ハイエースレジアスと“変わり種”大物新車 ベストカー 9月26日号

 ベストカーの最新号9月26日号が、いつもより1日だけ早く本日発売! 今号の巻頭スクープ企画は、いつもとはひと味違う新車情報を捕捉。新型ジムニー、N-VANの予想以上の大ヒットを受けて、次に国産メーカー計画する変わり種の大物新車情報にスポットライトを当てている。


【巻頭スクープ】ハイエースにレジアス復活! 変わり種大物新車

 新型ジムニーやN-VANの出足が絶好調と、ここ最近、自動車界は際立った魅力を持った車たちが席巻している。

 そこで、ベストカー9月26日号では、ちょっと尖った個性をもつ、各メーカーが予定している楽しみま新世代の大物モデルをクローズアップする。

 その筆頭がハイエースの豪華仕様「レジアス」だ。ハイエースレジアスといえば、1997年に登場したグランビアの姉妹車として1997年に設定されたモデル。

 当時、ラージクラスミニバン市場を席巻していた日産 エルグランドの対抗馬として投入されたモデルだ。

 現在でもレジアスの名は、商用バンの「レジアスエース」に引き続き採用されているが、それとはまったく別モデルとして登場するのが、新型ハイエースレジアスだ。

 トヨタの乗用ラージミニバン主要車種といえば、アルファード/ヴェルファイアだが、同車が上級ミニバンとして高価格になりつつあるのに対し、ハイエースとの価格差が広がっていることがネックとなっていた。

 そこで、両車の間を埋める存在として、新しくハイエースレジアスが誕生することになる。

 本誌では、その予想CGとともに、搭載されるパワートレーンなどについても詳報。

 このほかカローラスポーツベースとなる新型カローラフィールダーの4WDターボモデルやトヨタ シエンタの5人乗り仕様など、さまざまな新車情報をスクープしている。

【水野和敏が斬る!】カローラスポーツなど注目HBの評価は!?

左から水野和敏氏と新型カローラスポーツ、インプレッサスポーツ、アクセラスポーツ

 日産 GT-Rを手掛けたカリスマエンジニア、水野和敏氏が注目の新車を独自の視点で評価する好評連載企画、今回俎上にあがるのは国産5ドアハッチバック。新型カローラスポーツを筆頭に、インプレッサスポーツ、アクセラスポーツの計3台を徹底的に評価している。

 欧州ではVWゴルフなど定番モデルがひしめく“激戦区”に名乗りをあげる国産勢の実力や如何に!?

 特に高い評価が目立つカローラスポーツを中心に、三車三様のキャラクター・実力を、水野和敏氏独自の視点から解説している。

【特集】「メーカー&クルマ コラボ研究」など注目企画満載!

 このほか、「メーカー&クルマ コラボレーション研究」と題し、メーカー間の提携などで、これまで生まれてきた数々のコラボレーションカーを特集。

 また、第二特集では「売れているけど『待ち』の車、売れてないけど『買い』の車」と題し、いま売れているモデル、そして売れてないモデルのなかから、どのモデルが買いなのか、待ちなのかを総力をあげて特集。

 さらに、「同一車種のMTとAT、どっちがいいのか?」、「最新SUV 4台乗り心地テスト」など独自企画目白押しのベストカー9月26日号は、通常より1日早い8月25日に発売だ。

ベストカー 2018年9月26日号 目次

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ