スクープ! 2020年の大物新車たち|ベストカー 2月10日号


 新年初売り号となる「ベストカー」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、ベストカーではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押しだ。


【スクープ】五輪イヤーに登場するまだ見ぬ大物たち

 2019年は国内メーカーから相次いで注目度の高い“大物”が登場する予定となっている。日産はヒット車のエクストレイルやノートを、トヨタはスープラを目玉にヤリスもモデルチェンジ。ホンダもベストセラー車のフィットに渾身のモデルチェンジをおこなう。

 これだけ2019年に大物がデビューするとなると、2020年は谷間の年となるかと思いきや、本誌スクープ班には、続々と更なる情報が舞い込んできている。

 トヨタでは五輪イヤーに合わせて次世代車のイメージリーダーであるMIRAIのモデルチェンジが伝えられるほか、伝統ある名門車「ランドクルーザー」が久々のモデルチェンジをおこなう見込み。

 さらにスバルからは2ドア版のWRXである「WRX スポーツクーペ」なるニューモデルが開発されているという情報もキャッチ! ここまで紹介したモデルに加え、多くの大物たちの情報を、誌面では予想CGとともに詳報する。 

ひと目でわかる! 新型カローラ大図鑑

世界で売られているワゴン、ハッチバック、セダンのカローラ

 ここ10年ほどで日本のベストセラー車「カローラ」は大きく変化を遂げた。世界的な視野で見ると、現在日本で販売されているカローラアクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)とは、全く別の3ナンバーモデルが本流となっている。

 そこで、“日本のカローラ”とはひと味違う世界各国のカローラを徹底的に解説。

 中国仕様のカローラセダンハイブリッドやレビンハイブリッド、欧州仕様のカローラツーリングハイブリッド、北米仕様のカローラセダンハイブリッドに至るまで、各国のカローラの外観とパワーユニットを中心に紹介。

 誌面では各国ごとにカローラが差別化されるに至った経緯についても解説している。

次ページは : 【平成の好勝負】ランエボVSインプレッサほか独自企画満載!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ