電動アシスト自転車で輪行撮りバスとプチ観光を楽しむ!


若松駅から筑豊本線で輪行する

 一通りの撮影と名所を見た後、若松駅に近いこともあったのでJR筑豊本線で輪行することにした。若松駅はかつては石炭の積み出しで栄えた駅で筑豊本線の起点だ。しかし現在ではローカル線化しており複線ながらも非電化で、架線蓄電池車のBEC819系「DENCHA」が2両編成で走る。

BEC819系で輪行

 若松駅は朝ラッシュ時以外は無人駅だが駅舎の横にコンビニが、また待合室の一角に東筑軒の店舗があり、うどんや駅弁(かしわめし)の購入ができる。駅で自転車を折り畳んで再び輪行バッグに収納してからうどんを食べて、BEC819系に乗り込んだ。

 非電化区間を電車のように走り折尾駅で少々停車後にパンタグラフを上げて架線集電走行。中間駅で下車した。

自転車での走行距離14.8km

 この日に自転車で走った距離は14.8kmだった。電動アシストの強さは0-5(0はアシストオフだがマルチデジタルメーターは動作)で常時「5」で走行したが、バッテリーインジケーターは4段階のうち2つが残っていたので、残容量は半分弱といったところか。

この急坂も立ちこぎせずに登坂できた

 ちなみにデジタルメーターにはUSBポートがあり、自転車のバッテリーからスマホの充電ができるので、これを利用しながらの残容量だ。

 強烈な坂道にもチャレンジしたが適切なギアを選択すれば何とか登れたので、通常の坂道であれば全く問題はない。車を持っていなくても鉄道輪行し、街歩きやプチ観光、そして撮りバスを楽しんでみてはいかがだろうか。駐輪場を利用して自転車を預けて乗りバスを楽しむのもアリだ。

【画像ギャラリー】電動アシスト自転車を鉄道輪行して北九州市営バスを撮りバス!(38枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ