これぞ乗り鉄の執念!! 「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」に乗って470km先の松江駅まで


 最近は鉄道の世界でも線区・列車の廃止議論が多く、実際に廃止が現実のものとなり、さみしい限りだ。廃止目前の列車の指定券はそれこそ争奪戦になるので、乗ることすらかなわないまま廃止になってしまうこともある。

 今回はそんな状況で入手困難な「奥出雲おろち号」の指定券が取れてしまったのはいいが、限られた休みの中で現地まで行くのに四苦八苦した乗りバス&乗り鉄の記録である。

文/写真:東出真
編集/前文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】グランドリーム車両になった「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」に乗ってきた!(26枚)画像ギャラリー

JR名古屋バスターミナル

 お盆休みを使ってどこかへ旅行でもと計画していたところ、いま話題の列車の指定席が取れたので中国地方へ行ってきた。記者の自宅からでは夜行バスでないと間に合わないので、名古屋から出発している「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」を利用した。

JR名古屋バスターミナル

 乗車日は8月16日。出発は名古屋駅太閤口という新幹線改札に近いところにあるJR名古屋バスターミナル。お盆の時期ということもあり、多くの人が待合室に収まらずバスを待っているように見えたが、待合室の外に立っている人はここを出発するバスを待つのではなく、いわゆるツアーバスの流れをくむ高速バスを待っている人だった。横にあるゆりの噴水付近に各社のバス停があるために、自然とこの付近に人が集まっているようだ。

JRのターミナルなのでJR各社のバスが並ぶ

 記者が乗るバスは23:10発。それまでは短い間隔で各方面へのバスが出発するため、乗り場の案内をよく見ておく必要がある。並んでいたら違うバスだったということはよくあるが、他社便の乗り場と勘違いして並んでいる人もいて意外と改札に時間がかかるのも夜行便ならでは。発車時刻と会社名、便名はよく確認すること。

「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」が登場!

 そんな事情もあり、出発時刻の2310にホームに入ってきたのは本日乗車する「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」。中国ジェイアールバスのいすゞガーラだが、カラーリングは通常のものと異なり白をベースに金色で書かれた「GranDream」と月と星をデザインされた車体が、夜行便でありハイグレードな印象を感じる。

641-9962はいすゞガーラ

 乗降口で改札を済ませて車内に入ると3列シート、そして夜行便らしく厚めのプライバシーカーテンがずらっと並ぶ。乗客はそれぞれ着席してからカーテンを引いて発車に備えるという感じだ。

 記者もすぐに着席して自分の寝やすい体勢を整える。座席はリクライニングすると座面の高さも変わるクレイドルシートとなっていて、非常に座り心地のよい座席となっている。

 フットレスト、レッグレストがあり、頭の当たる部分には上下に稼動するタイプのまくらもあり、座席の角度により調整することが可能になっている。 コンセントは肘掛の下にあり、ソケット部分は白いのでプラグを差し込む際に見つけやすい。ただ今回乗車したのは右側のC席で、コンセントは通路側の左側に付いていたので、コードが通路へはみ出さないように注意が必要だ。

16分遅延で発車!

 乗車したのは平日の火曜日だったが、お盆の時期ということもあり満席。名古屋駅は定刻から16分遅れの23:26に発車。車内では設備の説明と運行経路や休憩場所と到着時間の案内があった。

グランドリーム仕様のシート

 バスは名古屋駅を出て東名阪自動車道へ入り、休憩場所である大山田パーキングエリアには24時前に到着。当地はこの路線で降りることができる唯一の休憩場所。筆者も下車してコンビニで買い物を済ませる。

休憩中の出雲・松江・米子ドリーム名古屋号

 名古屋を出発した時は気にならない程度だったが、空模様が怪しく本降りになっていた。ここを出発すると車両点検と乗務員交替のための停車以外はノンストップで最初の降車地となる米子駅を目指す。消灯となったので筆者もここで睡眠をとることに。

次ページは : 米子・松江に停車

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ