まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉

 北海道留萌市在住の写真家・佐藤圭さんが撮った貴重な動物、風景写真をお届けする週末連載。

 第45回は、北海道の中でも秘境といわれる大雪高原温泉の絶景をお送りします。

 大雪山とは、北海道の中心部に連なる2000m級の山々の総称で、その奥座敷にあたる高原にいくつもの沼が点在し、その周辺でバラエティ豊かで見事な紅葉が見られるんです。

 圭さんが、何年も大雪山に通って撮りためた絶景の数々です。ぜひ旅気分をご堪能ください。

写真・文/佐藤圭

【画像ギャラリー】こんなの見たことない! 息をのむほど美しい沼の紅葉

紅葉が沼の水面とシンメトリーに

  コロナ禍に襲われてから2度めの秋ですね。まだまだ自粛生活が続くなか、紅葉狩りに出かけるのは難しいみなさんのために、僕が「これこそが、日本で一番美しい紅葉だ」と思っている絶景の写真をお届けします。

 それは、大雪高原温泉沼めぐりで見る紅葉です。

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
岸辺の紅葉と水面に映る紅葉のシンメトリーが見事な滝見沼
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
赤、黄、緑が美しく散りばめられた滝見沼

 大雪高原温泉は、日本最大の国立公園である大雪山国立公園のほぼ真ん中、札幌や旭川などの大きな町からは山々の裏側、奥座敷といえる辺りに位置しています。

 アクセスするには、北側の層雲峡からぐるっと回らなくてはならず、札幌からは車で約3時間半、旭川からでも2時間以上かかる秘境です。

 大雪高原山荘は、白濁した源泉掛け流しの温泉が楽しめる秘湯の宿で、晴れていれば、露天風呂から満天の星が望めます。

 この宿の西側には、大小30個以上の沼が点在していて、その沼沢群をめぐる遊歩道が整備されています。木々が紅葉する秋にこのコースをめぐると、おもわず息をのむような絶景が続きます。

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
こちらもシンメトリーが美しいエゾ沼の紅葉
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
紅葉の色合いは日々刻々と変化していく。エゾ沼
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
道産子にもあまり知られていない秘境の紅葉。エゾ沼

 沼の周りを覆う紅葉した木々が、沼の水面に映って、シンメトリーな色彩美を生み出し、まるで一流の庭師が計算し尽くして造形した日本庭園のようにも見えます。まさに言葉を失うほどの美しさです。

 芭蕉沼、滝見沼、緑沼、エゾ沼、式部沼、大学沼、高原沼と、それぞれに個性があり、趣が違う紅葉が楽しめます。

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
鏡のような水面に映り込んだ緑沼の紅葉
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
針葉樹の濃い緑のなかに美しく配された緑沼の紅葉

ヒグマの出没情報がなければ沼めぐりを一周できます

 美し過ぎると言ってもいい絶景ポイントなんですが、ここはヒグマの密集地帯でもあります。そのため、入り口にあたる高原温泉ヒグマ情報センターで、ヒグマに関するレクチャーを受けなければ踏み入ることはできません。

 ヒグマの出没情報がなければ、大雪高原の沼めぐりを一周できますが、基本的には、高原沼まで行って、そこから戻るコースとなります。常にヒグマの痕跡がある場所なので仕方ありませんね。

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
式部沼への遊歩道をたどる登山客たち
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
ウラジロナナカマドの赤が美しく縁取る式部沼
まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
式部沼に覆い被さるように広がる紅葉

 ヒグマ情報センターを出発し、高原沼を往復すると、だいたい5時間くらいのハイキングです。山道を歩くので足下は登山仕様で、また、秋の大雪山は気温がぐっと下がることがあるので防寒対策が必要になります。

まるで色彩のカーニバル! ヒグマ密集地帯に広がる日本一の紅葉
高原沼から見た緑岳

 この辺りは風が強いのですが、高原温泉の沼沢群は、屏風のような高根ヶ原の麓に位置しているため、風の影響を受けにくく、大雪山の中でも紅葉が常にきれいに見られます。

 コロナが落ち着いたら、ぜひとも皆さんに見てほしい絶景です。

 紅葉の最盛期には、林道の混雑を避けるためにマイカーでのアクセスは規制され、層雲峡から車で20分ほどの国道273号線沿いの駐車場までしか行けません。そこから先は高原温泉まで往復するシャトルバスをご利用ください。

佐藤 圭  kei satou

 1979年、北海道留萌市生まれ。動物写真家。SLASH写真事務所代表。アウトドアブランドMILLETアドバイザー。

 日本一の夕陽と称される留萌市黄金岬の夕陽を撮影するために写真家の道に入る。北海道道北の自然風景と野生動物を中心に撮影を続け、各地で写真展を開催し、企業や雑誌、新聞などに写真を提供している。

 2018年、エゾナキウサギの写真「貯食に大忙し」で第35回『日本の自然』写真コンテスト(主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会)で最優秀賞受賞。

ウェブサイト:https://www.keisato-wildlife.com/

Facebook:https://facebook.com/kei.sato.1612

インスタグラム:https://www.instagram.com/slashslash_photography/

【画像ギャラリー】こんなの見たことない! 息をのむほど美しい沼の紅葉