次期86&BRZをスクープ|ベストカー 2月26日号


 自動車情報誌「ベストカー」最新号が、本日1月26日に発売。今号は2019年の注目新車で、いよいよ正式発表された新型スープラの試乗レポートをさっそくお届けするとともに、巻頭スクープでは、そのスープラと同門のスポーツカー、86とBRZの「次」に関する衝撃の情報をスクープ!


【スクープ】86とBRZ 新型モデルで別々の道へ!

 トヨタとスバルの協業で生まれた86&BRZ。スポーツカー冬の時代と言われるなか、ボトムで200万円台という価格で、後輪駆動のクーペの新規車種として登場。多くの自動車ファンから歓迎をもって迎えられた。

 しかし、2012年の発売から今年で8年目。モデルサイクルの長いスポーツカーとはいえ、次期モデルの登場が求められる時期に差し掛かってきた。

 そうしたなかで今回、もたらされた次期86&BRZに関する情報は驚くべきものだった。なんと次期型は、トヨタ・スバル両社の考え方の違いからまったくの別モデルとなる可能性が高いという。

 まず、トヨタの次期86については、FRあるいはミドシップとして生まれ変わる方向性が検討されていて、一方スバルの次期BRZは4WDターボになるという。

 いずれにしても両社の自社開発モデルとなる次期86とBRZ、その衝撃スクープを予想グラフィックとともに本誌では詳報している。

感動のスープラ 17年ぶりの復活!

新型スープラ

 ついにカムバック! 17年ぶりに復活を遂げる新型スープラが、いよいよ正式発表された。これまで公開されていたのは、いずれもカモフラージュを纏った新型スープラだったが、米国デトロイトショーで、ついに一糸まとわぬスープラの姿が披露された。

 本誌では、すでに撮影を済ませていたその完全体の新型スープラを、エクステリアからインテリアに至るまで撮りおろし写真とともに詳報。

 日本仕様に設定される3グレードの詳しいスペック、そして予想価格も交えながら、新型スープラの全容に迫っている。

次ページは : 「ゴーンとは何者だったのか?」ほか独自企画も豊富に展開