バスを運転する! ペーパードライバー教習でも気分はプロドライバー!! 【場内教習編】


 大型二種免許を持つバスファンも多いと思うが、実際に運転士の職業に就いてなければバスを運転する機会はほぼ皆無だろう。中には趣味でバスを買ってしまう猛者もいるにはいるが、車庫証明やメインテナンスなどハードルは高い。そこでペーパードライバー教習の制度を利用して、趣味としてのバスの運転は可能なのか取材した。今回はその場内教習編だ。360度VR動画を収録したのでお好きな視点でご覧いただきたい。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)
取材協力:平和橋自動車教習所
(動画が見れない場合はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBからご覧ください)

【画像ギャラリー】ペーパードライバー教習でバスを運転する!場内教習編(5枚)画像ギャラリー

趣味目的でも運転はしたい!

 せっかく免許を持っているならば運転したいという欲求を満たすため、ペーパードライバー教習を葛飾区の平和橋自動車教習所で取材した。現在は諸般の事情で募集を停止しているが、再開する予定はあるようなのでそれまでお待ちいただきたい。

葛飾区にある平和橋自動車教習所

 ペーパードライバー教習は普通車ではポピュラーな制度で、免許は取得したものの運転経験がなくそれでも人生の節目で運転をしなければならなくなった等の理由で練習をし直すために自動車教習所が提供するサービスだ。

 東京23区内で普通免許から大型二種免許まで全種類取得できる公認教習所はここしかない。同所では大型二種免許取得のための教習車(バス)が当然あるので、ペーパードライバー教習も大型二種ができるという寸法だ。

下位免許の教習は可能

 同所のルールとして下位免許のペーパードライバー教習は可能ということだ。実際に有償旅客運送をしなければ(回送等)、バスを運転するのは大型一種免許で構わない。教習車も同様だ。

 しかし同所ではルールとしてバスは大型二種免許所有者に限っている。しかし大型二種免許所持者が中型二種自動車(中型バス)や普通自動車のペーパードライバー教習を受けることは可能だ。

 同所が所有するバスは3台だ。中型二種免許教習用としてエルガミオが1台と、大型二種免許用でエルガが2台ある。いずれの免許も現状ではAT限定の区分がないためマニュアルトランスミッション車だ。もちろんフィンガーミッションなので慣れは必要なものの、昔のように床から突き出た棒を操作することはない。

ペーパードライバー教習の実際

 ペーパードライバー教習でも同所に入校することになるので、入校料を支払う。これで3か月間は予約が取れる限りは何度でも通うことができる。そして1時限あたりの教習料を支払いいざ教習ということになる。

 所有運転免許証で大型二種免許を持っていることを確認したら、何をしたいのかの打ち合わせだ。免許は持っているのですぐに路上に出ても構わないのだが、不安であれば習熟するまで場内で慣熟運転や指導員から出された課題をクリアしていくことも可能だ。本稿では場内教習だけレポートする。路上教習は別稿で執筆する。

 では場内教習の一部を360度VR動画で収録したのでご覧いただきたい。PCの場合はポップアウトにより360度どの視点でも視聴可能なほか、ジャイロ内蔵のスマホであれば画面を向けた方向に視点が動く。

【360度VR】平和橋自動車教習所 ペーパードライバー教習 大型二種 場内編

場内コースが一番難しい?

 指導してくれたのは平和橋自動車教習所の営業企画担当で教習指導員の千葉尚祐さん。そして乗客とカメラマンとして営業企画担当の岡本佳奈さんに同乗をお願いした。記者が最後にバスを運転したのは数週間前だが、それは中型車で場内を5周回しただけ。

 大型車を路上で運転したのはかれこれ3年以上前に、ハイデッカー車(AT車)を10分程度走らせたのが最後だ。よって完全にペーパードライバーなので、まずは場内の課題に挑戦することにした。

 実際のペーパードライバー教習では、指導員と話し合って不安であれば場内から、大丈夫であれば路上教習ということも可能だそうだ。まずは千葉さんに本日の課題4つのお手本を見せてもらう。

場内を周回を周回走行する記者

 体験取材では短縮バージョンなので実際にはもっと多くの課題をこなすことも可能だ。道路の作りだけを見れば場内の方が難しい。他の交通や歩行者や自転車はいないが、狭いコースに課題となる道路を敷き詰めてあるので難しいはずだ。

次ページは : 坂道発進・S字・鋭角

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ