【やるとやらないでは耐久性に雲泥の差!?】タイヤの慣らし運転は必要なのか!?

 最近のクルマは昔に比べて精度が上がっているので慣らし運転は必要ない、という意見もあれば、工業製品としてバリなどが取れるまでは慣らし運転は必要という見解もある。

 ではタイヤはどうなのだろうか? 新車時、タイヤを新品に交換した時でもタイヤに慣らし運転が必要かどうかなど意識している人はほとんどいない(と思う)。

 タイヤについて知識が豊富で、いろいろな経験を持っている斎藤聡氏に、タイヤの慣らし運転は必要なのか? 必要ならばどのように実践し、どのくらいの距離、期間やる必要があるのかをレクチャーしてもらう。

文:斎藤聡/写真:ベストカー編集部


市販車用タイヤも皮むきが必要

新品タイヤのタブー4箇条はこちら

 タイヤの慣らしはやったほうがいいと思います。タイヤは最終工程で加硫を行います。これは硫黄と熱を加えることでゴム分子を化学反応させる工程です。これによってゴムは飛躍的に弾性限界が高く…つまり耐久性が上がります。これによって数万㎞走ることのできるタイヤが出来上がるわけです。

今人気のSUVは車重があるため、新品状態のタイヤで乱雑に運転するとタイヤへのダメージは大きい。慣らし運転をすることで性能を引き出し、耐久性も向上

 この工程ではモールドというお釜のような機械にタイヤを入れ、高温(150~200℃くらい)で数十分熱せられます。この熱によって硫黄に反応したゴム分子同士が結びつきを増し(架橋)、弾性が強くなるのです。

 この工程で、加硫と同時にタイヤの内側から風船のようなものを膨らませて圧力をかけ、タイヤのトレッド面をモールドに押し付けます。モールドのトレッド部にはトレッドパターンが描かれており、ここでタイヤにトレッドパターンが刻まれるわけです。

 この時、加硫を終え製品となったタイヤは薄い皮膜に覆われています。また、この工程でタイヤとモールドの間の空気抜きからはみ出したゴムがひげのようにはみ出していたり、小さな突起を作っています。

新品タイヤには空気抜きからはみ出したひげのようなもの(スピュー)が多数出ているが、それが消えるくらいまでは慣らし運転をしたほうがいい

 目安としてこれが消えるくらいまでの間は、急加速や急減速を控え、比較的丁寧に走ることをお薦めします。

 スタッドレスタイヤだと、この薄皮があるとタイヤ本来の性能が出ないので、舗装路でひと皮むいておいたほうが氷雪上でのグリップ性能がいいようです。目安としては100kmくらい舗装路を走れば十分だと思います。

 サマータイヤでも、ウエットグリップには差があります。皮むきが終わるとウエット路面での接地感が高くなります。またタイヤメーカーによってはひと皮むけた途端乗り心地がマイルドになったり、ノイズが小さくなったりします。

新品状態よりも一皮むいたくらいがスタッドレスタイヤの性能を発揮できる。舗装をを100km程度丁寧に運転すれば慣らしとなる
サマータイヤの場合、慣らし運転をする、しないでウェットグリップにも大きな影響が出る。ドライでも乗り心地がよくなることもあるなどいいことずくめ

トレッドの剥離の防止

 もうひとつ……というか、タイヤにとってはこちらのほうが重要な慣らしの理由になります。

加硫によって弾性限界が飛躍的に高くなり、タイヤはタイヤとしての性能を得ることができるわけですが、これはコンパウンドに起こる化学反応です。

 タイヤの製造工程を見ると、カーカスを作りこれにコンパウンドを巻き付けて作られます。そうしてできたタイヤ(の一歩手前のもの)をモールドに入れて加硫するわけです。

新品状態のタイヤで無造作に急発進や急加速を繰り返すと最悪のケース、トレッドが剥離するというタイヤトラブルを誘発する可能性もある

 ゴムの弾性限界が高くなるのと同時に、高熱と内側からの圧力によって、コンパウンドとカーカスも強く貼り付けられるわけです。

 ところがコンパウンドとカーカスの結びつきは、これだけでは十分とは言えないのです。

 特に新品タイヤでいきなり限界走行を始めると、セパレーション(トレッドの剥離)が起こりやすいのです。

 普段街中や高速道路を走って発生する程度の熱で十分ですから、熱を徐々にタイヤに入れることで、コンパウンドとカーカスを馴染ませることでき、セパレーションの発生を抑えられるのです。

レーシングマシンのタイヤと違い、市販車の場合は街中でタイヤにできるだけ負荷をかけないような運転を心がけ運転するだけで耐久性はまったく変わってくる

タイヤとリムを馴染ませる必要がある

 もうひとつ、タイヤ交換をしたら、しばらくの間ていねいに走のが必要な理由があります。

 タイヤとホイールは、組み込み作業を容易にするためにせっけん水などを使うのですが、この水分がタイヤとリムの間に残っています。組んだばかりのタイヤで急な加減速をすると、タイヤがリムを滑って組付け位置がズレてしまうことあります。

タイヤとホイールを組みつけたばかりの状態で急発進や急加減速を繰り返していると、リム部分とホイールの組付け位置がズレてバランスが悪化することもある

 組付け位置がズレるとせっかく取ったホイールバランスもズレてしまうので、高速で振動が出ることがあります。

 タイヤとリムの間の水分は、走行で起こるタイヤの熱やブレーキの熱がホイールに伝わってじきに乾いてしまいますから、組付け後少しの間ていねいな運転を心がけるのがいいと思います。

 おおよそこの3つの理由によって、新車購入時、新品タイヤへの交換後にタイヤの慣らし運転をしたほうがいいといえるわけです。

 それほど神経質になる必要はありませんが、いきなり全開で走り出さず、薄皮1枚摩耗するまでの間、コンパウンドとカーカス、タイヤとリムを馴染ませてあげるつもりで走るのがいいと思います。

 目安は距離にして100~200kmくらいで十分だと思います。

直線が多く一定速度で走りやすい高速道路はタイヤの慣らし運転には最適。新品タイヤに交換した時には高速でゆったりロングドライブするのもいい

新品タイヤのタブー4箇条はこちら

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ