「この”壁”登るんですか!?」 悪路でタイヤを体感!! ヨコハマタイヤ GEOLANDAR体感試乗会レポート


 ヨコハマタイヤとベストカーがタッグを組んで送る「タイヤ体感試乗会」。タイヤは買わないとその乗り味がわからないもの。それならば乗り比べてタイヤの乗り味を体感しちゃおう、というのがこのイベントの趣旨です。

 今回は2018年12月16日に山梨県の富士ヶ嶺オフロードにて、ヨコハマタイヤが誇るオフロードをターゲットにした「GEOLANDAR(ジオランダー)」を比較試乗してもらいました。

 「えっ、ここ走るんですか!?」という驚嘆の声も聞かれたオフロード試乗会の様子をお届けします。

文:ベストカーWeb編集部/写真:池之平昌信


■オフロードの頼もしい相棒「GEOLANDAR」の選択肢

 ヨコハマタイヤのオフロードタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)」。オフロードタイヤなんて響きを聞くとタイヤ表面が「ゴツゴツ」したマッドテレインタイヤを思い出す人も多いはず。

 しかーし!! GEOLANDARは昨今の多様化するSUVへも対応すべく、幅広いラインナップでユーザーに応えてくれるブランドでもあるわけです。

 そんなGEOLANDARの現代のSUVにもピッタリな製品を体感してもらおうというのが今回のイベントの趣旨。

 オフロードでは前述したようにマッドテレインタイヤの「GEOLANDAR M/T G003」が目立つのだけれど、現代のSUVは必ずしもオフロードを走る機会は多くない。

 年に数回のキャンプ場への移動、もしくはワイルドなルックスのためにオフロードタイヤを履きたいんだよね、という層も多い。

 そうなると究極のオフロード性能を誇るマッドテレインタイヤ意外にも選択肢が広がる。「もう少しオンロードよりのタイヤがあればいいのに」なんて声も多く聞こえます。

こちらがGEOLANDAR SUV G055。ご覧のとおり普通のラジアルタイヤのようなトレッド面をしている

 あるんです!! GEOLANDAR SUV G055とGEOLANDAR A/T G015がその2つ。新型デリカD:5にも純正採用された「GEOLANDAR SUV」はオンロード志向、「GEOLANDAR A/T」はややオフロード志向。

 その2銘柄を実際に試してみよう、というのが今回のイベント。会場は日本のオフロードの聖地「富士ヶ嶺(ふじがね)オフロード」。試乗車は三菱自動車の協力でGEOLANDARの実力をフルに発揮できる4台を用意しました。

こちらがGEOLANDA A/T G015。見るからにブロックが大きくオフロードでは頼りがいのありそうな雰囲気ムンムンだ

 2コースに分かれて試乗を実施。林間コースはデリカD:5×2台、オフロードコースはエクリプスクロスとアウトランダーPHEVで試乗します。

■「マジでこの坂を登れるんですか? 壁じゃないっすか!!」

 まずは林間コース。こちらのコースは文字通り林のなかを駆け抜けていくコース。路面は霜が溶けて少しぬかるみもあるなど、コンディションは決してよくはないです。

 こちらのコースではデリカD:5を2台用意して、シルバーの車両にGEOLANDAR SUVを、深緑の車両にGEOLANDAR A/Tを装着。

 このコース、序盤こそ平たんな道のりと緩い下り勾配などで構成されており「まぁ、これくらいなら走れるでしょ」という参加者のコメントも多かった。

 しかし待ち受ける最後の難関。「富士ヶ嶺の壁」と担当が命名した上り急坂は岩肌がむき出しでスリッピー。しかも確度は30°近くあるもの。

これが「富士ヶ嶺の壁」だ!! ちなみに登れなかった参加者がいなかったことを考えるとやはりタイヤの性能は非常に高い。こちらはGEOLANDAR A/Tでの試乗の様子

「マジでこの坂を登れるんですか? 壁じゃないっすか!!」

 助手席に乗るインストラクターに浴びせられる参加者の悲鳴にも近い声。まずはGEOLANDAR A/Tから試乗。

「ギュギュギュ!! ガッガッガッ!!」というタイヤが岩肌を掴む音が響きます。今回がオフロード初体験という参加者の方もすんなり登れました。

「なんか意外にもすんなり登っちゃって拍子抜けというか(笑)。タイヤが岩の角にガッチリ噛みつく感じがしました。初心者の僕にもこんな急な坂を登れるなんて安心感高いですね」

 さすがオフロードよりのA/Tタイヤ。走り終えた参加者も興奮冷めやらぬなか「気になるのはGEOLANDAR SUVだよね」とザワついている。

 そう思うのも当然。見てのとおりタイヤのブロックが乗用車のタイヤのようで、本当にオフロード大丈夫なのか? という心配があったようだ。

こちらはGEOLANDAR SUVでの様子。少し空転をする場面も見られたものの無事全員が登頂成功。製品の差を理解できたようだ

 百聞は一見に如かず。GEOLANDAR SUVを装着したクルマで早速「富士ヶ嶺の壁」を登ってもらいました。

「ギュイーン!! ザッザッザザ!!」

 少しタイヤが空転をしている様子。それでもなんなく登りきったGEOLANDAR SUV。感想を聞いてみる。

「さすがにA/Tと同じようには登りませんね。タイヤが空転する様子がありました。それでも怖いとかではなくて”行けるぞ!!”と思える感じで。日常であんなに急坂に登るシーンはないけど、このタイヤでもいけるんですね」

 ある程度のオフロードならまったく不安感のないGEOLANDAR A/Tと、意外にもオフロード適性の高かったGEOLANDAR SUVというのが多くの参加者のコメント。

「舗装路での乗り心地も比較してみたい!!」という意見も多くあったので次回のチャンスではぜひ舗装路試乗比較もしてみたいっす。

次ページは : ■「この傾斜でスリップしないってどんだけグリップするのよ!!」