新型ヴィッツ登場直前!! ヴィッツの中古は買いか? 待ちか?


 2019年秋は国産コンパクトカーのフルモデルチェンジが続く。

 まずはホンダフィット、そしてWRC(世界ラリー選手権)でドライバー&マニュファクチャラーズタイトル争いをしているトヨタヴィッツ(外国名ヤリス)だ。

 現行型フィットは2013年登場なので、まだ6年目とモデルライフは短いが、ヴィッツは2010年に登場しているので、約10年と長いモデルライフとなっている。

 そこで今回はヤリスへと名称変更がウワサされているヴィッツの中古車事情に迫ってみたい。

 文:萩原文博/写真:トヨタ


歴代のヴィッツを振り返る

 2010年12月に登場した3代目ヴィッツのグレード構成は、ベーシックなF、女性をターゲットとしたジュエラ、装備の充実したUの3種類を基本として、スポーティグレードのRSやG’sが設定されている。

2010年12月に登場した3代目ヴィッツ
(F“SMART STOPパッケージ”)

 搭載されているエンジンは1L、1.3L、1.5Lの3タイプだ。現行ヴィッツは10年という長いモデルライフの中で、2度の大きなマイナーチェンジを行っている。

 1度目は2014年4月、ここではFF車に搭載される1.3Lエンジンが高効率の新型エンジンに変更。

 そして、1Lと1.5Lエンジンも燃費向上を達成した。外観デザインはトヨタのデザインアイコンであるキーンルックを採用し、ワイドで踏ん張り感のある力強さを強調している。

 そして2度目のマイナーチェンジは2017年1月。内外装の変更と同時に1.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッド車を追加した。

 そのほかでは2015年6月の一部改良で、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」の採用。

2015年6月一部改良したヴィッツ

 加えて、直近の2018年5月の一部改良では衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」の機能の一つであるプリクラッシュセーフティに昼間の歩行者を検知する機能が追加された。

 中古車は価格の安さが魅力ではあるが、これから乗ることを考えると2015年6月以降のトヨタセーフティセンス装着車を狙いたい。

ヴィッツの中古車市場の現状はいかに? 

 それでは、現行型ヴィッツの中古車事情を見てみよう。

 現在、現行型ヴィッツの中古車の流通台数は約2540台で、3カ月前は約2800台あり、8月のお盆休み明けから減少傾向が今でも続いている。中古車の平均走行距離は3カ月前そして今月も約3.3万kmで横這いとなっている。

 そして、注目の平均価格の推移だが、3カ月前が約83.5万円で今月が約83万円とほぼ横這いで推移している。

 さらに、この1年の平均価格の推移をみてみると、1年前は約86万円で最大の需要期となる3月に向けて相場が上昇し、最高値の約97.5万円となった。その後は値落ちに転じ、最近は値落ちカーブが緩やかになっている。

 需要期の値上がりについて触れると、これは走行距離の短い未使用車が大量に市場に出回ったことによるものだ。

次ページは : 流通台数の分布を分析してみると

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ