【画像ギャラリー】アリアからエクストレイル IMQまで! 登場目される7モデルを中心に日産期待の新型車たちを詳報!!!

記事に戻る│新生日産の試金石 新型エクストレイルほか 国内新投入の注目車7台全情報

■日産 アリア(7月15日ワールドプレミア)

●日産EV技術を徹底投入した渾身作

ワールドプレミアで披露されたコンセプト画像。細部を除きほぼそのまま市販されるという

 さる7月15日にワールドプレミアされたばかりの新世代ピュアEVアリア。EV専用に開発されたプラットフォームを持ち、前輪駆動の2WDと、後輪にもモーターを備えた4WDのバッテリー違いで4種のラインナップとなる。市販開始は2021年中頃、価格の詳細は現在のところ未定だが、最安グレード(2WD+65kWhリチウムイオン電池搭載仕様)は500万円少々になるという。

案外安いぞ500万円~ 日産アリア概要発表 発売は2021年中頃

■日産 フーガ(2023年登場)

●インフィニティでも販売される大型サルーンはEVに進化! 日本市場に向けたフラッグシップに!

(画像はベストカー予想CG)

 日本国内では月間販売台数が100台にも満たない状況で、モデルチェンジもされず放置状態の印象のフーガ。やはり、日産のグローバル戦略の中で、日本市場が軽視されていたことは否めない。しかし、明確に日本市場を重視する戦略にシフトすると決断したことで、クラウンと真っ向対峙できる日産のフラッグシップとしてのハイエンドサルーンとして次期型は開発が進む。そのアピールのためにもEVをあえて採用する。

■日産 フェアレディZ(2021年3月登場)

(画像はベストカー予想CG)

●3Lツインターボ搭載!! 新型Zはフルモデルチェンジ!

待ちわびたぜ! 発売は2021年末 完全丸裸「新型フェアレディZ」の艶姿

■日産 ノート(今年10月登場)

●キープコンセプトながら新プラットフォームで走り一新もちろんe-POWER搭載

(画像はベストカー予想CG)

派生ミニバンはキューブ後継で独立!? 新型ノートは“正統派コンパクト”で今年度中発売へ

■日産 軽EV(IMk)

●新開発プラットフォームでEV専用の軽自動車を投入!

 昨年(2019年)の東京モータショーでアリアと同時に公開されたIMk。ショーモデルでは軽サイズを若干上回っていたが、もちろん軽サイズを意識して開発されている。EV専用開発されたプラットフォームで、室内空間を最大限に生かす。

■日産 新型コンパクトミニバン(2022年登場)

●e-POWER搭載の新コンセプトミニバン

(画像はベストカー予想CG)

 ノートと同時並行的に企画、開発が進行しているコンパクトミニバンこそ、ある時期「これが次期型ノート」と情報が錯綜した新規投入モデルである。ノートのプラットフォームをベースにスライドドアと3列シートを備える。もちろんe-POWER搭載。

■日産 エルグランド(2022年登場)

●日本市場で勝負するなら大型ミニバンは本気で強化!

(画像はベストカー予想CG)

■日産 エクストレイル(今年秋登場)

●e-POWER+1.5Lターボで登場??

(画像はベストカー予想CG)

 すでに北米では新型ローグが正式に発表されている。ローグは日本でのエクストレイルそのものだから、基本的な内外装はローグを踏襲。パワーユニットだが、2L NAガソリンエンジンのほか、e-POWERも搭載されることになる。このe-POWERは、アリアの2モータシステムを生かした4WDとなるとの情報がある。その場合、既存の1.2L NAではパワー不足で、1.5Lターボとの組み合わせがいよいよ市販モデルに搭載されることになるのか?

■日産 セレナ(2021年10月登場)

●キープコンセプトで5ナンバーサイズのBOX型ミニバンの王道を突き進む

(画像はベストカー予想CG)

 新型セレナのデビューは2021年秋の計画だ。基本的にはキープコンセプトで、いわゆる5ナンバーサイズのBOX型ミニバンの王道を突き進むことになる。セレナは現行型も人気があり、販売面で日産の国内マーケットをけん引する存在だけに、特に室内空間の使い勝手など、力の入った開発が進められている。パワーユニットは、販売の主力となるe-POWERを軸に、2Lガソリンマイルドハイブリッドを設定するなど、現行を踏襲することになる。

■日産 IMQ(2021年12月登場)

(画像はベストカー予想CG)

 昨年のジュネーブショーで公開されたIMQは、いわゆるクーペスタイルのSUVだ。エクストレイルが王道のSUVとなるのに対し、IMQが狙うのはアーバン派のためのSUV。基本プラットフォームやパワートレーンはエクストレイルとの共用開発が多くなる。IMQに搭載されるe-POWERは1.5ℓターボエンジンを発電用に使用する2モーター4WD。

■日産 スカイライン

(画像はベストカー予想CG)
(画像はベストカー予想CG)

 次期型スカイラインの開発に関する情報は間違いなくあるのだが、今回の2023年度までに投入される10車種には入っていない。果たしてスカイラインはどうなるのか? 少なくとも北米向けインフィニティQ50は販売的にもボリュームがあり、次期型の開発が凍結されることはない。2024年4月以降の投入ということになると思われる。

■日産 クロスモーション

(画像はベストカー予想CG)

 エクストレイルより1クラス大きいラージサイズSUVがクロスモーション。これも日本投入の情報があったのだが、今回の10車には入らない。サイズ的にも、北米マーケットを中心としたモデルとみるのが正解だろう。より大きなSUVに対する需要が見込めれば国内投入への動きがあるか?

■日産 IMx

(画像はベストカー予想CG)

 IMxについては、市販モデルに関する確定的な情報が乏しく、当面は国内への投入はないと断定していいだろう。もともと2017年の東京モータショーで公開されたピュアEVコンセプトだが、中国や欧州向けのモデルと考えるのが正解と考えられる。プラットフォームなどがアリアに生かされ進化した。

記事に戻る│新生日産の試金石 新型エクストレイルほか 国内新投入の注目車7台全情報

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ