2021春サマータイヤを徹底チェック 注目すべきタイヤはコレだ!!


 例年、年明けから3月あたりにかけてサマータイヤの新商品が各タイヤメーカーから発表、発売されるのが通例。ちょうどスタッドレスタイヤからサマータイヤに交換する時期ということもあり、力の入った新タイヤが投入されるのだ。
 ところが今年はちょっと少な目。やはり昨年来のコロナウイルス感染問題が影響をしており、各タイヤメーカーの開発スケジュールに遅れが生じているという側面があるのだ。とはいえ、そんななかでも意欲的な新サマータイヤが登場しているので、しっかりチェックをしておきたい。

※ベストカー2021年6月10日号より転載

【画像ギャラリー】ベストカー編集部厳選のおススメタイヤを公開!!

■ユーザーの使い方にマッチしたタイヤ選びが可能に

4WD性能に定評のあるRAV4でも主な使い方は街中〜高速道路という人が多いだろう

 昨年は、国内タイヤメーカーから相次いでオールシーズンタイヤが登場したのがトピックスだった。オールシーズンタイヤは新たなタイヤ選択肢として注目の存在だ。

 そして昨年から徐々にラインナップを増やしてきたのがオンロード向けSUV用タイヤだ。昨年は横浜ゴムの「ジオランダーCV G058」と「ブルーアースXT」が相次いで送り込まれた。

 そして今シーズンはトーヨータイヤが「プロクセスCL1 SUV」を、さらにブリヂストンが「アレンザLX100」を投入。いずれもオンロードでの操安性、乗り心地、静粛性を重視したSUV専用設計で、タイヤラベリング制度の低燃費エコタイヤとなっているのもポイントだ。

 SUV用オンロードタイヤはサマー専用に割り切ったものと、オンロード重視ながら「M+S」でオールテレーン寄りのものなど、バリエーションが豊富になってきた。よりユーザーの使い方にマッチしたタイヤ選びが可能になってきたと言えるだろう。

【ブリヂストン アレンザLX100】

ブリヂストン「アレンザLX100」195/80R15〜285/40R22(39サイズ) 実勢価格 2万1000円(225/60R17)

アレンザLX100のここがポイント
■「アレンザ」はオンロード向けSUVタイヤのブランドとしてシリーズ化
■従来の「デューラーH/L850」をよりコンフォート性能に特化して静粛性、乗り心地を追求
■レグノに採用される「ダブルブランチ型消音器」や摩耗後の静粛性を維持する「シークレットグルーブ」などの技術を搭載
■SUVに合わせたサイドチューニング

次ページは : ■コンフォート性能を重視したオンロード用SUVタイヤ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ