日本車のデザインは欧州車に追いついたのか!? カッコいい日本車&カッコ悪い欧州車 6選

 7月15日付の記事「【追いついたか! まだまだなのか!?】 欧州車vs日本車 乗り心地&エンジン編」はなかなかの反響をいただいた。

 さて今回は、デザインにおいて「日本車、欧州車の差」は今もあるのか? ということで、自動車ライターの清水草一氏に話を聞いてみた。

 昔から日本のクルマのデザインは個性がないと言われてきた。今回も「やっぱり(日本車は)まだまだ!」というお話が出てくると思っていたのだが、しかし清水氏自身が驚くほど、日欧のクルマのデザインの差は縮まってきているという。いったいどういうことだろうか?

本記事は2017年のものです。
文・判定人:清水草一
初出:『ベストカー』2017年7月10日号


ダサいデザインがなくなってきた?

 いま、日米欧で売られているおもなクルマのデザインをざっと見て、激しい衝撃を受けた。

 見るからにダサいデザインがほとんどなかったのだ! つまり日本車にも、完璧な落第デザインは極めて少ない。いつのまにか! 14年前、前澤義雄さんと「デザイン水かけ論」を始めた頃は、落第デザインだらけだったのに、それがあらかた消えていた!

 加えて、ダサい大味デザインの宝庫だったアメリカ車からも、見るからにダメなのはほぼ一掃されている。この10年で、日米自動車デザインの底上げは、実はすごかったのだ!

 そのぶん、突出したいいデザインも消えている。

 これは、圧倒的なデザイン王者だった欧州車も含めてだ。日米欧ほとんどのクルマが、グローバルなクォリティコントロール下に置かれ、落第デザインの誕生を阻止しつつ、芸術的な大傑作の誕生も減らしているのではないか。そのような印象を強く受けました!

 日欧を比較すれば、まだ平均点は欧州が上だ。しかし日本車のレベルアップは相当なもの。これは間違いない。

 その背景には、日本国内専用モデルの減少がある。たとえばトヨタの(某ミドルクラスセダン)のような、「家の中なんだからステテコ姿でいいだろ!」みたいなどうしようもないデザインがほとんどなくなり、どれもこれもよそ行きになったのだ!

 その例外がミニバン勢や軽で、それらのなかにはあからさまにレベルの低いデザイン(具体例はあえて名を秘す)も散見されるが……。

 世の中が隅々まで清潔になり、もはやネズミやゴ●●リが住める世界は非常に狭くなっている。全世界で!

 ただ、その反動で、悪くないけど心に響かない、どうでもいいデザインは大量に生まれている。毒にも薬にもならない、ちょっとオシャレさんなクルマだらけになってしまっている。

 こうなると、落第デザインが懐かしくなる。カムバック! ミラージュディンゴと叫びたくなる。まったく人間ってヤツは贅沢ですな~。

デザインがイケてる日本車 3選

マツダ ロードスター

 現行モデルとして現在全世界で第1位の美しさではないだろうか。

スズキ ハスラー

 日本のカワイイ文化の結晶的存在。このユニークさは瞠目(どうもく)に値する。

スズキ イグニス

 コンパクトカーとして抜群の個性を発揮しつつ、力強く美しい。

デザインがダサい欧州車 3選

メルセデスGLS

 この大味さにはうんざりする。今やメルセデスはダメデザインの星!

BMW2シリーズ アクティブ&グランツアラー

 そんなにひどくはないが、カピバラ的に不格好なのは間違いない。

VWティグアン

 ぜんぜん悪くはないけれど、毒にも薬にもならない代表として。


【番外コラム】日本車vs欧州車こんな戦いも!ニュルブルクリンク最速LAPバトル

 開発テストを行うコースとしても知られるニュルブルクリンクでは、日本車と欧州車が市販車ラップタイムで激しい戦いを繰り広げている。

 日本車ではGT-Rがデビュー後7分29秒3という当時の市販車最速タイムをマークしたが、最近ではマクラーレンP1 LMが6分32秒2で市販車最速。

 いっぽう、FF量産車最速で競い合ったのがメガーヌR.S.とシビックタイプR、VWゴルフGTIクラブスポーツS。この戦い、現在は新型シビックタイプRが7分43秒80で最速記録を更新した。

先代型タイプRも速かった!
先代型タイプRも速かった!

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ