※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

トニー・ボウ選手が世界選手権で32連覇を達成 ~トライアル世界選手権、Xトライアルでそれぞれ16連覇~

配信元:HONDA

 2022 FIM※1トライアル世界選手権シリーズ(以下、トライアル世界選手権)第6戦 イタリア大会の1レース目が9月17日に開催され、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のトニー・ボウ選手(スペイン 35歳)が、16年連続16回目のシリーズチャンピオンを獲得しました。

 これにより、既にタイトルを獲得しているFIM X-Trial世界選手権(以下、Xトライアル)とあわせて、世界選手権で自身の記録を更新する32連覇を達成しました。

トニー・ボウ選手

 

トニー・ボウ選手
トニー・ボウ選手とMontesa COTA 4RT

 

トニー・ボウ選手とMontesa COTA 4RT

 トニー・ボウ選手は、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)の契約ライダーで、ワークスチーム※2レプソル・ホンダ・チームより、ワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で参戦しています。

 今シーズンのトライアル世界選手権は、開幕戦スペイン大会で1レース目2位と2レース目優勝、第2戦アンドラ大会でも、2位と優勝となりました。続く第3戦ドイツ大会では2レースとも優勝を飾っています。サマーブレイク明けの第4戦ベルギー大会、第5戦フランス大会でも連勝し、今回のイタリア大会の1レース目では2位となり、2レース目を残し16連覇が決定しました。

 トライアルとは、障害物をバイクで乗り越えながら進み、いかに足を着かずにゴールへたどり着けるかという技術を競う競技です。トライアルの世界選手権は2種類あり、「アウトドア」は、5~9月に開催されるトライアル世界選手権を指し、自然の地形を生かしたコースでダイナミックな走りを見ることができます。Xトライアルは「インドア」とも呼ばれ、スタジアム内に設置された人工的な競技区間で華やかな雰囲気で開催されます。
  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。HondaではHRCが運営するチーム

レプソル・ホンダ・チーム トニー・ボウ

「世界タイトルの獲得は、常に特別な経験です。ポイントでリードしていて、タイトルがかかっているレースは、いつもとは少し違います。なぜなら、タイトル獲得のためにはミスができないですし、集中力を保つのが難しいからです。最初のラップで2つの大きなミスを犯してしまい、そこで優勝は遠のいてしまいました。2周目には、優勝争いに加わることができましたが、最終的には優勝できませんでした。イタリアのファンはとても熱く、アルプスでのトライアルは、本当に美しいものでした。

 今シーズンに関しては、ポイントを獲得し続けることが重要でした。非常に安定して戦えて、常に表彰台に立つことができました。私たちは最終戦まで戦い抜き、ついにこの新しいタイトルを獲得することができました。チームにとても感謝しています」

本田技研工業株式会社 執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長
兼 株式会社ホンダ・レーシング(HRC)代表取締役社長 渡辺康治

 「トニー・ボウ選手、トライアル世界選手権での16連覇達成おめでとう。Xトライアルとあわせ32連覇という前人未到の記録は、筆舌に尽くしがたい偉業です。タイトル獲得に向けて誰よりも貪欲であり、なおかつ誰よりも精進している彼であれば、まだまだ連覇の記録を更新できると信じています。彼がHondaのワークスライダーで本当に良かった、というのが本音です。

 最後になりましたが、彼のチャンピオン獲得に携わった藤波貴久監督をはじめとしたチームスタッフ、そしてレース活動を支えてくださった多くのスポンサー様と、トライアルファンの皆様に心から感謝いたします」

トニー・ボウ(Toni Bou)のプロフィール

生年月日
1986年10月17日(35歳)
出身地
スペイン
主な戦績
2003年
 トライアル世界選手権にデビュー
2007年
 REPSOL MONTESA HRCに移籍し、初めて世界チャンピオンを獲得
 同年に、Xトライアル世界選手権シリーズチャンピオンも初獲得
2008年~2022年
 トライアル世界選手権およびXトライアル世界選手権の両シリーズで16連覇(合計32連覇)

Montesa COTA 4RTの概要

エンジン形式
水冷・4ストローク・OHC・単気筒
フレーム形式
アルミニウム製ツインチューブ
タイヤ
前:21インチ 後:18インチ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
http://www.honda.co.jp/news/2022/c220918.html

本田技研工業株式会社

所在地
東京都港区南青山2-1-1

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ