新型ヴィッツ登場直前!! ヴィッツの中古は買いか? 待ちか?

新型ヴィッツ登場直前!! ヴィッツの中古は買いか? 待ちか?

 2019年秋は国産コンパクトカーのフルモデルチェンジが続く。

 まずはホンダフィット、そしてWRC(世界ラリー選手権)でドライバー&マニュファクチャラーズタイトル争いをしているトヨタヴィッツ(外国名ヤリス)だ。

 現行型フィットは2013年登場なので、まだ6年目とモデルライフは短いが、ヴィッツは2010年に登場しているので、約10年と長いモデルライフとなっている。

 そこで今回はヤリスへと名称変更がウワサされているヴィッツの中古車事情に迫ってみたい。

 文:萩原文博/写真:トヨタ


歴代のヴィッツを振り返る

 2010年12月に登場した3代目ヴィッツのグレード構成は、ベーシックなF、女性をターゲットとしたジュエラ、装備の充実したUの3種類を基本として、スポーティグレードのRSやG’sが設定されている。

2010年12月に登場した3代目ヴィッツ <br>(F“SMART STOPパッケージ”)<br>
2010年12月に登場した3代目ヴィッツ
(F“SMART STOPパッケージ”)

 搭載されているエンジンは1L、1.3L、1.5Lの3タイプだ。現行ヴィッツは10年という長いモデルライフの中で、2度の大きなマイナーチェンジを行っている。

 1度目は2014年4月、ここではFF車に搭載される1.3Lエンジンが高効率の新型エンジンに変更。

 そして、1Lと1.5Lエンジンも燃費向上を達成した。外観デザインはトヨタのデザインアイコンであるキーンルックを採用し、ワイドで踏ん張り感のある力強さを強調している。

 そして2度目のマイナーチェンジは2017年1月。内外装の変更と同時に1.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッド車を追加した。

 そのほかでは2015年6月の一部改良で、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」の採用。

2015年6月一部改良したヴィッツ
2015年6月一部改良したヴィッツ

 加えて、直近の2018年5月の一部改良では衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」の機能の一つであるプリクラッシュセーフティに昼間の歩行者を検知する機能が追加された。

 中古車は価格の安さが魅力ではあるが、これから乗ることを考えると2015年6月以降のトヨタセーフティセンス装着車を狙いたい。

次ページは : ヴィッツの中古車市場の現状はいかに? 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!