標準仕様のソアラは5人乗りだが、ルーフの開閉のため2人乗りとなり、リアシートの部分は収納ボックス。リアガラスに誇らしげに「AEROCABIN」と刻まれている。搭載されたエンジンは7M-GTEU型の3L、直6ターボエンジンで、最高出力は240psを発生。同時期のスープラにも積まれた。

エアロキャビンのルーフとリアウインドウは電動で開閉する
エアロキャビンのルーフとリアウインドウは電動で開閉する

次ページは : ■ソアラエアロキャビンの中古車相場は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号