【クルマについて詳しくなりたいあなたに!】超やさしいタイヤ講座

 本企画はこれからクルマを買う人や、乗ってはいるけどあまり詳しいことは知らないという人のための超やさしいタイヤ講座である。

「イヤイヤ、当たり前のこと知ってるよ!」というあなたも、実は知らないことがあるかもしれない。現役開発ドライバーの令和マンが答える、素朴な疑問講座もあるので、ぜひご覧いただきたい。

※本稿は2019年9月のものです
文:永田恵一、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号

【画像ギャラリー】今注目のオールシーズンタイヤをチェック!


■構造、スペック表の見方、性能表など、タイヤの基本をおさえる

 さっそく、タイヤについての基礎知識の超基本をおさえていこう。

 まずはタイヤの構造である。ビード部、サイドウォール部、ショルダー部、トレッド部と4つに分かれる。

 タイヤの性能に大きく関わってくるのは、サイドウォール部とトレッド部だ。サイドウォールはタイヤで最も大きく変形する部分。衝撃の吸収力や遠心力に耐える大切な部分だ。トレッド部は駆動や制動のほか、排水性能にも関わってくる重要な部分なので頭に入れておく。

 サイドウォールに、メーカー名やタイヤのブランド名のほかにも情報が書き込まれている。自動車評論家の永田恵一氏に解説を依頼した。

■数字やアルファベットなどから読めるタイヤの情報

[1] タイヤサイズの見方ですが、195/65R15 91Hというタイヤであれば、195は「幅195mm」、65は扁平率(タイヤのゴム部分の高さを幅で割った値、小さいほどゴム部分は薄い)、Rはラジアル構造、荷重指数91は1本あたりの負荷能力(91だと615㎏で、大きいほど重さに耐える)、Hは対応速度を示す速度記号(Hだと210km/h、最高ランクはYの300km/h)を表わします。

[1] タイヤサイズ。おさらいすると、この場合は「幅215mm」「扁平率55」「ラジアル」「17インチ」となる。荷重指数は「94」で、1本あたり負荷能力が670kq。速度記号は「Q」なので160km/hまで対応している

[2] 製造年月日の見方は、2419という数字の場合、前半二桁が生産週、後半二桁が西暦の下二桁を表わします。この場合ですと「2019年の24週生産」となります。

[2] 製造年月日。このタイヤは2018年40週目(10月1~7日)に製造されている

[3] は装着方向、[4] はチューブレス表記、ラジアル表記です。

[3] 装着方向。インサイド/アウトサイドと書かれているか、回転方向を矢印で示している製品もある
[4]チューブレス表記、ラジアル表記

[5] はスリップサインといい、△マークの延長線上の溝にゴムが盛り上がっている部分のことを指します。残りの溝の使用限界(1.6mm)を示すもので、スリップサインと残り溝が同じ高さになったらタイヤの交換が必要です。

[5] スリップサイン。溝の深さが1.6mm未満のタイヤは整備不良として使用禁止、または車検不合格となる

■購入時の参考になるタイヤのラベリング制度について

 サイドウォールの情報だけではどんなタイヤなのか情報が不足している。そこで、タイヤのラベリング制度というタイヤの性能を表すラベルがあるので、こちらも解説します。

 タイヤに給油マークが付いているほうが転がり抵抗係数で、AAAからC、C以下で評価され、優秀なほど燃費向上に寄与します。タイヤに傘マークが付いているほうがウェットグリップ性能を指し、aからd、d以下で評価されウェット路面に対する強さを表わします。転がり抵抗係数A以上、ウェットグリップ性能d以上のタイヤは低燃費タイヤと定義され低燃費タイヤマークが付きます。

 転がり抵抗係数はAAAが最も性能が高く、ウェットグリップ性能はaが最も性能が高いことを表わしているので覚えておこう。

低燃費タイヤのラベリング

■タイヤに関する素朴なギモンを、現役開発ドライバーの令和マンにぶつけてみた

本誌でおなじみ、技術的な解説を得意としている令和マン

Q グルーブ(溝)形状で何が変わる?
 シンプルに言うと、排水性が変わります。基本的には排水のために溝があります。グルーブがあるデメリットとして「音、パターンノイズが悪くなる(シャーシャーヒューヒュー鳴る)」「ハンドリングが悪くなる(柔らかくなる)」。メリットとして「乗り心地がよくなる(表面が柔らかくなるから)」「ロードノイズがよくなる(ゴロゴロ、ゴーゴーという音)」。

 ちなみに、縦の溝が排水性、横の溝が泥や土での走破性に関係します。未舗装路や泥・雪などの性能を考えたら溝は大きくて深いほうがいいですが、舗装路だと溝は少ないほうがいいので、タイヤの使用用途によって最適なバランスをとって開発されます。

Q トレッドパターンはどうやって決める?
 未舗装路を走るタイヤなら横方向の溝を増やし、雪や氷なら凄く細いサイプも増やします。舗装路での排水性なら縦溝を増やします。溝を増やしすぎるとネガが増えるため、ポイントをとります。ロードノイズがうるさければ溝を多めにして表面を柔らかくし、スポーティなタイヤにしたいなら溝を減らすことでトレッド剛性が上がり、ハンドリングがよくなります。

 開発はシミュレーションソフトで性能予測ができるのですが、最後の微調整は実際に形にしてクルマに履かせて走り、手彫りして走りを繰り返してテストしています。溝の深さは、タイヤサイズを問わず大体7〜10mmくらいです。

トレッドパターンは、なんとなく彫られているのではない

Q 窒素注入のメリットは?
 空気圧が抜けづらいです。ほかにも都市伝説がありますが、理論的にはこれだけ。個人的には窒素注入はおすすめしません。空気が抜けづらいからといって空気圧調整をしない人が多いから。

 レースだとメリットが大きくて、レース用タイヤは「空気が抜けないようにするためのゴム」すら省いて軽量化するので、窒素のメリットが生きます。


Q パンク修理剤を使ったタイヤはずっと使っていい?
 ドライブ先でパンクしちゃったので、そのドライブや旅行の間だけ仮にそのまま走るなら充分いいのですが、経時劣化が大きいので、なるべく早く新品のタイヤに替えてください。

Q オールシーズンタイヤってサマータイヤやスタッドレスタイヤとどう違う?
 オールシーズンタイヤは夏タイヤと冬タイヤの性能をそれぞれ80%くらいの高バランスで性能両立させたタイヤです。オールシーズンタイヤにも夏寄りと冬寄りの性能のものがあります。見分けるには、トレッドパターンを見るとよくて、凄く細かい切れ込み(サイプ)が多いか否かです。

 グッドイヤー ベクターフォーシーズンズは中庸、ミシュラン クロスクリメイトは夏寄り、ファルケン ユーロウィンターは冬寄り。ぜひトレッドパターンを見比べてみてください。

非降雪地域に住んでいて、夏用タイヤと冬用タイヤ両方をそろえるのは、負担が大きいという人には最適なオールシーズンタイヤ

■純正タイヤから交換用タイヤへ、交換用タイヤ選びのコツは?

 最後に、純正装着のタイヤから交換用タイヤに交換する場合、タイヤはどう選べばいいのか。これも令和マンに聞いてみた。

令和:ディーラーで純正タイヤをもう一度買うのが一番おすすめなんですが(笑)、性能バランスが崩れることが大きいです。

 純正タイヤと交換用タイヤは、見た目やタイヤの名前は同じでも中身は違うので、「名前が同じだからコレでもいけるよね」ではなく、純正指定がいいです。摩耗性=すり減らない性能もかなり高いです。

 交換用タイヤに変えるのであれば、今のタイヤに対する不満や何を重視するのかを明確にし、店員さんと相談して決めてください。純正タイヤの性能に近いものを選びたい場合は、純正タイヤと同じ製品名のものを選びましょう。

唯一、地面と接触しているパーツがタイヤだ。非常に重要なパーツなので、ぜひ覚えておいてもらいたい

 いかがだっただろうか。最初は基本的な内容だったが、意外と知らないことも含まれていたのではないだろうか? ぜひ週末は、愛車のタイヤなどを見て復習してもらいたい!


【画像ギャラリー】今注目のオールシーズンタイヤをチェック! 

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ