バスのスペアタイヤ事情が謎すぎる!! そもそも積んでるの? それはどこに?

バスのスペアタイヤ事情が謎すぎる!! そもそも積んでるの? それはどこに?

 タイヤが突然パンク! そんなときに出番がやってくるスペアタイヤ。最近は付いていない普通乗用車も増えてきたようだが、バスのスペアタイヤ事情はどうなっているのだろう?

文・写真:中山修一
(詳細写真ギャラリーを含む写真付き記事はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBでご覧ください)

■スペアありが主流? 高速車と貸切車

大型高速車・貸切車のスペアタイヤ標準装備率は!?
大型高速車・貸切車のスペアタイヤ標準装備率は!?

 まずは高速バスや貸切バスで使われる、ハイデッカータイプの大型バス車両(高速車と貸切車)から探りを入れてみよう。

 このタイプの車両では、どうやらスペアを積んでいるほうが一般的と言えそうだ。スペアの収納場所は客室から下のどこかになる。

 車種ごとに異なるが、客室下のトランクルームの一部を、スペアタイヤと工具類置き場に割いているタイプが一例に挙げられる。

 また、現行車種で主流になっているのが、車両前寄りの運転席下あたりに、タイヤを寝かせた状態で外から吊り下げているタイプだ。

 後者のタイプは、ヘッドライトの間のパネルを開き、所定の位置(穴)に専用クランク棒を差し込んで回すと、鎖などに繋がったスペアタイヤが徐々に降りてくる仕組みになっている。

■ぜんぜん資料が見つからない路線車

 高速車と貸切車は、大抵スペアタイヤが装備されていると思って良さそうだ。では次に、一般路線バスで使われる路線車の場合はどうだろう。

 ちょっと調べれば比較的すぐに答えが見つかる高速車・貸切車とは対照的に、路線車とスペアタイヤの関係に言及した資料を探そうとなると、これが殆ど出てこない。

 資料がない、ということは、そもそも路線車にはスペアタイヤが付いていないので、資料を作ろうにも作れない、と推測で結びつけても良さそうだが!?

■床下を覗いてみる

 やはり現物の一つでも、目視で確認できないうちに断定するのは些かモヤモヤが晴れない。スペアが付いているとすれば高速車と同様に床下だと思われる。

 とはいえ営業中の路線車の床下を覗き込むようなマネは、危なすぎて倫理に欠ける。公開イベントで車両展示が行われるなら話は別だが……そう思った矢先に、趣旨ぴったりなバスのイベントが開催されたので現地へ足を運んだ。

 会場に展示されていた中型と大型路線車の床下を、後ろから覗き込んでみたところ、後ろはエンジンが積まれているため、スペアを吊っておくスペース自体がなかった。

大型路線車の後部床下。エンジンカバーで覆われていてスペアタイヤを吊る場所はない
大型路線車の後部床下。エンジンカバーで覆われていてスペアタイヤを吊る場所はない

 となれば残りは前。前方に移動して床下に注目してみると、中型・大型ともに前にもスペアは積まれていなかった。

次ページは : ■積まない方が簡単に済む?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!