ヴォクシー販売好調!! どうなる? 大人気ミニバン3兄弟の生き残りを賭けた戦い


 2020年5月からトヨタの全モデル全系列店扱いになって以来、10ヶ月あまりが経過した。それにともない、トヨタの人気ミディアムミニバンである「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」に、販売戦線で大きな変化が見られている。

 これまで3兄弟それぞれの個性を背景に、それぞれの販売系列の顧客層に合わせてそれなりに売れていた3モデルであったが、その売れ行きに「偏り」が出てきた。絶好調のヴォクシー、まずまず堅調なノア、激減ですっかり影が薄くなったエスクァイアといった、マーケット評価である。

 本稿では、大人気ミニバンであるノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟の現状の販売戦線と、今後の動きについて、ディーラー営業マンに取材してみた。

文/遠藤徹 写真/平野学

【画像ギャラリー】トヨタの大人気ミニバン「ノア・ヴォクシー・エスクァイア」3兄弟を画像で見る


■販売系列の統合の影響により販売前線に大きな変化が…

 今年(2021年)1~2月の登録台数累計と前年同期比は、ヴォクシーが1万3760台で11.9%増、ノア7781台で8.2%増、エスクァイア2462台で61.5%減といった具合。ヴォクシーがノアの2倍近く売れていて、エスクァイアは前年同期に比べて3分の1近くまで落ち込んでいる。

 登録車の銘柄別ランキングでは2月時点でヴォクシーが8位でベスト10の圏内で健闘、ノア17位、エスクァイア41位と、大きな格差がついたわけだ。

大人気ミニバンの生き残りを賭けた戦い ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟の行方
登録車の銘柄別ランキングによると、ヴォクシー8位(写真左)・ノア17位(写真真ん中)・エスクァイア41位(写真右)となっている
大人気ミニバンの生き残りを賭けた戦い ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟の行方
販売系列の統合により、販売状況に差が出ている

 これまでヴォクシーはヤングファミリー、ノアはファミリー層全般、エスクァイアは高級感を求める独身&ファミリー層と、コンセプト分けをした仕立てで売り分けてきた。

 これが販売系列の統合で、売れるクルマはますます売れ、やや売れ行きが厳しい車種はますます売れなくなってきている。

 2020年4月の一部改良で、ノアは引き続き5ナンバーの標準タイプや3ナンバーのエアロボディなどほとんどのグレードを継続販売態勢にしたのに対して、ヴォクシーは3ナンバーのエアロボディおよび特別仕様車「ZS煌III」にグレードを絞り、5ナンバー車を廃止。そしてエスクァイアは上級グレードのみと、商品ラインアップを再編している。

 これは何を意味するのか。トヨタの各販売店は、このグレード再編を、「次期型への世代交代時にはヴォクシー&エスクワイアを廃止し、新型ノアに1本化するつもりなのだろう」と受け止めた。

 しかし、前述したように最近のマーケット評価は異なった。エスクァイアは思惑どおりだが、ノアが期待ほど売れておらず、ヴォクシーが予想を大きく裏切る結果になっているのである。

大人気ミニバンの生き残りを賭けた戦い ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟の行方
激減ですっかり影が薄くなった エスクァイア

■販売側の予想と異なり、ヴォクシーに人気が集中!

 ヴォクシーが好評なのはフロントマスクを中心としたワイルド感のある個性的なデザインを採用していることである。

 全トヨタ系列店併売になったことで、人気が集中。「これまで独身の若者やヤングファミリーが主要ターゲットであったが、最近のヴォクシーは40代、50代のミドルファミリーまで拡大しているよう変遷している」(首都圏ネッツ店営業担当者)と指摘。

 こうなると開発するメーカーのトヨタも今後の方針を変えざるを得ない状況になりつつある。

「3兄弟を統合し、新型ノアに1本化するのは基本だが、ヴォクシーもなんらかの形で残すようにしないと、戦略的にまずい、という考え方が浮上している。ただその継続の仕方が課題になる。」(販売店関係筋)というのである。

 次期型にバトンタッチする際、新型ノアと新型ヴォクシーの2本立てにするのと、あるいは新型ノアのみを世代交代し、ヴォクシーは現行モデルを継続販売するという方法である。どちらが有力かは現段階ではまだ明らかになっていない。

次ページは : ■次期型は2022年に投入か⁉

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ