「鉄道好き親子」がダブルで大喜び確定!! 北の大地で爽快トロッコ運転旅

「鉄道好き親子」がダブルで大喜び確定!! 北の大地で爽快トロッコ運転旅

 毎日が暑い! 全国的に異例に早い梅雨明けも驚きだが、今年の夏は猛暑が続くとの予報も。暑い日には「トロッコ」で涼風を感じてみてはどうだろう。

 鉄道で人を乗せる「トロッコ」といわれるものには大きく二種類あり、ひとつは窓なしの開放型客車に揺られて旅をする「トロッコ列車」と呼ばれるタイプ。もうひとつは、小さな台車に乗って自分で線路上を運転するものだ。自転車型と原付型があり、昔から保線作業などで同じようなものが使われてきたが、一般客が営業線を走ることはさすがにできない。そこで廃線になった鉄道を利用して観光客向けの遊具として整備している場所がある。今回紹介するのは北海道の「トロッコ王国美深」。ここは運転できる距離が片道約5kmと全国最長規模、思う存分走行できるのが実に楽しい。

「トロッコ王国美深」は旧国鉄美幸線の廃線跡を利用した体験型施設。エンジン付きの軌道トロッコを自分で往復約10kmもの距離を運転できる。北海道旭川から北に100㎞程離れた場所にあり、けっして便利な場所ではないが、全国各地から観光客が訪れる
「トロッコ王国美深」は旧国鉄美幸線の廃線跡を利用した体験型施設。エンジン付きの軌道トロッコを自分で往復約10kmもの距離を運転できる。北海道旭川から北に100㎞程離れた場所にあり、けっして便利な場所ではないが、全国各地から観光客が訪れる
【画像ギャラリー】夏休みは北の大地で爽快トロッコ運転体験(10枚)画像ギャラリー

文・写真/服部朗宏

北海道の赤字廃線跡の線路をエンジン式トロッコで自走する!!

 NPO法人「トロッコ王国美深」は1985(昭和60)年に廃止された国鉄美幸(びこう)線の仁宇布(にうぷ)駅跡地と周辺を整備活用した施設だ。美幸線は旭川から約100km北にある宗谷本線の美深駅から延びていた支線であり、美深から北東に約21.2km行った仁宇布までが1964(昭和39)年に開通した。道北の産業開発を目的とした路線で、計画では山を越えて北上し、オホーツク海側にあった興浜北線の北見枝幸までつながる予定だった。

 その建設工事はなんと1980(昭和55)年まで続けられており、トンネルや路盤は完成してあとは線路を敷くだけの段階まで進んだが、国鉄の赤字路線廃止策のもと完成を待たずに開業区間も含めて全部廃止されてしまった。

美幸線は宗谷本線美深駅から北東方向、オホーツク海に面した幸浜北線の北見枝幸駅を目指して建設がすすめられ1964年、途中の仁宇布駅までが先行開業。この先57.5㎞の予定区間は1985年まで工事が続けられたものの、結局全線開通をすることはなく、先行して開業していた区間も含めて1985年9月17日に全線廃止となった。写真は美幸線さよなら列車(美深駅2階の旧国鉄美幸線資料館展示品を複写したもの)
美幸線は宗谷本線美深駅から北東方向、オホーツク海に面した幸浜北線の北見枝幸駅を目指して建設がすすめられ1964年、途中の仁宇布駅までが先行開業。この先57.5㎞の予定区間は1985年まで工事が続けられたものの、結局全線開通をすることはなく、先行して開業していた区間も含めて1985年9月17日に全線廃止となった。写真は美幸線さよなら列車(美深駅2階の旧国鉄美幸線資料館展示品を複写したもの)

 美深~仁宇布の開業部分は集落もまばらで一時期「日本一の赤字線」となったが、美深町長が自ら東京で観光客誘致の宣伝を行い話題になったこともあった。現在、美深~仁宇布間には予約専用のデマンドバスが日曜を除く1日5便運行されている。バスといっても、車両はハイエースだ。

 トロッコ王国の拠点は旧仁宇布駅(〒098-2208北海道中川郡美深町字仁宇布215番地)。元もとの駅舎は鉄骨とコンクリートブロックを組み合わせた平屋だったが、すでに解体されている。代わりに木造三角屋根の北海道らしい建物があり、「入国受付&ご案内所」になっている。建物内には美幸線廃止時の「さようなら美幸線」と書かれた看板などが展示されていた。向かいには真新しい木造レストハウスがあり、中ではうどんやそば、カレー、コーヒーなどを楽しむことができる。

日曜以外に美深~仁宇布を1日5往復するデマンドバス。完全予約制で予約の無い便は運休する。バスと言いつつ車両はハイエース
日曜以外に美深~仁宇布を1日5往復するデマンドバス。完全予約制で予約の無い便は運休する。バスと言いつつ車両はハイエース

次ページは : ホンダ製エンジンで走る台車のようなトロッコ車両は結構速いぞ!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ