ヒカリエで絶品ランチに舌鼓 しかもしっかりバスを見れるレストランを発見したぞ!!

ヒカリエで絶品ランチに舌鼓 しかもしっかりバスを見れるレストランを発見したぞ!!

 バスを撮影することを通称“撮りバス”という。ロードサイドが一般的だが、たまには少し上から俯瞰した写真を撮影するのはいかがだろうか? 都内ならば渋谷ヒカリエがオススメ!! バスの撮影ができるうえにランチまで楽しめるのだ。普通にランチ目的でもお役に立つので画像ギャラリーとともにご覧いただきたい。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】ヒカリエから俯瞰で撮りバスを楽しむ!(14枚)画像ギャラリー

渋谷でズバリ「渋谷定食」

 東急が運営する渋谷ヒカリエ8階のクリエイティブスペースでは2022年5月8日までの期間で『 SHIBUYA WANDERING CRAFT 2022(シブヤ ワンダリング クラフト)』を開催している。その記者発表会を取材した。

 このフロアではさまざまなイベントが行われるが、今回特に注目したのは、47都道府県の食材を選んで「 ○○県定食」を展開している「d47 SHOKUDO」だ。今回は「渋谷」にちなんだ「渋谷定食」が期間限定で登場。

渋谷定食
渋谷定食

 特にランチメニューというわけではないので、期間中は行けば食べることができる。写真で見た感じも肉眼で見た感じも、パスタがあるだけで特に変わった雰囲気はない。このパスタは「たらこスパゲッティ」だ。

 見た目は白いがしっかりとたらこと出汁の味が感じられ、見た目よりも量も多いので満腹感がある。実はたらこスパの発祥の地は渋谷だと言われている。

広々として眺望抜群!

 レストランスペースは広々としていて、窓側に面した席であればヒカリエ8階からの眺望なので優れているのは言うまでもない。常に変化する渋谷なのでどこかしこで工事が行われているが、ここからであればJRのガードを越してスクランブル交差点も視界に入る。

眼下のターミナルにはバスがいっぱい!
眼下のターミナルにはバスがいっぱい!

 そしてヒカリエの真下には渋谷駅前のバスターミナルがあり、多くの都営バスと一部の東急バス等が乗り入れ、頻繁に出入りする。明治通りには別の系統の路線バスやハチ公バスも通り抜ける。

 この付近だけであればスマホでも構わないし、一眼レフであれば100mm程度の望遠で十分に撮影可能だ。ちなみに本稿の写真はすべてCanon KissX7+シグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMという組み合わせだ。中古でそろえても5万円以下の格安機材である。

次ページは : 望遠レンズがあれば京王バスも!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!